嘆きのピエタ [DVD]

  • 148人登録
  • 3.67評価
    • (16)
    • (28)
    • (19)
    • (6)
    • (3)
  • 28レビュー
監督 : キム・ギドク 
出演 : チョ・ミンス  イ・ジョンジン 
  • キングレコード (2014年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003822781

嘆きのピエタ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ~★~全くハラハラドキドキしなかった~★~

    韓国映画の復讐もんはやっぱ「オールド・ボーイ」かな。

    ラスト近くで、
    TVのモニターが真っ暗になったままの時間がやけに長く、
    ありゃ~!とうとうTV壊れちゃったのかぁ!って、
    かなり焦って早送りテストしちゃいました・・・

    こんなところでドキドキさせるのか!・・・はぁあ~、

    それと、どうしても腑に落ちないシーンがある、
    ニセ母親が投身自殺する寸前に婆さんが
    突き落とそうとしていたけど押す前に落ちちゃった・・・
    その婆さんの立場ってどうなる・・・の?

    なんだかなぁ~でした

  • 2012年 韓国
    監督:キム・ギドク
    出演:イ・ジョンジン/チョ・ミンス
    http://www.u-picc.com/pieta/

    文芸座が上映してくれたので久々のキム・ギドク。今回も相変わらずヘビーな内容でした。

    生まれてすぐに母親に捨てられた天涯孤独の非情で残酷な借金取りの主人公(30歳男)の前に、ある日突然母親だと名乗る女が現れる。最初は疑っていろいろ彼女を試すようなことをするも、結局その一途さにほだされて信用してしまう男、しかし実は・・・

    平気で他人を傷つけてきた残忍な人間が、愛を知ってしまったがゆえに失うことの恐怖を知る、という設定自体は結構ベタなものだと思います。復讐を完遂するためにまずターゲットの信頼を得てから、突き放すことでより相手を傷つけるというやりかたも目新しい手段ではないし、なおかつ復讐するつもりで近づいた相手を、いつのまにかちょっと好きになってしまう・・・というのもわりとベタだと思う。

    にも関わらず、ありきたりな復讐劇にも、お涙頂戴感動作にもならないところがキム・ギドクの手腕。えぐい場面も結構たくさんあるのだけれど、それをグロいと感じさせない映像処理の仕方やカメラワークもさすが。視覚的にグロいものを見せることで恐怖を煽る安っぽいやり方はしないで、それでいてきちんと「えげつない」のがすごい。

    「贖罪」は、この監督の映画に共通のテーマだと思いますが、えげつないのに美しいと感じさせるラストシーンは圧巻でした。

    最後に余談ですが、個人的に欧米アジア問わずよほどメジャーな俳優でないかぎり人の顔を覚えるのがものすごく苦手な私は、アジア系だと日本の俳優の誰に似てるか、というのを無意識にあてはめて記憶しようとしてしまうんですが、今回は「岸本加代子」と「100回くらい殴られたGACKT(失敬)」でした。

  • 主人公のガンドは幼い頃母親に捨てられ、天涯孤独の借金取り。お金を払わせるためにわざと事故に合わせて保険金で支払わせるという悪どいことをやっていた。ある日彼の元に、母親だというミソンがやってくる。最初は拒否するガンドだったが、次第に本物の母親だと信じるようになり、母親のために足を洗う決意をする。しかし実はミソンは、ガンドによって追い詰められ自殺した男の母親だった・・・。

    というストーリー。
    こういう行き場のないもやもや感やどうしようもない鬱屈感、映画全体に漂うアジア的な暗さを描かせたら韓国映画の右に出る者はいないのではないかと毎回思う。
    日本人にとっては、急にド級のマザコンになる展開がちょっと受け入れにくいかも・・・。自分の母親かどうか確かめるために自分の肉を切って食べさせるっていうのも狂ってていいですね。
    でもミソンはどういう気持ちで、ガンドの自慰行為を手伝ってたんだろうなあ・・・。そのへんが、マリア様と重なっているのだろうか。ガンドの母、別の男の母というよりも、ただ「母」という存在、というか。

    最後の血の道が延々続くシーンはほんと壮絶です。
    こんな自殺の仕方思いつかないよう・・・やめたげてよう・・・ってなる。

    途中からミソンが椿鬼奴に見えて仕方なかったけど、淡々とした空気の中で飽きることもなく、最後まで楽しめた作品でした。

  • B。なにもそこまでしなくても。とか思った。すごいな発想が。

  • 血も涙もない借金取りとして生きてきた天涯孤独の男ガンド。ある日、ガンドを捨てた母だと名乗る謎の女性が現れる。当初は疑念を抱くガンドだったが、女性から注がれる愛情に次第に心を開いていく。しかし、ガンドが取り立て屋から足を洗おうとした矢先、女性の行方がわからなくなってしまう…。

    心に突き刺さるものはありますが、真相は予想通りですし、冷酷無比なガンドが初めて母性愛を感じ心変わりするさまが唐突過ぎて腑に落ちませんでした。
    また、見所の一つになっている借金の取立てのシーンは、直接的な描写を避け過ぎたせいかあまり迫力がありませんでした。

  • 最終手段の取り立て屋。
    彼の前にある日現れた、「母親」。
    罵倒され暴力を奮われようとも、只ひたすら帰りを待ち庇護する。
    母親を知り、また息子を覚え 互いは親子になっていく。


    主役が雰囲気GACKT。
    昔の作品に比べるととっても見やすくて大衆的!
    血や鉄くずの臭い、そういう汚らしさはいいんだけど
    なんだかすごく小ぎれいになってしまって勿体ない。
    主役が自分自身にももっと無頓着な風でいて欲しかったかな。

  • キム・ギドクの映画って、
    何本か観ていますが、
    観ていてずっと胃がキリキリしますね。

    情・業・愛・憎。

    舞台になっている街は、
    チョンノサンガ。
    実は私の好きな街です。
    テレビでもよく紹介される、
    明洞からさほど遠くないところに位置しています。
    決して治安が良さそうではないので、
    歩く時間、通りに注意が必要ですが、
    ついついカメラを向けたくなります。

    ソウルには、再開発から取り残された区域が
    まだまだ残っていて、
    なんとも言えない、
    明と暗のコントラストを生み出しています。

    それがひとつ、この映画のテーマでもありますが。

    しかしまぁ、なんとも言えない、終わり方。
    ずしりときます。

    あれれ?と思う展開もあるのですけど、
    細かいことは気にせずで。

    韓流ドラマとは対極にある映画です、
    これもまた韓国。

  • この監督の作品、異常な程一途で、美しくグロい。なんかトラウマなんだろうか?

  • 後半に行くにしたがって、ストーリーの真相が明らかになるほどに、復讐という人を動かす執念が悲しくなる作品でした。

  • いやー、韓国映画ってなんでこんなに独特で、リアルなんだろう。

    しかし、親の愛ってすごいんだな。

    R15指定だけど、若いうちにこれ観たら、どんな感想を抱くだろう。

    なかなか面白かったです。
    内容は、書くと面白くなくなりそうなので、観てのお楽しみ。
    夢にみちゃいそうだな。

    主役の俳優が、魅力的だった。
    調べて別な画像みたら、イケメン✨
    役柄は、怖かったけど。

    オススメします。

  • 最初の20分程は痛い場面が多くて直視できませんでしたが、その後は普通に観れました。

    ものすごく残忍な主人公、母親の愛を知った途端にころっと性格が変わってしまうあたり、ちょっと疑問もあるけれど、よっぽど母親の存在や愛情に飢えて憧れていたんだなと思う。
    彼は最後どこまで気がついていたんだろうか。
    じわじわと痛みとせつなさが伝わってくるラストは言葉をなくさせ、ものすごい余韻を残します。

