グッバイ、レーニン! [DVD]

  • 144人登録
  • 3.67評価
    • (10)
    • (26)
    • (12)
    • (5)
    • (2)
  • 19レビュー
監督 : ヴォルフガング・ベッカー 
出演 : ダニエル・ブリュール  カトリーン・ザース  チュルパン・ハマートヴァ  マリア・シモン  フロリアン・ルーカス 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2014年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101175116

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

グッバイ、レーニン! [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ベルリンの壁崩壊のときの映画。母親を想って嘘をつく息子。ララがとっても可愛いから、この子に憧れて看護師になったって言おうかなと思った。

  • うそがばれた発作で死んでしまうのかと思った。
    ララが天使並のようにかわいい

  • 良かれと思い、嘘をつくことから始まるドラマ。映画の古典的なストーリー展開ではある。親子のドラマ。家族崩壊と政治の崩壊<>再生の物語。人は何によって生きることが幸せなのか。お母さんは何の象徴なのか。最後に死んでしまい、滅び行く社会主義国がノスタルジックに戯画化され、ただのトリックスターのように扱われていたような気がしてしまった。

  • レンタル>空飛ぶレーニンにはびっくりww全貌が明かされてしまったのに知らない体で息子を見つめる母の眼差しが全て。ベルリンの壁崩壊前後の東独の母子愛のお話。社会主義貢献者の母が倒れ、病状を悪化させまいと息子が西化していく様子をひた隠しに隠し嘘を演出し続けていく…過剰なまでのやり過ぎ感がいまいちピンと来ない。私は早くネタバレして欲しかったけど。私的に善き人の為の~程のパンチはなく作風はライフイズ~と被る。当時の社会情勢を通過してきた東独の人達の思想を覆された衝撃とはどんな感じだったのか計り知れない。

  • 東ドイツの熱烈な教師だった母が意識不明の間に、ベルリンの壁が崩壊。様変わりした社会に母を驚かせないよう、息子アレックスは東ドイツが存続しているかのように画策を始めることにした…。
    嘘が嘘を重ねて、もうバレるだろ!ってところでまたごまかして、見てるほうはヒヤヒヤ。
    これは本当に母を思う行動だったのかな、とも思うけれど、わかりません。
    何と言ってよいかわからないけれど、切ないような綺麗なような、観た後に残るものがある作品でした。

  • 最後のシーン、ママはテレビでなく、息子を見てたよね。分かってたのかな。

  • 映画の序盤では、共産主義への固執具合と真面目さが、日本人の私が抱いてた共産主義へのイメージと同じだったのが、主人公アレックスが病気のお母さんの為に必死に作り上げた世界は優しくて素敵なものだった。むしろ端々に見えてくる資本主義が図々しくて凶暴に感じられた。
    映画監督志望の友人ルーカスがいい味出してた。ニセ番組を一生懸命に作るが、ニュースを読み上げる付けひげスーツ姿のフレームの下はパンツ一丁、の場面は吹き出した。

    今、右とか左で揺れている日本にとって、考える材料のひとつになり得ると思う。このタイミングで見たのはラッキーでもあった。

  • 東ドイツへの西側文化の流入は、とてつもなく短時間でおこったんだなと。

  • 請求記号:04D087(館内視聴のみ)

全19件中 1 - 10件を表示

グッバイ、レーニン! [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

グッバイ、レーニン! [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

グッバイ、レーニン! [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする