田中ロミオの世相を斬らない

  • 20人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 田中ロミオ
  • フロンティアワークス (2013年発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 4562207989718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

田中ロミオの世相を斬らないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しかった!と同時に青春期を思い出すようで切なくなった。アニメ化もしたライトノベル「人類は衰退しました」の作者である田中ロミオがエロゲー雑誌に書き下ろしたコラムという名のショートショート的ななにか。初版は2013年、元々の雑誌に2006年頃から連載していたコラムをまとめたものらしく、エロゲー黄金時代の代表タイトルが登場する。ショートショートのような短いナンセンスな物語の中に皮肉やちょっぴり黒い笑いを入れており、このセンスが身体に合う。野崎まどの短編集が好きならこの本も好きだと思う。

    続刊の烈を買おうとAmazonでレビューを見たら、どうにも切ないやるせない気持ちになった。増え続けるテキスト量にヒロインの数、増えない予算、無茶振りする上司やクライアントなどブラック企業っぷりと業界の先細り具合が見えて辛い。ナイスボートも何年前なんだか。
    年代的に30代くらいが本書の話が分かると思う。PC98からエロゲーを始め、パソコンの進化に合わせ目に見えるような進化を遂げてきた。256色になり、CD-ROMになり、ボイスがつくようになり、画面サイズが徐々に大きくなり、OPにアニメや主題歌がつき、操作方法も快適になり、DVDになりフルボイスが当たり前になる。葉鍵や型月、曲芸に八月……この略称、もしかして若い子には通じないんじゃなかろうか。昔はどこにでも鍵っ子がいたんだよ……。気が付いたらどのメーカーも全年齢向けを主流としており、年齢制限ありでも頑張っている大手は少なくなっちゃった。

  • 絶版。元値の6倍の価格で購入。

  •  世相も一応斬ってはいる。
     田中ロミオがPCゲーム情報誌で連載していたコラム集。
     当たり外れが大きいのが難点だった。基本的に著者が主に活躍している(していた)業界であるアダルトゲーム業界の話題が多い。割とキツイ。アニメ業界と良いサブカル関連はこんな話題が多い。「恐怖の差別」と「地雷の向こう側」が面白かった。言葉狩りの激しい世の中と、ゲームへの弾圧が激しいユーザーを風刺した内容だ。だが一番面白かったのは「その後、東に飛んだ鳥Ⅱ」だった。唯一と言って良いくらい数少ない救いのある話だが、その内容が二次元の二時創作とは……「ホント、現実は地獄だぜ」

  • 15/1/31、BOXセットで購入。

全4件中 1 - 4件を表示

田中ロミオの世相を斬らないはこんな本です

ツイートする