どうせもう逃げられない(2) (フラワーコミックスα) [Kindle]

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 一井かずみ
  • 小学館 (2012年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

どうせもう逃げられない(2) (フラワーコミックスα)の感想・レビュー・書評

  • 胸がキューッと。

  • プロフェッショナルなデザイン事務所で事務員。ってのは、劣等感を刺激されるのは間違いないけど、向坂はそういうところをフォローするのがうまい。人たらしってのはきっと向坂のためにある言葉なんだろうな。「一人で抱えるなよ?辛かったら頼れ。俺だってあんんたのことはかわいい」「"いつか必ず自分の許を去ってくれる"人間しかそばに置かない」個人的には永年勤続タイプよりいつか卒業する職場のほうがやりがいもあるし、緊張感を持って、成長できるんじゃないかと。「プレッシャーも嫉妬も自己嫌悪をも創り続ける限り肥大していく。抱えるにはさらに創るしかなく、抱えきれなくなれば、即押しつぶされる。」

全2件中 1 - 2件を表示

一井かずみの作品一覧

一井かずみの作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

どうせもう逃げられない(2) (フラワーコミックスα)はこんな電子書籍です

どうせもう逃げられない(2) (フラワーコミックスα)のKindle版

どうせもう逃げられない(2) (フラワーコミックスα)のコミック

ツイートする