スワロウテイル/幼形成熟の終わり [Kindle]

  • 12人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 籘真千歳
  • 早川書房 (2011年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (369ページ)

スワロウテイル/幼形成熟の終わりの感想・レビュー・書評

  • 旅犬(オーナレス)によるテロ、人口妖精の顔剥ぎ事件、火葬場から出てきて動き出した人口妖精、揚羽を殺そうとする全能抗体? そもそも女性側へ行ってしまったはずの揚羽が何故か男性側で活動しており、一人称が「ボク」に変わっている違和感。最初の水気質である芍薬の哀れ、エウロパとエニグマの賭け、揚羽と真白で事件や疑問は解決。真白は揚羽の後を追うように青色機関に身を投じ物語は終わる。人口妖精の顔と精神の関係は面白かった。椛子周辺の諸処については何となく今ひとつ消化不足な気がする読後印象。勅使河原と早乙女に安らぎを…。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

スワロウテイル/幼形成熟の終わりを本棚に登録しているひと

スワロウテイル/幼形成熟の終わりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

スワロウテイル/幼形成熟の終わりを本棚に「積読」で登録しているひと

スワロウテイル/幼形成熟の終わりはこんな電子書籍です

スワロウテイル/幼形成熟の終わりの文庫

ツイートする