スイッチ! [Kindle]

  • 33人登録
  • 4.30評価
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 千葉敏生 
  • 早川書房 (2013年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (240ページ)

スイッチ!の感想・レビュー・書評

  • 自分や組織が変わっていったきっかけや経緯が紹介されている。いくつかのカテゴリとして、変化の過程を読むことができるので、納得しながら読み進みやすい内容だった。

  • とても良い本だと思うのに、ブクログでもアマゾンでもレビューを書いている人が少ないのが意外。
    内容が多いので、書きにくいのだろうか?

    この本は、目標を立てて実行、成果を得るための方法を考えるうえで参考にできる本だと思う。

    人間には感情と理性があり、その両方を上手く働かせないと目標を達成することが難しい。

    そのための方法論を事例を含めて、わかりやすく書いてある。

    「感情=象 理性=象使い」にたとえているため理解しやすい。

    目標を達成したり、今の状態から変化するためには、
    象使いに方向を教える、象にやる気を与える、道筋を定める(環境を変える)という3つが重要であり、その中でも「環境を変える」ことが、一番、簡単にできることなのに、気づいていなかった。

    今までは自分の意志力で、目標を達成しようと失敗していたが、今年は上の3つをふまえて目標を考え、一年後には達成できているようにしたいと思う。

    年末年始の休みにこの本に出逢えたことに感謝!

  • 年始ということで自分と会社をどうやって良く変えるか腹を据えて考えるため、2014年一冊目はこれを読み始めた。まだ二章までしか読んでないが良書の雰囲気はビンビンに感じている。

    「良い戦略、悪い戦略」読み始めた時と同じ感覚。

    「セルフコントロール(する意志力)は消費されるリソース」というのを読んだ時はっとしたが、よく考えたら水野敬也もよくそのようなことを書いてたような気もする。

  • スイッチ!

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする