ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]

  • 391人登録
  • 3.85評価
    • (41)
    • (85)
    • (49)
    • (5)
    • (3)
  • 61レビュー
監督 : クエンティン・タランティーノ 
出演 : ジェイミー・フォックス  クリストフ・ヴァルツ  レオナルド・ディカプリオ  ケリー・ワシントン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462086907

ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クエティン•タランティーノの
    映画だな〜って思う。
    血飛ぶし(笑)

    ホント、一人で乗り込む系
    好きだよな〜(笑)

    でも、ジェイミー•フォックスの
    魅力が炸裂してて良かった(^o^)/

    おもろかった(^o^)/

  • キルビルの西部劇版と言ったところ。血飛沫がたくさんあがる娯楽作品。主人公のジャンゴと彼を連れ歩くシュルツの関係がいい。ジャンゴがシュルツに最後にかけた言葉がいいね。

  • タランティーノ監督作品は苦手です。バイオレンスすぎて。
    今作は勧められて観たのですが開始5分もしないでするするとのめり込んでいき見応え十分、や、十二分。
    黒人の奴隷制度。医者のドイツ人の賞金稼ぎの片腕として組むことになったジャンゴ。このドクターがなんかいいやつだったなぁ。。
    のちに出てくるディカプリオ、やっぱら登場した瞬間の華やかさはすごい。存在感がすごい。主役ではないし途中参戦のキーマンだけどあの華やかさ、画面に出た瞬間の空気感は半端ない。イヤな役だったけど、すごく厭な役だったけど、素晴らしい演技でした。
    そしてジャンゴ。かっこいいよ。妻を救うところとか妻のために必死に我慢して行くところとか、恐怖に耐え立ち向かって行く様。迷いなく殺していくようになっていくところ。スカッとするね。
    ただやはりバイオレンス作品すぎて途中、とくに黒人が犬に食われて行くところとか、黒人の死闘の場面とか、目を覆いたくなる場面が多数あって、観ているのが辛かった。けど、この黒人奴隷制度は確かにあったもので、目を覆いたくなる場面は確かにあったことなんだなと思うと深い。
    最後は気持ち良くスカッと吹っ飛んでよかった。

  • 2012年アメリカ
    ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ


    おもしれ~~
    予想外に面白かった♪ おまけで★5つにしたかったほど♪

    以前に観たタランティーノ監督と言えばキルビルなんですが、面白くなかったんですよね~~
    だから、本作も全く期待してなかったんですが、デカプリオが悪役を頑張ってるってことで観てみました。
    結果、、裏切られて、、面白かった!!

    よく言われるタランティーノの特色
    流血とかが過激、、、せりふが面白くてキャラが生きてる、、、ユーモアがちりばめられてる

    らしいが、全て網羅してますね。
    ここまでエグイ表現せんでもよろしいやん、、、っていうくらい皆さん過激な死に方でしたし。
    ユーモアがそこここにちりばめられてて、思わず笑ってしまうシーンあり。
    タランティーノが突然吹っ飛んだところと、ラストのミス.ララがジャンゴに撃たれて吹っ飛ぶシーンも笑ってしまいました。

    そんなユーモアを散りばめながらも残忍な人間を人間として扱わない奴隷制度を「これでもか」ってほど残忍に描くところに彼の問題提起を感じさせます。
    それでいて、やっぱり中心はジャンゴ(ジェイミー・フォックス)と妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)のピュアのラブストーリーであり、ラストのお茶目な2人の表情でむごい銃撃シーンを少し和ませてくれます。
    でも、少しですね。やっぱり血が多すぎ、、、、目を覆いたくなる。

    ディカプリオは
    やっぱり上手いよね~~♪ 悪役も出来るんだ、、、いい具合に年齢を重ねてきたので、これからも活躍できるでしょうネ♪
    黒人執事のスティーブンもかなりいい味出してましたね♪

  • やっぱりタラちゃんの映画は面白い!!
    ジャンゴがドクター・シュルツに銃の腕を見込まれ賞金稼ぎになるのが良いですね~。
    この黒人=奴隷の時代に自由人ジャンゴかっこよすぎます!
    レオくんも久しぶりに見たのですが、やっぱり上手ですね。
    嫌な奴を好演してます。そしてやたらと頭の中で「仮面の男」が浮かびました・・なんで?
    サミュエル・L・ジャクソンさんもめちゃめちゃいい味出してるし♪
    終盤の銃撃戦も最高すぎてしびれました。
    3時間近くあるので長い作品ですが、時間を気にせず楽しめました。

  • キャンディが出てきてずっと緊張感やばかったから、シュルツがキャンディを打った瞬間気が抜けて大爆笑しちゃった。

  • よかった。
    アメリカ人に慣れてる。Dは読まない。

    黒人ってあんな扱いだったのかな。
    ディカプリオの演技が、デニーロばり。現代版ゴッドファーザーは是非ディカプリオに。

    2017.2.13.

  • 2016/09/01

  • ラスト45分は至高

  • 2012年公開
    監督 : クエンティン・タランティーノ
    ==

    生き別れた妻を探す黒人奴隷と、賞金稼ぎのドイツ人がタッグを組み、悪辣な農場主に挑むお話し。

    タランティーノ作品の中ではかなり筋書きのはっきりした、楽しみ方の分かりやすい作品で、脱力してみれました。もちろん、筋書きそのものはよーくできているので、全然飽きることもなく。名優ぞろいの中でやっぱり、なんか見ちゃう怪優クリストフ・ヴァルツ。タランティーノ作品でアカデミー取ったのはこの作品の彼だけっていうのもうなづける、「なんか見ちゃう力」はやっぱすごい。亡くなっちゃいましたけど、フィリップシーモアホフマンとか、あーいう存在感の好きな俳優さんです。

    そしてやっぱり最後はスプラッターです笑 ご覚悟を笑

全61件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする