ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]

  • 1383人登録
  • 3.79評価
    • (179)
    • (313)
    • (234)
    • (41)
    • (10)
  • 313レビュー
監督 : アルフォンソ・キュアロン 
出演 : サンドラ・ブロック  ジョージ・クルーニー 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2014年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967075564

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 宇宙(そら)と地球(だいち)

    見たもの全てを包み込み
    新たな映画の幕開けになるだろう

    悲しみや苦しみ辛さは増幅する
    そして温さで覆いつつまれる

    大地が空が恋しく愛しくなる。

    山の上や高い建物の上で危ない思いをすると早く地に足をつけたいと思うのにそれでも人は空に憧れるんだよね
    あの空を自由に飛べたならってね

  • 宇宙空間に浮かぶスペースシャトルの船外で作
    業中だった女性メディカルエンジニアと宇宙飛
    行士が、事故に遭い遭難してしまいます。
    彼らは無事に生還できるのか?
    今この瞬間、空を見上げれば起きているかもし
    れない極限のサバイバルは、かつてないほど臨
    馬感あふれるビジュアルも相まってリアルその
    ものでほとんどのシーンをたった一人で演じき
    ったサンドラ・ブロックの熱演が見所です。
    宇宙空間の描き方がとても印象に残り、映像自
    体がきれいで、物体が迫ってくる場面の描写な
    ど、実際宇宙で事故が起こるとこうなるのでは
    と思わせるものはがりで、流石アカデミー賞最
    多7部門を受賞したことに納得した作品です。
    ジョージ・クルーニーより、サンドラ・ブロッ
    クの演技が光っていたと思った映画です。

  • 船外活動中の女性宇宙飛行士が、思わぬ事故で宇宙空間を漂流することに。知恵と勇気とチームワークの勝利を謳いあげた『アポロ13』と同様の設定を用いながら、残酷で美しい力に満ちた世界を描き出してみせた。
    緊迫に満ちた映像は、サンドラ・ブロック演じる主人公の主観から、一瞬も焦点を逸らさない。支えてくれる頼もしい男性はいても、それは愛に発展することなく、彼女の孤独を際立たせるのであり、愛する娘はいても、もはや彼女を生にひきもどす理由にはならない。壮絶な孤独を噛みしめながら、誰かのためではなく、生き続けるという苦しい闘いに再度身を投じるような、真の意味で自律するヒロインを、かつてスクリーンで見たことがあっただろうか。
    ラストシーン、大地を踏みしめて立ちあがる姿はただ美しい。そこに映る「グラビティ」の文字に、ひとりが背負って生きていく重さを噛みしめる。これまでになかった種類の傑作だ。

  • 「天国の口、終わりの楽園」で監督、
    「ルドandクルシ」「パンズ・ラビリンス」で製作などを務めた
    メキシコ出身の映画監督、アルフォンソ・キュアロンの手による作品。
    彼は大学時代、映画製作とともに、哲学を学んでいたという。



    日本人で初めて、8000m峰14座完全登頂を達成した竹内洋岳は、
    酸素濃度8.5%、気温零下50度前後になる頂きについて、
    「人間が存在してはいけない過酷な場所」、
    「8000mの世界に入っていくというのは歩いて宇宙に行くようなものだ」と言った。

    過酷な登山を題材にした小説や映画には、
    極限状態における圧倒的な恐怖や絶望や孤独、
    その中から立ち上ってくる削ぎ落とされた死生観を描いた作品が多い。

    宇宙空間を舞台にした『ゼロ・グラビティ』は、
    3D上映の特性を最大限活かせるよう工夫を凝らした映像美と、
    SF映画らしいツボを押さえた宇宙服のデザインや交信のノイズ、
    無重力状態での物体の動きで目と耳を楽しませ、
    エンターテイメント性を十分に確保していた。

    その一方で、サンドラ・ブロック演じる主人公の
    決して数多くはない独白や息遣いの中から、
    怯えと混乱、自制心と集中力が錯綜しながら交互に訪れる様を描き出した。
    そういう意味で、極限を描いた登山映画のようだった。



    ほぼ全編、ジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックの2名しか登場しない。
    後半は専ら、サンドラのみを丁寧に映す。

    燃料も体力も万策も尽きた主人公が、ソユーズの操縦室で生還を静かに諦め始めてからのシーンが良い。

    主人公のパニックや情動の遷移を、
    めまぐるしいカット割りや斬新かつショッキングな音楽で演出するのではなく、
    むしろノーカットで丁寧に描き、奇抜ではない素直な効果音を添える。

    サンドラの声が、いい。
    高い知性を感じさせながらも、技術や精神力の不安定さが伺える声色で、
    決して男性的ではないが、ヒステリックな女臭さを感じさせない、
    その一歩手前の高さの声がいい。

    通信用の無線が拾った地上の声に反応し、
    自身の心が創りだした声と対話と対話するサンドラの声に聞き入る。
    サンドラの目から溢れて宇宙空間を漂う、涙の水滴に感じ入る。
    G・クルーニーの台詞が、説教臭くも押し付けがましくもなく、胸に迫る。
    自分で自分を律するということは、こういう心的作業を指すのだろうと思った。





    それはさておき、
    宇宙船の丸い窓と、ハッチをこじ開ける動作と、
    ゴツい宇宙服の中から現れる白い太ももは、ロマンだと思う。

  • Blu-rayで観た。映像がとても美しかった。
    まるで自分が宇宙にいるよう。
    宇宙空間のリスクをリアリティーを突き詰めて描いていた。
    映画館でみたら酔うだろうな、家でよかった。

  • 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。 (シネマトゥデイ)

    なんというか・・圧巻!最初からほとんどずっと宇宙空間なんだけど、すごいドラマ。
    初めは、酔ってしまいそうな感覚です。こんなこと、実際はあるの?ないでしょ?でも未知の世界だからわからない。自分が絶対体験できないことをこうして体験しているような感覚になれるという、映画の醍醐味を感じました。面白かったです。

  • ラストまで見て、感動して泣きました。

    宇宙空間を表現した撮影、俳優の演技は真に迫るものがあり鑑賞中は少しも目が離せない。

    広大という言葉では表現できない程、深遠の宇宙なはずなのに、とてつもなく閉鎖的。
    時間も場所もどこまでも自由なはずなのに、生き抜くためにどこまでも不自由。

    幾重にも重なる困難と試練を乗り越えた先のラストシーンが必見だ。

    主人公は宇宙からの生還を果たし、水に沈み、泳いで水辺へ立ち、そして自らの足で大地を踏みしめ陸に上がっていった。

    私はこの映画を通して、人がこの地球に生まれてくるまでの歴史を感じられた。
    この世界にやってくる前に、もう既に宇宙からの旅をしてきたのだな、と。

    今がある自分達は、多くの危険を乗り越え奇跡的なチャンスを手にして生まれてきたの。そんなメッセージを感じた。

    映像技術とか、諸々の感想は他の方におまかせします。これはあくまでも私が感じた感想ね。

  • 少々値は張るけれども3D IMAXで見ました。
    この選択は大正解だと思いました。

    これは凄い映画だった。
    この作品がもたらしてくれる貴重な映像体験は特筆モノです。

    今まで見たどのSF映画よりも生々しく
    宇宙空間を浮遊する疑似体験をさせてもらった気がします。

    文字通り地に足の付かない感じ
    人間の余りにもちっぽけな存在
    不安、孤独、絶望、希望・・・

    サンドラブロック、ジョージクルーニー
    ほぼふたりのみ。
    そしてサンドラのひとり芝居大会。
    カメラアングルも観客が宇宙服の中にいるようなカットが
    随所にあってそれが緊張感を更に高めていました。
    最初から最後まで手足が緊張で突っ張ってました。

    映像がもたらす擬似体験がこれほど凄い映画も稀だと思います。

    これは劇場で、できればIMAXで。

  • これ多分、3Dとか4Dで見ないといけないやつだよね。

  • スケールのデカさ

  • (映画館にてIMAX 3Dで鑑賞時の感想)

    I hate space!

    前評判通り、素晴らしい映画!
    非の打ち所がない、ほぼ完璧に近い出来だった。
    手汗オンザハンドの脇汗大殺界。
    確かに、どうやって撮ったんだ?てなる。
    早くメイキングが見たい。
    サンドラ・ブロックの独演が良く取り沙汰されるけど、それ以上にジョージ・クルーニーが最高にクールだった。

    あと2Dがもうやってなくて、仕方なく初3Dだったけど結果的には良かった。
    他の映画でどう感じるかは不明。

    とりあえずポップコーンは開演前に完食すべし。
    始まったら食べてられないよ、色んな意味で。

  • サンドラ・ブロックの私が宇宙から脱出した方法

  • 生きられない宇宙だからこそ
    生きる力が強く働いたのだろうか。

    ジョージクルーニー役が
    宇宙兄弟のブライアンにしかみえなかった。


    こざっぱりとした
    思ったより熱いストーリーと
    ぜひ大スクリーンで観たい映像美。

    お楽しみください!

  • ただただ、どうやってこんな映画作ったんだと、驚きばかり。
    主人公の力強さが印象に残った。もちろん宇宙と地球、重力も。

  • 宇宙空間の映像凄いですね~。
    映像体験とはまさにこのこと。
    無重力空間は、どうやって撮影したんでしょうか。

    ストーリーは事故にあった宇宙飛行士が地球への生還を目指すというとてもシンプルなものなんですが、他の方がレヴューで書かれているように、地球への生還が生命誕生のメタファーになっているようです。
    地球へ向かうときに赤ん坊の泣き声が聞こえるのはそのせいなんですね。

    そう読み取るとすごく壮大な物語のように感じますが、自分にはその壮大さがイマイチ伝わってこなかったのがちょっと残念だったかな。。。

    ラスト、大地を踏みしめて立ち上がるサンドラ・ブロックを物凄く低いアングルで捉えたカメラが印象的でした。
    ずしりとした重力を感じましたね。

    (2013年 アメリカ/イギリス)

  • これは映画館で出来れば3Dでみないといけない映画だと思った。そうしたら☆の数が変わりそう。お茶の間で見たので緊張感が台無しだった(笑)

  • 初めて宇宙飛行士として船外活動に参加したライアン博士。
    ミッション完遂間近、重大なトラブルが発生する。

    生物として「生きる」と人間として[生きる]の違いを感じた。

    物語全体を貫く構成には、人間の誕生が下敷きにある。
    精子と卵子が出会い、胎内で奇跡的な確率で苦難を乗り越え、
    外敵が一切いない絶対安全な子宮から、死と隣り合わせで産道を通り、
    社会へ誕生してくる、そんな人間誕生の軌跡。

    サンドラ・ブロック演じるライアン博士は
    宇宙飛行になるクラスの高度な専門性を持つスペシャリストだが、
    過去に4歳の愛娘を事故で亡くすという過去を持つ。

    音、気圧、酸素がなく、生命体が存続できない空間。
    大きな喪失感を抱えた彼女は、人類の叡智の結集としてではなく、
    個人の諦念の極致として、つまり死の象徴として
    宇宙へ魅せられている節を漂わせている。

    劇中最大の山場、死を覚悟したライアンにマットが
    「ここは居心地がいい」と語りかける場面から、
    ライアンの覚醒が始まる。
    マット氏はジョージ・クルーニーが好演。カッコいいぜ。

    ライアンは生物としてただ「生きる」という状態から
    人間として「生きる」という状態へ一歩を踏み出す。
    それによって、身の回りに振りかかる数多の致命的厄災を
    ギリギリのところで奇跡的に乗り越えていく展開が小気味いい。

    タイトルのゼロ・グラビティは無重力という意味。
    人間として生きるには、物理学的なものだけでない、
    意思という重力が必要。

    ちなみに、ロシアの衛星に迷惑をかけられ、
    国際宇宙ステーションに逃げ込むも頼りにならず、
    遠く離れた中国に助けを求めるあたり、
    アメリカから見た国際情勢史を表しているようで、面白い。

  • 今まであったものが急激に離されていく、あらゆるしがらみから解き放たれるのではなく、引き離されていく場所が宇宙。
    あらゆるしがらみ、重力であったり物であったり人であったり、あらゆるものがゼロだが、ラストに向けてゼロから取り戻すあの台詞の無いシーンが印象的でした。

    技術による速さが、私達から愛とか思いやりを遠ざけ引き離しそして孤独(宇宙に例えているのかもしれません)にさせていく中、改めて大切なものに気づく、別の意味でもゼロに近しいものを取り戻す意味がこめられていると感じました。

    このようでは、人類が生み出した技術に笑われる、そんなのは皮肉だ。
    様々な意味をこめて2001年宇宙の旅を強く思い出した。

  • 面白かったです。真っ暗で静かな空間でみることをお勧めします(笑)

    簡単に言うとサンドラブロック演じるライアンが宇宙空間で一人になってしまうも、なんとか地球に帰る話です。
    ストーリーは予想できるんです。けど、その実現性がほんとにリアル!宇宙ってこうなんだなあ。こういうことって本当に起こりうるんでしょうか??!!

    まあ、以外と短かったです。

    まず、ほぼ、サンドラブロックとジョージクルーニーしか出てきません。
    この二人でこのはらはら感、すごい。
    序盤のやりとりだったり、途中ジョージクルーニーの幻想をみることでもう一度やる気を取り戻したり、サンドラブロックの支えになるのは展開的に理解できるんですが、娘の存在?というのがなんかうっすらしすぎてよくわかりません。
    生前の娘の回想シーンとかあるとよかったかなと思います。なんせ会話の中で出てくるだけですから。そこだけちょっとマイナス。

    最後、、地球に生還したときに、ふらつきながらも立ち上がるところ、すっごく良かった。セリフなしでも語る姿!!

  •  ロシアが破壊した人工衛星の破片が任務中だったアメリカのスペースシャトルに激突。二人の宇宙飛行士はスペースシャトルから大きく飛ばされてしまい…

     自分の中でSFは大きく分けて二つのものを描いていると思っていて、一つは進んだ科学技術の中で生まれる人間の悪い部分の本質をさらけ出そうとするもの、
    そしてもう一つは進んだ科学技術の中だからこそ気づかされる、本質的な人間の可能性や素晴らしさを描こうとするものです。
    そしてこの映画は間違いなく後者の作品だと思います。

     広大な宇宙空間、孤独に絶望する主人公。孤独が人間の抱え持つ本質的なものなら、その孤独の中でも希望を見出し立ち上がるのも人間の本質なのだと思います。死を覚悟した主人公が友に励まされ生きることを決意するシーンは本当に胸が熱くなりました。

     そして話題になった映像美や無重力空間を表現した演技も素晴らしいの一言に尽きます!

     映画館で見たときも感動したのですが、今回改めてみて宇宙空間や地球から朝日が昇るシーン、破片の衝突シーンはやっぱり壮観でした。

     カメラも主人公目線から観客目線に自然にスイッチし、主人公目線では本当に宇宙に漂っているよう、音響の使い方も良かったと思います。

     そして主演のサンドラ・ブロックがすごい! 実際に無重力空間の雰囲気を出すため、ワイヤーにつられながら様々な体勢で演技をしていたそうですが、
    そんな不自然さを全く感じさせず、まるで本当に無重力空間で撮影していたかのような自然さでした。

     また中盤以降ほとんどサンドラ・ブロック一人しか画面上出てこないのですが、それでも飽きずにずっと作品に引き付けられていました。

     状況は大きく違いますが、ずっと一人で演技をすることの不安感は、宇宙空間に一人取り残された主人公とどこかしら被るようなものがあると思います。そうしたものがあったからこそ彼女の演技に真に迫ったものを感じたのかもしれません。

     生きる、という単純なことを、とても力強く雄大に描いた映画だと思います。

  • 映像は本当に素晴らしい。ともかく、全てがはじめてみる景色だった。目がまんまるになった。ただ、個人的には、映画にそういうものは求めていないことがわかった。ただ、本当にすごい!すごいしか言えない。理解できない。

  • 完璧‼
    もう、本当に素晴らしい作品です。
    宇宙って怖いところだ。
    宇宙って美しい。
    無重力ってこれまでもいろんな映画で見せてもらってきたけど、この作品のおかげで物凄く分かったような気がしてしまう(笑)しかしどうやって撮ってるんだろう~

    宇宙は誰しもが簡単に行ける場所ではないからこそ、其処で死んではいけないだね。どんなに絶望的な状況でも諦めてはいけない…それは大事にしている事、物、場所をもっと沢山の人に知ってもらう為の積み重ねになるから…だから本当の素晴らしさも知らずして、忌み嫌われるような場所やモノにしちゃいけないんだね。そこに到達したものの義務として、ちゃんと帰還すると云う事は
    一番大事なミッションなんですね。
    いやぁ~本当にいい映画でした。素晴らしいです。

  • 私は入り込めなかった。なんか、宇宙飛行士って極限の状態で正しく決断と行動ができるように厳しい訓練を受けてるはずなのに、主人公めちゃめちゃ慌ててるし。

    それでもそうなるのだ、という話ならまた私の見方がちょっと偏屈だったかもしれない。

    ドキドキ、はらはら。

  • この映画を見ている間だけ宇宙に放り込まれた気分になる。
    90分間、息がつまり、苦しくなり、まるで息をしていなかったような気持ちになる。
    観終わったら疲れてるくらいの緊張感。
    本当に映画らしい映画だったと思う。
    サンドラ・ブロックの演技が本当に素晴らしかったし、所々にちりばめたSF映画オタクが喜ぶ要素といい、素晴らしい。

  • 友達にほとんどネタバレされてから観たのだけど、全然問題無かった。
    むしろ、ソユーズに乗り込んできたマットが幻だと知ってた分、ライアンにポジティブな言葉を投げ続けるのを見て泣けた。

    映画が終わってから初めて原題が「GRAVITY」だったことを知って、邦題を「ゼロ・グラビティ」にしたヤツはふざけてやがると思った。

全313件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする