エグザム:ファイナルアンサー [DVD]

  • 25人登録
  • 1.87評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (4)
  • 10レビュー
監督 : フランク・マール 
出演 : マルコム・マクダウェル  ビリー・ゼイン  デヴィッド・ダストマルチャン  ペイジ・ハワード 
  • アメイジングD.C. (2014年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189027372

エグザム:ファイナルアンサー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • なんの起伏もなくポンコツが偶然勝ち残るってだけ。最後もどーせならボス撃てよポンコツが。

  • “世界一危険な就職試験”という謳い文句の「エグザム」という映画がありましたが、
    本作も就活ネタだったので、そんな邦題付けてみました、って感じか。

    試験官に「時計仕掛けの…」というにはいい加減年を取りすぎた
    マルコム・マクダウェル。
    受験者には「悪魔の毒々バーガー」のビリー・ゼインがいます。
    (本当はBTTFのビフ、とかタイタニックの金持ち、とか書くべきかw)

    さて、「エグザム」では俺、
    「死に頼らない、出題者と受験者の知恵比べが良い」
    などの感想を書いてますな。また、今思えば白い部屋・並んだテーブル・解答用紙と
    「就職試験」っぽい何かを表現しようとしている所がありました。

    では「エグザム:ファイナル・アンサー」

    ・気が付いたら誰かに襲われて暗い部屋に閉じ込められていた5人。
    ・実は5人は全員ある会社の面接をある程度通ってきた面々。
    ・部屋には電子ロックがかかっており、全部でコードは4つ。
    ・一人死んだらコード1つ教えるので、頑張って最後の一人になって出て来てね。
     そしたら社員採用!

    って、いきなり「殺しあえ」って言っちゃってるじゃんよ。
    これじゃーもう「いつもの」デスゲーム物とかわらん。

    しかも連中、全然我慢の聞かない奴らで、些細なきっかけで殺し合いを開始。
    まるで誰かに「巻き」を入れられてるんじゃないか、っつーペースで事は進みます。
    (まぁ、「ヤル気」の奴がいたりもするんだけど)

    ただまぁ、その辺が良く言えばダラダラ感がなく、
    いつ誰が殺されるかのあたりで意外性のある展開も続くので、
    見ていて意外につまらなくはないです(あくまで意外に、ね)。

  • 【仮レビュー(後日補足記載の予定あり)】






    『CUBE』『es(エス)』『SAW』
    この3作品を足して「3
    」と「水道水」で割ってしまったような作品。

    マルコム・マクダウェルは
    加齢で貫禄は出ているが
    いまひとつ本作の役にはその魅力が繁栄されていず。

    面接のテーブル
    彼の目の前に置かれているのは、手の消毒アルコールジェルだろうか?
    この小道具使いが巧い!
    (私の繙きは後日改めて記載しようと思う)

    軟弱男が命懸けの雇用(採用)を征する落ちなら、いっそ過激などんでん返しがあって良かった気がする。

  • みんなが残る方法があるのかと思いきや、結局誰が裏切って、誰が裏切らないか、誰が殺されて、誰を殺さないかのやりとりでなんだか残念ー

  • 面接に残った5人が誘拐、監禁されて殺し合いをする映画。
    殺し合いといっても派手なものではなく一対一で殺していく。
    最後、生き残った人がボスを殺すと思って、やるのか?やるのか?と待っていたのにやらずに別の人を射殺…。
    順応して悪に染まるなら最後ボスを殺して自分がボスになるくらいのことをしてほしかった。

  •  採用試験の最終選考に残った5人の男女。誘拐され閉じ込められた5人に出た最後の課題は殺しあって残った一人だけが採用というものだった。

     勘違いしてる人が多いけど、「エグザム」とこの映画は全くの別物です。
     さらに言うとジャンルが違う。「エグザム」は謎解きや真相が重要なサスペンスもの。だがこの映画は謎があるわけでなく人間や社会の残酷さを比喩として描くホラー映画だ。

     以下ネタバレ。
     ただこの映画にも真相はあって、実は5人中4人は「会社の為なら何でもする」と宣言してるのだ。そりゃ当然殺し合いになりますわな。
     そしてもう一つの真相は実はこの試験はテストのテストでもあったということ。残りの一人は生き残らないはずの男で、彼がちゃんと脱落するかもテストしていたのだ。

     まぁこれはどう見ても自分が受かる為には誰かを落とさなければいけない厳しい採用試験のメタファーであって、『THE EMPLOYER』という原題はピッタリ。
     
     これは変な邦題をつけて二匹目のドジョウを狙った配給会社が悪い。この映画は悪くない。

  • 前作もつまらなかったが、今作も私にはつまらなかった。
    両方録画してしまったし、途中で止めるほど胸糞が悪くなるものでもなかったので、一応最後まで観たけど。
    何の捻りもない、あーそうですか、ふーん。って感じの映画(笑)

  • エグザムはちょっと凝っていて結構面白かったのですが、これは何のひねりも盛り上がりもなく…
    ダメだなぁと思ってたら、どうもエグザムとはなんのゆかりもない映画にこういう邦題をつけただけらしい。
    それを知って更に評価が下がりました…

  • くそつまらんものを見てしまったという後悔・・・
    前のエグザムと全然違うやん・・・

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする