メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks) [Kindle]

  • 87人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (6)
    • (12)
    • (4)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : とゆ
  • インプレス (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (59ページ)

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)の感想・レビュー・書評

  • ライフハック(仕事術)のとゆさんは、iphoneとパソコンなどを使い、時間を上手に使っている。その方法を説明している一冊である。iphoneのアプリ、Windowsのソフトを使いこなしていることがわかる。中には有料アプリ、ソフトがあり躊躇するものの便利だったら必要なことと思った。時間は、何気に暮らしているとあっという間に過ぎて行く。それを無駄なく生きる上で勉強になる。内容の半分はすでに実践しているが、とゆさんは、もっと細かく実践しているので驚いた。一つ一つの行動が何分かかるかわかっていないから、一日に業務が終わらない。まず、メモを取ることから始めようと思う。

  • タスク管理の本。やはり最初からツールに頼ってはいけないかな。

  • なかなか参考になりました。タスクをこなすためにタスクを作ってる感じもしましたが、だいたいそんなもんですよね仕事とか。

  • GTDのやり方を具体的に説明。割と自分も似たような事をやってるなーと。

  • Amazonの日替わりセールで購入。ラインを引いたところは3箇所。タスクシュートについては散散読んだだけに新たに勉強になるところは少なかったかな。理系の方なので文章は読みやすかった。
    ⚫️休日やりたいタスクは平日にメモしておく
    ⚫️メモがないときはいつもの習慣を変えるとやらないといけないことを思い出すかも、鍵入れる場所とか。なんでここに入れたんだっけ、あそうだ、となる
    ⚫️金曜の昼に振り返る

  • GTDを自分なりに昇華して実践をしたことを報告した本。
    確かに、自分がこれだけかかると見積もっている時間と、実際かかる時間は違うんだろうな〜。
    GTD総論の本を読んで実践してみてから読んだ方が良い本かなと思います。

  • タスク管理本。普通の内容でした。

  • こういった本はたくさんありますが、かなり具体的にやり方がかかれているので、とても参考になると思います。とくにTaskChuteになんでも記録するというやり方は、とても参考になりました。1日の行動をすべて記録して、24時間から引いていくと、1日の残り時間が見えてきます。歯を磨くといったあたりまえのことでも一度書き出し、自分の時間の持ち方というものを、一度見なおしてみるといいかもしれません。

  • 自己流のGTDもどきなことはやってるけど、なかなかうまくいかない。読んでみて、自分には記録を取るという発想がなかったことに気が付いた。記録をとって各作業の所要時間がどのくらいかかるかを把握する。なーるほど、と思い、まずはログをとってみることにした。

  • 初めて買ったkobo本。

  • とくに参考とするところはない。

  • メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)を本棚に「積読」で登録しているひと

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条 (impress QuickBooks)はこんな電子書籍です

ツイートする