コレクター [DVD]

  • 83人登録
  • 3.11評価
    • (1)
    • (13)
    • (22)
    • (8)
    • (1)
  • 21レビュー
監督 : モーガン・オニール 
出演 : ジョン・キューザック  ジェニファー・カーペンター  メイ・ホイットマン  ダラス・ロバーツ  ソーニャ・ヴァルゲル 
  • 東宝 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104082541

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コレクター [DVD]の感想・レビュー・書評

  • この相棒、RECでもあごが気になった人だなぁ、
    娘が老けすぎてかわいくないなぁ、と重いつつも
    好きな雰囲気。
    話はベタでも飽きず。

    ラストもあっさり助けるだけと気を抜いていたら
    びっくり嬉しいどんでん返し。
    真相知られず相棒が生き残るから後味は悪し。
    見返すまではいかず。

  •  サイコサスペンス映画。実在した犯罪者をベースに作っているとのことだが、何故か「実際の物語」と翻訳されていた。based on a true story であって it is the true story ではないんだと思うだが・・・。

     サスペンスではお決まりのどんでん返し、もちろんあった。もう一度観なおせば、色々と発見がありそう。ストーリーの流れはよくあるパターンなのだろうが、気になるのがラストの終わり方。最後がハリウッド映画のお決まりと言って良い、よくある終わり方ではないので驚いた。らしくないというか、色々と含ませて終わっている。続編作るつもりだったのだろうか?

     流れがわかっているとは言ってもハラハラさせられて、びっくりもさせられるので楽しめた。しかし、少しだけ物足りない感じも。キャラクターの魅力不足?ディティールの説明不足?もうちょっとだけ長い作品にしても良かったのかもしれない。

  • 頭脳派シリアルキラーに対して、知的に迫るわけでなく、感情的で自己中だったので、この刑事どうかなと思いました。後半、娘が大活躍しますが、魅力に欠けます。全般的にシナリオに悪意を感じました。実話はどの部分でしょう?あの警察隊が突入する状況で、赤ちゃんを連れ出し、隠すことに成功すれば、イリュージョンですよ!

  • 最後のどんでん返しと伏線回収すばらしかった。
    誘拐される娘がかわいくないので、もっとかわいいヒロインを使ってほしかったなあ。

  • 邦題、なんで「コレクター」にしちゃったのか? どう考えても「factory」じゃん? って思う。

    女刑事が共犯ってのはどうなんだろ…意外性はあるけど現実味はないよね。普通に捕まると思うし。
    ゲイリー・ヘイドニクの逸話は単独犯だからか「大家族をつくろうぜ」ってのがマジマッド! サイコ! って感じなんだけど、この映画はなんで里子もらわないの? みたいな、微妙すぎる動機と結末。

  • ジョン・キューザックつながりで鑑賞。邦題の「コレクター」よりも原題の”The Factory"の方がしっくりくる。
    ゲイリー・ハイドニク事件という1986年~1987年にかけてアメリカで実際に起きた猟奇殺人事件をベースにしたサイコ・サスペンス作品。
    所々張られていた伏線をラストに一気に回収してどんでん返しがきたのはびっくり。しかし後味の悪いラストだわ・・・結局娘のアビーは父の相棒ケルシーを怪しんではるものの、犯人だと気付いたのか分からず。

  • この事件多分知ってるんだけど、こんな事になったっけな?という感じなので実際の事件を参考にしただけなのでしょうか…
    フィクションでもノンフィクションでも恐ろしいけどね…一番狂気を感じるのはストックホルム症候群の女
    思っていた展開ではなかったので(私が鈍いだけか?!)楽しめました

  • オススメしない。テーマは暗く不快で、さらにハッピーエンドでもない。映画の常識を覆したかったのだろうが、失敗に終わってる感じ。

  • 終盤まではどこかで見たことあるような作品ですが、ラストはなかなか…上手くひねってあって驚かされました。
    それでもサスペンスドラマだけに感動とかある訳じゃないんで暇つぶしに見るなら悪くないんじゃないですかね〜

