人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤森照信
  • 筑摩書房 (2005年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (127ページ)

人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書)の感想・レビュー・書評

  • 建築の歴史というアメ玉を味わう一冊。

  • 米原万里が、建築史といいながら、建築の祖と言われるピラミッドが登場するのはもう残りページも少なくなってからという特徴にバカウケしていた一冊。たまたま Amazon でセールになっていたので購入して読んでみた。

    上述の通り、本の 80% は古代史の話で埋め尽くされており、ピラミッド登場以降の建築史も「二歩目」「三歩目」などと丸められて各々 1〜2ページで通り過ぎ、バウハウス(六歩目)のインターナショナル・スタイルでようやくまともな議論を展開するくらい。大半を占める古代史パートも、「〜だったに違いない」と妙な想像を膨らましながら、古代人の考えていたことを見てきたかのように語っているだけで、ほとんどトンデモ本の世界。米原万里のあの書評は、彼女一流の sarcasm だったのか…。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書)はこんな電子書籍です

人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書)の新書

ツイートする