インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本) [Kindle]

  • 43人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (243ページ)

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • ■ 14210.
    〈読破期間〉
    2014/11/7~2014/11/9

  • 上下巻合わせての感想です。デスマスクや各都市の教会・絵画と対比して、「神曲」をモチーフに最新技術のヴィルスを追います。結果は悪なのかと?と割り切れなさも残りました。イスタンブールの街の描写が好きです。

  • う~~ん、、期待して読んだんだけど途中でダレてしまった。決して悪いわけではないと思うけど、もしかしたら私が少しダンブラウン作品に飽きてしまってるせいかなとも思った。
    時間を空けてもう一度読み直したい。イタリア、イスタンブールなどの舞台にはやっぱり惹かれるものがありました。

  • 「魔笛」でした。最後、シンスキーが全否定ではないのは意外でした。人口増加という不都合な真実を描くのが、メインだったのじゃないかと。とにかく、行動を起こせと。二酸化炭素排出抑制も人口減が手っ取り早いはずなのに、経済的側面から少子化=悪ということにしていますよね。

  • 角川書店の電子書籍セールで70%オフで購入。ロストシンボルで、ダンブラウンの限界を感じていたのだけど、どっこい、パワーアップして復活していました。フィレンツェ、ベネチアとそれなり土地勘のあった場所でもあって、楽しめました。また、今回は読者も登場人物(と言うか、作者)にダマされる局面が何回か有ります。Kindleのページ送り機能に慣れないと、中々読み返すことが難しいので、フラストレーションを感じるかもしれません。映画化も決まっているようですが、出来ればトムハンクスをイメージせずに読みたい本ですね。

  • 長編、おもしろい、
    ダンテ「神曲」教科書で見ただけだけど、それに沿ってストーリーが進む
    ダ・ヴィンチ・コードにも惹かれたけれど
    来年の映画化
    私のイメージが追い付かないので是非映像で見てみたい
    フィレンテェ、ヴィネチア、そして・・・
    ≪人類の 破滅を防ぐ 地獄から ≫

  • 他の作品と少し違った作風だった前作「ロスト・シンボル」とは異なり、ラングドンシリーズ本来の路線に戻ったように思うが、テーマの迫真性はかなり高くなってる。

    真実を知ったドクター・シンスキーの葛藤が印象的。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)を本棚に登録しているひと

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)のハードカバー

インフェルノ (下)<インフェルノ> (角川書店単行本)の文庫

ツイートする