dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • プレジデント社 (2013年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910060051231

dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 日本ワイン特集。

    同じ品種にもかかわらず、造り手や産地によって
    様々な表情を見せるのがワインの魅力である。

    過去の日本ワインは醸造時に過剰に補糖しているものが多く、
    不自然な甘さが出てしまったワインが店頭を占めるようになり、
    その悪いイメージから、
    ワイン愛好家からは長年敬遠されてきた。

    いいワインにはその味もさることながら
    物語を喚起させるような世界観がある。

    今まで「国産ワイン」と表記されたワインでも
    ほとんど海外から輸入された果実原料が使用されてきた事実。
    これは本当に屈辱的なことだと思う。
    「日本ワイン」と銘打つからには、
    日本のワイン造りに携わる者に対して、プライドを見せる格好の機会になる。

  • 若林さんの自然派ワインに対する解説あり

  • まさにこれからのワインの参考に。

    年に一回なのか、特集されるワイン。

    以前お話ししたことのあるワイン好きの方が
    特集はチェックしている、と話しており、
    これかとチェックしてみました。

    <ほぼ1000円ワイン大試飲会!>
     なにせ先日リーデルのワイングラスを買ったばかりですから、
     ワインを買って飲みたくてしょうがない!

    <今おすすめのお手ごろな白ワイン>
     
    「ヴィーニョ・ヴェルデ」。微発泡ということで、気軽に飲めそう。

    テラノッサ ヴィーニョ・ヴェルデ
    ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ

    お店によって取り扱いが違うだろうから
    何かしらのヴィーニョ・ヴェルデを試したいと思います。

    テラノブレ シャルドネ 2012
    730円というお値段に惹かれて!
    amazonで見たら700円以下になってました。
    自分1人飲みならこれくらいで買えると助かります。

    ブリッロ2012 1000円
    このラベルは一度きれいで飲んだことがあります。
    確かに飲みやすかったので、次は2012年かどうかを
    きちんとチェックしたいと思います。

    <今おすすめのお手ごろな赤ワイン>

    チリ ピノ
    エコ・バランス ピノ・ノワール2012 1031円
    ガサック・クラッシック・ルージュ2011 1050

    ここまではワインショップでこのラベルを探す時に
    活用したいと思います。
    ワインショップは下の方に。

    <佐々木賢さん&佳津子さんの「農楽蔵」>
    「のらくら」というワイナリー。佐々木賢&佳津子さんが、
    それぞれが自分の強みの分野を国内外で作り、
    その後北海道にワイナリーを作り、そこで作るワイン。

    日本で数多くワインが作られていることは知ってましたが、
    北海道はなかなか目にしたことがないので、
    気にかけてみたいと思います。

    <最新! スパークリング辞典>

    炭酸好きですので、スパークリングワインが好きです。
    目黒の立ち飲みshin(これは行ったことがあります)
    と並んで気になっているシャンパンのお店、銀座の
    「サロンド シャンパーニュ ヴィオニス」が掲載。

    次の日を気にしなくて良い日に、訪れたいです。

    ・スペインの本格派「カヴァ」
    「バール エ エノテカ インプリチト」恵比寿

    雰囲気良さそう。東4ー6ー3という住所からして、駅から遠そう。
    お店のおいしさは駅からの距離に比例することが
    多いと思っているので行って見たいです。

    <日本製生ハム>
    「セラーノ」という生ハムを作っている会社があるとのこと。
    ナショナル麻布で取り扱いあり。
    クリスマスか年末に買ってわいわい食べたいです。

    ・エノテカクリッカ
    東京都港区白金6-23-1
    ・ワインの樹
    東京都渋谷区東2-15-2
    ・ソーセージhayari
    東京都渋谷区恵比寿3-48-5 グランデ恵比寿 2F

    このあたりも、なんとなくお店は見ているはずです。
    勇気を出して、入ってみたいと思います。

    <私的読食録>
    角田光代さんが食に関する本について書いているコーナー。
    今回は開高健「ロマネコンティ・1935年」。
    引用されていたところを見ただけで、
    その表現に触れて見たいと感じました。

    語彙が増えると、それだけワインを自分の中で
    認知させる手段が増えて奥行きが広がるような気がします。

    チェックしたワイン、ワインショップ、飲食店、関連食材店を
    候補リストにいれて、機会があったら試したいと思いました。

    最近はブログに書きっぱなしで、分類ができていないのが課題です。
    年末年始にきちんと情報を分類したいです。

  • 1000円前後のおすすめワインもあるし、ワイン入門としては、うってつけっぽい本で、ほんとに惹かれる

全5件中 1 - 5件を表示

dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

dancyu (ダンチュウ) 2013年 12月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする