暗闇から手をのばせ [DVD]

  • 49人登録
  • 3.12評価
    • (1)
    • (5)
    • (17)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
監督 : 戸田幸宏 
出演 : 小泉麻耶  津田寛治  森山晶之  管勇毅  松浦佐知子 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2014年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427656970

暗闇から手をのばせ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • これも短いですけれども、割りと面白かったですね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、個人的にはどんな映画もこれくらいの長さ、つまりは一時間少々で終わってくれるとありがたいのですが…それくらいに僕の集中力の持続時間ってやつは短いのだ… ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    主演の子もエロくて良い感じ! 写真集とか買おうかな…と思ってしまいました(!)…。

    最後は純愛物っぽくなっていきますけれどもアレですね、小泉麻耶ちゃんの「男の人って可愛いもん…」みたいなセリフが一番印象に残りましたかね…結局、男は女には敵わないってことか…といったようなことを思わざるを得ませんでした(TдT)

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 軽トラからの景色が良かった

  • 予想をいい意味で裏切ってくれた。すごく希望があった。ちょっと意外だった。

  •  障害者専門のデリヘル嬢を描く。

     障害者の性というタブーを描いたことは高く評価したい。劇中のホーキング青山の言葉が印象に残った。
     ただ、やっぱりこの映画はちゃんと脱ぐべきだったと思う。もし脱がないでこういう映画をつくるならそういうシーンを出さないようにすればいい。中途半端が一番いけない。
     

  • ★340万人の障害者がいる。その人達を基準に社会の有り様を考えると今まで想像しなかった世界が広がりだす。津田が店長を勤める障害者向けのデリヘルは、そんな可視化しづらい社会のビジネスモデル。
    生きることに行き詰まっている障害者に「生きていく理由が見出せればいいじゃん」というデリヘル嬢。彼女にもそれは見当たらないし、そんな彼女はそんなものを探してもいないようにしか見えない。漂っている存在にしか見えない。障害者のデリヘル嬢として働くことで傷つきなぎらも、健常者相手のデリヘル嬢より遥かに弱者への思いやりが強い。
    彼女は彼等の埋められない欠陥を、埋め合わせてあげることに生きる意味を見つけたのかも知れない。死んでしまった障害者を知らずに訪ねたり、自分を殺そうとして拘留されたストーカーに面会に行ったりする。自殺しかけたが社会的に自立し始めた客には、客としての距離観を保ちながら彼を見つめようとする。そうしたラストのカットは印象的だ。
    2014.03.21

  • テーマは深く社会的に鋭い視点で面白かった。
    ただ、ストーリーはありきたりだったし、主演の小泉さんの演技が今ひとつだった。体当たりを謳うならもっと脱いでがんばってほしかったな。

  • 尺も短くドキュメンタリー調の作品。実際に障害をもったホーキング青山が登場したり、主演の小泉麻耶の演技が素人っぽかったりということも、こうした雰囲気に一役かっている。真のドキュメンタリーとして映像化するのはもっと難しいだろうから、「こういう世界もあるのか」と禁忌されたかなような現実に光をあてるにはこの手法がベストなのだろう。

  • 題材が題材なだけに、作品内の描写等、万人にお勧め出来る作品ではないが、結構考えさせられる内容でした。クライマックスからエンディングへの流れは多少強引な感もありますが、約1時間の短い作品なので見て損はないと思います。

  • ホーキング青山だけがリアルだったな。
    あと、津田寛治の演技の上手さ。

  • 自分の知らない世界を教えてくれる映画が好きです。
    夕張映画祭で賞をとったこと。障害者の風俗を題材。予告もみずになんとなくピンときて見た。結果。強烈な映画でした。

    感想がうまくかきたいことがまとまらないもやもやするけど、メッセージの強い映画が好きな人にはかなりおすすめ。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

暗闇から手をのばせ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

暗闇から手をのばせ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする