欲望のバージニア Blu-ray

  • 25人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ジョン・ヒルコート 
出演 : シャイア・ラブーフ  トム・ハーディ  ジェイソン・クラーク  ガイ・ピアース  ジェシカ・チャステイン 
  • TCエンタテインメント (2013年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390734166

欲望のバージニア Blu-rayの感想・レビュー・書評

  •  おもしろかった! 登場人物がみんな超キャラ立ってた! フォレストすげえな!
     悪役好きなわたしはゲイリー・オールドマンとガイ・ピアースにときめきすぎた。ゲイリー・オールドマン出番そんなにないのに全部持っていくからずるい……
     デハーンはまたちょっと妖しい役なのかと思ってたけど血みどろな映画の清涼剤的存在だったのでびっくりした。かわいかった。
     血いっぱい出る映画でしたね。

  • 2012年アメリカ映画
    久々にいい映画に出会えた。
    アメリカ禁酒法時代、密造酒を売っていた実在のボンデュラント3兄弟を描いている。
    3兄弟は不死身だと言われた。特に次男のフォレストは勇敢で、ある意味野蛮で、それでいて優しくて、判断力もあり、野性味たっぷりで魅力的。強靭な肉体で、ある時のどを搔っ切られても死ななかった。長男ハワードはお酒を飲むと一段と凶暴化する。三男ジャックは子供の時から二人の兄たちとは違って気が弱い。
    次男のトムハーディ、よかった!嵐が丘やこの映画以降トムハは徐々に怪物化してる。あの生意気な個性ある歩き方とマッチョな肉体美。かっこいい。
    デインデハーンは足が悪くて気が弱い、でも頭のいい役どころ。ああいう役やらせると抜群にうまい。
    ガイピアースの髪型すごかった。センター分けしてるけど、センターの分け目は剃って幅広くしてるのかな?一段と嫌な感じが出てて最高。
    ワシコウスカさんもゲイリーもそれぞれいい味だしてる。
    内容もさることながらキャスト全員よかった。満足!

    ジャック・・・シャイア・ラブーフ
    フォレスト・・・トム・ハーディ
    ハワード・・・ジェイソン・クラーク
    レイクス・・・ガイ・ピアース
    マギー・・・ジェシカ・チャステイン
    バーサ・・・ワシコウスカ
    クリケット・・・デイン・デハーン
    ダニー クリス・マクギャリー
    フロイド・・・ゲイリー・オールドマン

  • なかなか楽しい映画でしたよ!
    舞台は禁酒法時代のアメリカ。密造酒を作っていた実在の三兄弟のお話で、中でもシャイア・ラブーフ演じる三男がクローズアップされております。ストーリーは町に超ゲスな取締官がやって来て、賄賂をよこせというお約束からはじまり、兄弟は当然抵抗。警察とは対立することになり、非常にバイオレンスな嫌がらせ合戦に突入。ラストはもちろんある悲劇をきっかけに全面戦争!! と、ごくごくシンプルな燃える男の骨太南部映画でありました。なのになぜか公式にはクライムサスペンスとの記述ありましてですね。これは完全に嘘八百なので、鑑賞の際はご注意ください。
    もうひとつ言っておくと、この映画、喧嘩映画でありながら、ジョン・ウーばりの二丁拳銃とか、スタイリッシュな切り替えで見せる派手なアクションシーンはありません。でもその分リアルさが感じられ、またそこを補填するとでもいうように大サービスなのは流血量。やることのエグさとこのあたりの要素でバイオレンス指数をぐっと底上げしておりまして、私としては非常に満足することができました。
    さらにキャストが大変よい芝居をしておりまして、まずはメリケンサックを血みどろにして、ガッツガッツと悪者をしばき倒していく次男のトムハーディ。めちゃくちゃかっこいいです。次に三兄弟と対立する取締官、ガイピアース。これがやりすぎじゃないかっていうくらい、いっそ爽快なほどスッコーンと振り切れたゲス(微妙に変態)野郎。またもうひとりの気になる大物キャスト、ゲイリーオールドマンはシカゴのギャングという役どころなんですが、これがまた、みんなが観たかったゲイリードンピシャでしてね。猿の惑星・新世紀みたいに(映画そのものは好きなんですが)ぼんやりぼやけておりません。これだけでもう、こういう映画を観たかった人間のハートはがっちりキャッチしちゃう上、ヒロインはふたり。それぞれ次男と三男のパートナーとなるのですが、ベクトルは対極ながら、大変色気があってよかったです。
    とにかくシンプルにドンパチやる映画、仁義とか矜持という言葉にときめく人にはかなりおすすめ。ただひとりだけ終盤までフワフワチャラチャラしているやつがいてイラッとするのですが、まあ、映画ですからね。彼がいないと成立しない内容でもあるため、スクリーンに飛び込んでいってメリケンサックで殴りつけてやりたいという気持ちになるのも、それはそれで楽しいものです。
    あと三男の親友役で、私の心を非常に虜にしているデイン・デハーン君も出演しております。この作品では彼の真骨頂、絶望からのダークサイド堕ちを見ることはできませんが、半端ない目力は健在。役どころはコンプレックスを抱えつつも聡明さで南部の男たちにかわいがられている少年というもので、見せ場もあり、ストーリー上重要なキャラクターでもあるため、大変満足せていただきました。

  • トム・ハーディーがよかった。長男もよかった。ガイ・ピアースが気持ち悪い。全体に暗いし嫌な感じがする中でトム・ハーディーがじわじわ素敵に見えてくる。

  • 期待せずに見たらものすごく面白かった!
    ガイピアースすごすぎる。。。強烈です。
    ゲイリーオールドマンもかっこよすぎ。
    トムハーディーの包み込む器のでかい感じと強さがこれまたかっこいい。
    ラストのラストは出来過ぎでちょっとなぁって感じだけど。出てくる人みんな個性があってかっこよかった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする