専門家はウソをつく(小学館新書) [Kindle]

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 勝間和代
  • 小学館 (2013年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (108ページ)

専門家はウソをつく(小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても良い本。

    但し、気に入らない点をあえて一つだけ挙げるとすれば、「リフレ政策」あたりの記述は余計だった。

    もちろんリフレ政策は正しいのかもしれない。しかし、本書のテーマからは関係の薄い話なのに、かえってこれを持ち出すことによって、「政策推進派の当事者としての立場を守りたい意図が透ける」などと(不必要に)勘繰られる余地が生まれてしまった。

    本書のテーマが「専門家を疑う」というものである以上、著者自身の政策論争からは便宜上離れて述べてもらいたかった。

    繰り返しになるが、以上は「リフレ政策の是非」を問題にしているのでなく、「本書の説得力を左右する材料として適切ではなかった」と言いたいだけである。

  • 衝撃的なタイトルですが、専門家のすべてを批判しているわけではなく、トンデモ専門家と優れた専門家をみわけるリテラシーを磨くことが大切と説いている素晴らしい本です。アメリカではクリティカルシンキング(批判的思考)は当たり前で、教育のなかでとても重視されていますが、日本人はどうもこれが苦手な人が多いようです。過去にも、メディアを鵜呑みにした視聴者が、納豆や白インゲンを買い求め、話題の商品が街のスーパーから消えるという現象が起きていますよね。

    お恥ずかしながら、かくいう私も、アメリカの大学で学ぶまでクリティカルシンキングの習慣はもっていませんでした。どちらかというと、テレビや雑誌で専門家が言っていることを鵜呑みにするタイプ。特に情報が溢れているこの時代、どれを信じるかは、自分の選択判断と責任なのですよね。そして”パラダイムはつねに変化し続けている”ということを肝に銘じて、専門家の意見を上手に取り入れていかなければならないのだと思わされる一冊でした。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

専門家はウソをつく(小学館新書)はこんな電子書籍です

専門家はウソをつく(小学館新書)の単行本

ツイートする