月影の鎖 -狂爛モラトリアム-

  • 47人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
  • 拓洋興業 (2013年12月19日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4520644400241

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

月影の鎖 -狂爛モラトリアム-の感想・レビュー・書評

  • 総プレイ時間まさかの5時間。いくらFDでもとんでもなく短い、短すぎるよこのゲーム。護ルートとアナザーは内容が悪くなかっただけにもう少しボリュームが欲しかった。

  • メインキャラとの愛やら病みやらに特化したファンディスク。

    ファンディスクとはいえ、
    このボリュームで、
    大好きなサブキャラとモブ完全リストラで、
    この値段……!

    とちょっと戦慄しましたが、システムが改良されてるし、
    なんとなくテキストの質も向上してる気がしたし、
    各キャラの新しい一面や深化させたあれこれを堪能できて満足。
    全力で楽しませていただいて、本編に引き続き土下座するしかありません。ありがとうございましたTAKUYO様(土下座)。

  • 月影の鎖で攻略対象だった四人とのアナザーストーリーとGOODエンドのその後に加え、以前は無かった兄である大井川のルートが楽しめるファンディスク。
    個人的には月影の本編になんで最初からルートがなかったのかというくらい気に入ってたキャラだったので、影から主人公を支えていた兄が本編では見せなかった主人公への思いなんかを語ってるのを聞けて良かったです。
    曲がりなりにも兄妹っていう間柄ですが血縁関係が無いせいか、葛藤はありつつもそこまで禁忌っぽい流れではなく展開も早回し(本編では結構凄かった商店街からの風当たり描写とかも割とさらっと終わる)のでそういうのを期待してる方は一応注意です。

    やはりファンディスクとあってさっくり周回できるし本編より一枚絵は少ないながらも、アフターストーリーの内容が本編では語られなかった小話だったりBADのその後だったりそもそも本編にはなかった結末だったりと、キャラごとに異なった趣向で書かれていて良かったです。
    ちなみに全員のGOODはみんなそうでしたが望月がひときわ甘酸っぱい印象というか初々しくてきゅんとしました。

  • どこから行こうかまよったんですが、
    もう順番気にせず好きなように行きました。

    紅霞市案内
    至って普通に皆でわいわいと。

    GOODアフター
    望月ルゥト、あまりの甘酸っぱさに暴れました。翻弄される顔にいちいちキュンとなります。
    榛名ルゥト、文章だけですがさらっと18禁でした。

    アナザールゥト
    もし本編のように出会っていなかったら、なパラレルです。さらっと流してしまいました。本編の方が好きだなという印象。

    大井川ルゥト
    まだ。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

月影の鎖 -狂爛モラトリアム-を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

月影の鎖 -狂爛モラトリアム-はこんなゲームです

ツイートする