  • 面白かったけど苛々する場面とかつっこみたい場面もある。

  • 私も原題「the factory」の方が良いと。以前の映画にあやかりたかったんだろうか。実話に基づいているらしいが、日本でもそんな事件もあったような…。でも、その後の報道がないのはどうして?スポンサーの関係か。
    映画は最後まで面白く観られた。このどんでん返しはちょっと意外。アメリカって誰でも警官になれるの?などツッコミどころはあるんだが。電話のあっちとこっちでにらみ合う二人の戦いが続編か。

  • 後味が好きではありませんでした。なんかモヤモヤする。実話だそうですが、実話もこんな感じ?アレンジなのかな。うーん…
    お話的には面白かったです。こういうシリアルキラーって欧米の映画やドラマによくありますよね。ドラマで言うと『CSI』『クリミナル・マインド』とか。
    黒幕の正体が想像だにしなかったのでびっくりしました。でも、黒幕が分かってから思い返してみると、所々に伏線が張ってあって「あぁ、そういえばそんなこと言ってたなぁ」って箇所がありました。そういうのすごく上手だと思います。
    人って追いつめられると状況に慣れようとするもんなんでしょうね。生きるために。ストックホルム症候群ってこういうことなんだろうな、って思います。主人公の娘さん、強いですね。
    それにしても、生産工場の意味を知ってゾッとしました。
    手に入らないものは欲しくなる。絶対に手に入らないからこそ欲しくなる。あながち分からないでもない感情なのかな、って思いました。
    最後のオチ...大どんでん返しはよかったけれど、あの結末さえなければ★5つでした。

  • そういう落ちか…
    知能が高いのにそういうことをする必然性・というか狂った描写がもうちょっと欲しかったなぁ。

  • なんなんあのおばちゃんみたいな子、と思ってたけど、オチには満足。

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え
    *
    *
    *
    とても面白かった!
    途中で何が起こっているのか気がついた!
    それをふまえてみるとまた面白い。
    あの男は狂人だけど良い人だね。
    この作品の方がよっぽどブリーダーってタイトルが似合うわ。
    でも飼育じゃなくて家族を増やすからコレクターか。
    てっきり金だけの付き合いかと思ったら意外だった。
    でも原題の「the factory」のほうがもっと良かった。

  • 不気味な地下工場があった。



    THE FACTORY

  • ( ・_・) Morgan O'Neill監督。
    John Cusack主演のサイコ・スリラーだ。1980年代に米国で起きたゲイリー・ハイドニック猟奇事件を基にしているが、ストーリーはかなりアレンジしているようだ。せっかくなら単なるエンタメ・スリラー作にせず、真実のストーリーで映画化して欲しかった。
    また邦題の付け方といい、広告で“これは実話である”と表現していたり、日本の配給会社はかなりいい加減だ。

  • 刑事・マイクはニューヨークで多発している謎の娼婦失踪事件を追っていたが、捜査中に娘のアビーが失踪してしまい、助け出そうと犯人を追うが…。サイコ・サスペンス。
    ラストのどんでん返しは個人的にはあまり納得できないけど、中弛みはしないので最後まで飽きずに見る事は出来ます。まあまあかな。

  • コレクター内容も驚きでしたが、
    結末は、大どんでん返しでさらに驚きます。
    ただ「えええー」というような感じだけで
    他の感情が何も湧いてこなくて残念でした。
    もしかして、ストーリーが少々強引過ぎたのかもしれません。
    でもそれなりに楽しめました。

  • 制作年:2012年
    監 督:モーガン・オニール
    主 演:ジョン・キューザック、ジェニファー・カーペンター、メイ・ホイットマン、ダラス・ロバーツ
    時 間:104分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、英:ドルビーデジタルステレオ


    連続娼婦失踪事件を3年も追っている刑事マイクと相棒ケイシーは、新たな被害者の詳細を知って凍りつく。
    それはマイクの17歳になる娘アビーで、誘拐犯罪は48時間以内に解決しないと生存率が下がるため、彼は執念で犯人を追跡。
    一方、地下室に監禁されたアビーは犯人の異常な目的を知り…。

全21件中 1 - 21件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コレクター [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

コレクター [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

コレクター [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする