トゥ・ザ・ワンダー [DVD]

  • 82人登録
  • 2.65評価
    • (1)
    • (8)
    • (12)
    • (9)
    • (7)
  • 15レビュー
監督 : テレンス・マリック 
出演 : ベン・アフレック  オルガ・キュリレンコ  レイチェル・マクアダムス  ハビエル・バルデム 
  • 東宝 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104082596

トゥ・ザ・ワンダー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.1.15 鑑賞

  • いやー、これはきつかったなぁ。ほとんど苦行みたいな気持ちで最後まで見ました。テレンス・マリックの人生なんて、こっちには関係ないよ!!

    登場する女性ふたり(オルガ・キュリレンコとジェーン - レイチェル・マクアダムス)はとても美しく撮られているし、しばしば写される空も印象的ですが、それだけじゃついていけないっす^^;

  • でたよ〜。でました。超自己満足!会話がほとんど無く、独白を重ねて、いかにも哲学風です。男は環境調査員なのに、ろくな仕事もしないで、町は汚染され、病人がでています。女は、子供に去られ、男とも別れ、とっても情緒不安定です。神父は、神に会えず、自己否定に陥っています。でも、メッセージ性は感じません。雰囲気作りかしら。取り柄は、映像詩と言えるほどの美しい描写と唸るほどセンスのいい音楽のチョイスです。ここは超一流でした。

  • この映画大好き!!それぞれの登場人物のモノローグから構成された会話のシーンは、想像力が刺激されるような映像と重なって、見ていていて感覚的になる。またモノローグがそれぞれの感情ともつながっていく感じは「ダロウェイ夫人」を読んだ時を思い出したた・・・!

  • 不思議な映画だった。

    人生で初めて全く意味がわからない映画を観た。逆に凄みを感じてしまう。

  • 映像綺麗だけど、内容不明。長い。

  • 美しい景色。
    流れるようなカメラワーク。
    詩のような台詞。

    前作『ツリー・オブ・ライフ』同様、
    佇まいは美しいが、映画としては只管退屈。
    そんな作品。

  • 映像と言葉が美しい観念的な作品。
    やっぱりあれはハビエル・バルデムだったよねってエンドロールで気付いた。
    ベン・アフレックだったのは気づかなかった…。

  • この監督の作品はよく分からないのだった。表現もあいまいだし、結末もよくわからない。

  • 気合をいれて見ないとこういう評価になる映画

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トゥ・ザ・ワンダー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

トゥ・ザ・ワンダー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

トゥ・ザ・ワンダー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする