ABC・オブ・デス [DVD]

  • 43人登録
  • 2.45評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (6)
    • (5)
  • 7レビュー
監督 : ナチョ・ビガロンド  アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ  タイ・ウエスト  バンジョン・ピサヤタナク―ン  スルジャン・スバソイェヴィッチ 
出演 : ナチョ・ビガロンド 
  • キングレコード (2013年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003822255

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ABC・オブ・デス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 期待外れもいいとこ…冗長で詰まんない…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥﹏°̥̥̥̥̥̥̥̥ `)

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え
    *
    *
    *
    26カ国って言ってたけど、かぶってるからもっと少ないハズ。
    間違いなくホラーではない。
    エログロコメディかな。
    日本人担当が3本ぐらいあったけど、どれもこれも訳が分からない。
    2本目の時代劇は好き。
    最後のZは恥ずかしいやら悲しいやらで、これが世界展開してるかと思うと落ち込む。
    なんだろうね。どんな意図を持って作ったのかね。
    笑って済ませられないよ。

  • 26人の監督がアルファベットにちなんだ5分程度の
    死にまつわるショートムービーを競作。

    なかなか面白い試みですね。
    「超映画批評」でも70点取ってたし。
    それなりに面白いのかな、と思ってみたんですけど。

    確かに、面白いのがいくつかはあったんですけどね。
    面白くないのとか、意味わかんないのとかが半数以上あると
    26話見るのはちょっと苦痛。

    日本人監督も3人(井口昇、山口雄大、西村喜廣)参加してたけど、ちょっと個人的には趣味が合わなかったわ。
    世界各国から監督が集ってんのに日本の3監督、
    いずれも悪ふざけ系、ってのどうなのよ。

    特に大トリZを任された西村監督のは、3.11に見るもんじゃないわ。


    一応、タイトルが出る直前までになんのワードか当てるクイズごっこはやったけどね。
    結構難しくて「W:What the fuck?」しか当たらなかった。

  •  25人の新鋭監督(+公募作一作)が予算5000$で送る26通りの死の物語。

     26通りの死に方の話かと思ってたがもっと自由で面白い。もちろん中には合わないのもあるが世界中の作品が見れて全体的にはかなり満足。
     日本人三監督の作品は合わなかったが、コメンタリーの話は面白かった。
     一番面白かったのはDのドッグファイトかな。ファイター役が犬のトレーナーさんだから撮れたという裏話もよかった。逆にVの産声は面白かったが裏話を聞いてみると明らかに予算オーバーしてるので反則。
     

  • 26人のホラー監督が、それぞれ与えられたアルファベット一文字から自由な発想・手法で「死」をテーマに5分間のオムニバスを製作した作品。
    こういう実験的な作品は嫌いじゃないです。個人的には「ドッグファイト」が印象に残りました。
    各々の個性丸出しな作品が26本もあるので中盤くらいには結構疲れちゃいますけど、まあ気になる人は見てもいいと思います。

  • MTVのショートフィルムみたいなホラー短編集。スノッブでサブカルでお下劣。こういうの大嫌い。最悪。

全7件中 1 - 7件を表示

ABC・オブ・デス [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ABC・オブ・デス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ABC・オブ・デス [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする