黒田如水 [Kindle]

  • 123人登録
  • 3.85評価
    • (11)
    • (27)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 吉川英治
  • 2013年10月22日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太宰 治
夏目 漱石
中島 敦
高野 和明
ジェームス W....
夢野 久作
堀 辰雄
坂口 安吾
夏目 漱石
デール カーネギ...
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

黒田如水の感想・レビュー・書評

  • 黒田如水/吉川英治 著 を読みました。

    大河ドラマの影響で書店にはたくさんの黒田官兵衛関連の書籍が並んでいるので
    影響されて読んで見ました。放送は観ていないのですが……


    黒田如水が、小寺政職の配下であった時代から、織田家の家臣となり、荒木村重との交渉に失敗して
    幽閉・救出されるまでの20代~30代ぐらいまでのお話です。
    秀吉の参謀として知略を尽くした印象とは違って、旧恩を重視して失敗してしまいます。

    以前の上司である小寺の信書を携えて荒木との交渉に臨んだものの、
    思いがけないことが書かれており窮地に陥るなど、戦国の時代とはいえ悲惨なものと考えました。

    > 官兵衛の考えにしてみれば、小寺政職が彼にたいして、その書面のうちに、切に信長へ帰服することを勧めているものとすれば、
    >村重が顔色を変えるのは、無理もないことで、むしろいかに主人小寺政職が、それを文の内容に強調しているかがわかるほどである
    >――と、独りそう頷うなずいていたものだった。
    > ところがである。何ぞ計らん、政職の手紙の内容は、思い及ばない事だったのである。
    > すなわち政職は、自分の手で官兵衛を刺殺することは甚だまずくもあり、四囲の変乱へんらんも予想されるので、その書中に、
    >――当家の家老官兵衛を、そちらへ使者としてさし向けたが、この者は由来強硬なる織田方の執心者しゅうしんしゃ故、この者ある
    >うちはとかく毛利家とも尊兄そんけいとの盟約めいやくも遂行すいこういたし難い。よろしくこの機会に、ご城内において刺刀とどめ
    >を加え、二度と中国へ帰ることなきように計はからっていただきたい――
    > という旨が認したためられていたのである。
    > すぐ前にその当人がいることなので、――正直な村重はぎくと色を更かえざるを得なかった。村重はまったく慌あわてた。しかし、
    >智 略ちりゃく自他ともにゆるす官兵衛はかえってそれを見誤っていた。

    また、小説ではそこまでの言及はないのですが、このようなことがあったあとでも荒木は茶人として、小寺も黒田家配下として、天寿を全うしている点も興味深いです。

    この本のサブ主役ともいえる荒木ですが、戦況が不利の状況で毛利の援軍がきっとくると信じるありようや、
    奥方に言いくるめられてしまうていなど時流が読めなかったなどの人物評や謀反の理由など著者によって書き方が変わる部分ですね。

    別の黒田の小説を見るときの視点として、この部分にも注目すると面白いかなと思いました。

  •  たぶん高校生のころに一度読んだことがある歴史小説。黒田官兵衛が地方の小寺家の家老であったところから、織田信長に味方することにして羽柴秀吉と仲良くなりその片腕として慕われるようにって来るころまでの半生を描いている。主人公のもっとも輝いていたのであろう時期を特に選んで描いているからか、最後まで退屈することなく読めた本。

  • 大河ドラマで軍師官兵衛見て面白かったので、Kindleで探して読んでみた。
    ドラマよりフォーカスされてる期間が短いんだけど、有岡城から救出され、息子に再会するところまでぐっとくる!!
    三国志も吉川英治派の私としては、満足な読後感だった。硬めの時台風な表現だけど、人間味がしっかり伝わってくる。
    ドラマ、上手いこと膨らませていたからなかなか面白かったんだなあ。

  • 本能寺の変前、黒田36歳までの物語。
    面白いけど、黒田官兵衛の凄さは伝わらない。
    竹中半兵衛のほうが印象に残った。

  • 歴史小説というものをあまり読まないのだが、これは面白い。史実に忠実なのかどうかも分からないけど、作者の人物描写がどれも活き活きとしていて、話の世界に、どんどん惹きこまれていった。
    時代的には、黒田如水が幽閉され、中国攻めの頃の話までなのが残念だった。

  • 黒田如水といえば、策士、謀略家という印象が強い。身体が不自由なせいもあるが、武ではなく、知を駆使して戦国の世を生き延びた武将だ。

    しかし、吉川英治が描く黒田如水は謀略家ではなく義理・人情に厚く、正義に真っ直ぐな人物。如水は羽柴秀吉や竹中半兵衛との友情を大事にし、親として我が子を愛おしむ気持ちを隠さない。そんな如水に応えるように家族や家臣も彼を慕い、ついには織田信長まで彼に一目を置くようになる。

    そんな如水だが、人を信じ過ぎたために、主君の小寺政職の裏切りにより荒木村重によって地下牢に幽閉される。なんとか救出されるが、片足を失ってしまう。この監禁生活により、猜疑心が強くなり、黒田如水は謀略家へと脱皮する・・・、ということにはならない。如水は救出に努力してくれた者への感謝を示すことはもちろん、彼を陥れた者たちも赦す。黒田如水はなんともよくできた、すばらしき正義の人だった。

    小説のタイトルは「黒田如水」だが、作者が描いたのは謀略家黒田如水になる直前の「黒田官兵衛」だった。

  • まだ読んでいませんが
    是非読みたい一冊です

  • 時代小説として構えて読み始めたが、
    読みやすく面白い。

  • テレビで見るのもいいが、私の場合は、本で読む
    方がさらにいい。
    歴史ものは「宮本武蔵」などは読んでいるが、
    まだ多くは読んでいない。
    加齢に基づくものだろうか、歴史ものが最近、
    特に面白く感じるようになってきている。

  • 面白かったけど、秀吉が私のイメージと違っていた。吉川英治はかなりの秀吉びいきだ

  • Amazonでただだったので買ってみました。
    秀吉麾下になり、幽閉されて出て来て、さてこれからさらに面白くなるんだろうなぁ、と言うところで終わるところがむしろ良いです。
    半兵衛と黒田父子との関わりが爽やかに描かれていたのが印象的でした。

  • 最近見始めた、大河ドラマをフォローする為に読む。描かれる時期がちょうど重なり、ラッキー。本は、中国大返しの前まで。忠義・清廉の軍師として描かれており、大河とイメージが重なる。

  • 黒田如水が出家して如水になる前の話.
    思慮と決断力と人情を併せ持つ人物として描かれている.
    男同士の友情には感服.

    が,まあ史実とはちょっと離れた三国志演義を読んでいるような気がした.実際に漢籍からの引用や難しい言葉が多かった.

  • 面白かった。合戦の戦略よりも同盟関係、交渉が軍師の役割だったのだと今更気づいた。

  • ・・・・・・っということで、黒田如水Who?状態で読んだら、黒田勘兵衛のことだった。

    ・・・って思っていたら、NHKでやたら黒田勘兵衛の番組宣伝をしている。

    えっ??

    2014年のNHK大河ドラマが黒田勘兵衛だったのだ。

    何たる偶然。

    全く知らずに読んでしまった。

    ・・・・・・っで、読書感想文。

    吉川英治って小説化希望だったと判る。

    歴史小説って、ドキュメンタリーに限りなく近い書き方、

    例えば陳舜臣はその代表だと思うのだが、吉川英治はほとんどフィクションに近い。

    まるで自分が見てきたようなウソをつくというが、まさしく彼はなんら臆することなく想像の翼を広げるだけ広げて書いている。

    この小説を読み進むうちに、最初はドキュメンタリータッチなのだが、途中からまるで講談を聞いているような気分にさせられる。

    これはこれで面白い。

    前半は読み進むのに時間がかかったけれど、後半はあっという間に読み終わってしまった。(;^ω^A

    小説は彼のほんの前段で終わっているけれど、この後彼は江戸初期まで生きたことを知った。

    印象に残ったのは、本人より戦国時代の女性の生き方。

    遠藤周作が書いた荒木村重の「反逆」を読んでいたので、重なる部分が多かった。

    ホントーに信長、秀吉、家康に繋がる時代は世界的な観点からしても面白い。

    NHKの大河ドラマは、全く見なくなって久しいけれど、今回は見てみようかな。

  • 坂口安吾の二流の人と葉室麟の風の軍師も合わせて読んでみました。
    筆力は吉川英治が一歩抜けていると感じました。他の方のレビューにもありましたが、なぜ中国攻めや関ヶ原を書いてくれなかったのかと、残念です。
    安吾も葉室麟も悪くはないのですが、キャラクターが生き生きと動き出すような吉川英治のような躍動感がほしいな…

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

黒田如水を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒田如水を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒田如水はこんな電子書籍です

黒田如水のKindle版

ツイートする