  • 内容は覚えていないけれど、『母なる証明』とかぶる。
    とはいえ、なんでこんなに復讐が残酷で激しく、湿度が高いのだろう。
    ヨーロッパやアメリカの映画を基準にしたら、ちょっと度を過ぎている。この母親の存在感は、異常といっても差し支えない。本作をみた欧米の人々は驚いて思わずヴェネチアの最高賞を与えたくなったかもしれないが、日本に住む自分からすれば、その価値は「映画的に」まったくない、と断言できる(別に韓国を嫌っているわけではない。親友のひとりは韓国籍だ。だからこんな映画を評価することが、失礼に思える!)。韓国的母親像は、想像できないわけではない。けれども欧米はおそらく、本作で描かれている母親に驚愕している。でもそんなのは映画には関係ない。
    本作は、映像よりも、物語のロジックを優先させている。つまり、映像が語り手段と成り下がっている味気なさがある。

  • 暗い。。。
    悲しい。。。
    色々無理ある。。。
    そしてグロい。。。

    なんか最後まで奇を衒った感が拭えず、まるで共感するとこが無く、かつグロくて早送りして見ました。ベネチア金獅子賞ってなんで?って感じ。唯一町工場の映像と空気感くらいしか印象に残らない。映画館まで見にいかなくてホントによかった。

  • ヴェネチア国際で韓国映画史上初の金獅子賞受賞作。加害者も被害者的映画。絶望的に重たい。何で韓国映画って画面の色使いからして暗い映画多いんだろう。

  •  すごいです。テーマに対するアプローチが一線を画す監督で、見たことのないものをいつも見せてくれる。もう天才以外の何者でもない。言葉を失いました。哀しい。

  • ヴェネチアの金獅子賞との事ですが、正直そこまでの作品だったのか?と思う内容でした。


    猟奇的な映像でしばしば視聴者に衝撃を与えるのは、昨今の韓国映画にありがちな感じ。
    母と息子という帯を掛け、二人だけの閉塞的な関係を
    最終的には破る。というどんでん返しは単調。
    あと、監督自身も自認していたが「商業的」な作風。
    主軸の母が何か異様に綺麗過ぎる。。つまり画的に韓流ドラマの様に化粧濃い!!

    主人公のガンド役。冷酷無慈悲な男があっけなく「母」を受け入れちゃう。。あっけなく、、というのは苦痛や陵辱を伴う試練を乗り越えたら、晴れて「本当の母」だ〜って。30年の空白がそんな簡単に埋まるかな?って。
    血なまぐさいテストを用意した筋書き自体がちょい単調。

    やはり「復讐」が本筋なんだね。
    もう10年以上前から復讐絡みの脚本が多過ぎる感じが否めない。ちょっと主人公のガンドに拍子抜け。
    最後らへん、可愛さすら覚えるガンド。

    結末がちょっと車に引きずられて血の道しるべが延々と
    流れてるのが合成地味てて商業的な演出。

    ただ町工場街は良い味わいのロケーションでしたね。

  • 母を想い、母重い。

  • 今年一番観ていて痛かった映画。
    エキセントリックすぎる登場人物の言動についていけない場面もあったが、
    主人公が自らに課した壮絶な「罰」が詩情に満ちた映像で語られるラストが忘れられない。
    このラストシーンだけで飯10杯はいける。

    【2013年私的映画ランキング第8位】

  • 夜9時からのレイトショーなので迷ったのですが、行って大正解でした! キム・ギドク・ワールドを満喫できる作品と言えましょうし、話の構造も彼の作品にしては分かりやすい。主役2人の演技も素晴らしいし、そしてエンディングに「マジかよ」と仰天。これはベネチア国際映画祭で金獅子賞を得たのも当然でしょうね。
    もちろん、キム・ギドクですから途中で「あれ?」「これでいいの?」と感じることも少なくない。でも、そうしたいくつかの瑕疵を超えてぐいぐい引っ張る力を持っていますね。
    しかし、この監督は「春夏秋冬そして春」を含めて、本当にすごいロケ場所を見つけてきます。この映画ではソウル市内にある零細工場地帯が舞台なんですが、「いやはや、こんな街が今の時代にあるのか」と驚かされますね。
    しかし、この映画の世界はそのまんまジョージ秋山の「銭ゲバ」だなぁ。話のめちゃくちゃさも含めて。
    それを考えると、ジョージ秋山はグレイトだわ。

全28件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

嘆きのピエタ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

嘆きのピエタ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

嘆きのピエタ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする