天使と悪魔(上) (角川文庫) [Kindle]

  • 74人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (331ページ)

天使と悪魔(上) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 17.04.01読了。相変わらずラングドンさんのわくわく宗教学でした、薀蓄以外の描写が雑、内容が内容だけに禁書目録や超電磁砲を思い起こしてしまう。イルミナティの思想はおっしゃる通りもうハサシン他に好きなようにやってもらってオッケーだと思う。ビットリアはよくある007ヒロイン。主人公がパッとしないのもラノベ的なのかも。

  • ◆◇◆ラングドン教授初登場◆◇◆
    『ダヴィンチコード』のラングドン教授の初登場作品。ある科学者が開発した核を凌駕する反物質を巡って秘密結社イルミナティとの対決が始まります。初登場だけあって教授も若い!新しいローマ教皇の選出に沸くバチカンを舞台に『ダイ・ハード』ばりのアクションを見せてくれます。度々登場するアンビグラム、次の場所に導く暗号など休むことなく主人公に与えられる謎はジェットコースターというのにふさわしい内容。長いですが、気がつくと読み終わってしまう面白さ、第一弾にしてシリーズ最高傑作と言ってもいいのではないでしょうか?ヨーロッパ芸術や建造物に弱い僕でも今回はスマホを駆使して登場するたびに画像をチェックしました。本当に実在するものばかりだったのが驚き!どこまでがフィクションでノンフィクションなのか…。作者の取材力の高さに脱帽のお話。

  • 新たな教皇を選出するためのコンクラーベが行われているバチカン市国に、核弾頭以上の破壊力を持つ反物質が持ち込まれる。

    イルミナティとか反物質とか、トンデモ設定なのかもしれないけど、とてもリアル感があっておもしろい。
    映画「ダヴィンチコード」は見たけど、こっちは見ていないのでぜひ見てみたい。

  • 欧州原子核機構(セルン)で起きた殺人事件、被害者にはイルミナティの焼印、凄まじい破壊力を持つ反物質の盗難、標的とされるのはコンクラーベ(教皇選挙)当日のバチカン市国、宗教象徴学専門のハーバード大学教授と美貌の研究員の活躍、ボストンからジュネーブまで1時間で結ぶ飛行機、ガリレオの暗号。
    わくわくするような仕掛けがいっぱい詰まった、奇想天外、荒唐無稽、(少年少女向け)空想科学歴史娯楽読み物の傑作。ただ、少々軽すぎるか。文庫3巻にするほどではないと思う。

  • -

    天使と悪魔(上)<天使と悪魔>

全5件中 1 - 5件を表示

天使と悪魔(上) (角川文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

天使と悪魔(上) (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天使と悪魔(上) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天使と悪魔(上) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天使と悪魔(上) (角川文庫)はこんな電子書籍です

天使と悪魔(上) (角川文庫)のAudible版

天使と悪魔(上) (角川文庫)のペーパーバック

ツイートする