マジック・マイク DVD

  • 235人登録
  • 3.06評価
    • (7)
    • (19)
    • (65)
    • (16)
    • (5)
  • 44レビュー
監督 : スティーヴン・ソダーバーグ 
出演 : チャニング・テイタム  アレックス・ぺティファー  マシュー・マコノヒー  コディ・ホーン  オリヴィア・マン 
  • ¥ 3,175 (参考価格 ¥ 4,104)
  • 東宝 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104082701

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マジック・マイク DVDの感想・レビュー・書評

  • B。なんだかどういう話なんだかって感じで流れていく話。
    でもラストシーンがよい。ラストが好き。

  • マコノヒーのステージに完全に持っていかれた感。マット・ボマーのステージがもっと見たかった。もったいない。

  • ステージ上は煌びやかでよかったけど、薬物が絡み始めた途端なんか辛辣だったかなー…お粗末感満載でがっかり。
    マシューマコノヒー素敵でしたけども。
    ただラストのお気に入りの朝食のお店のオープンまであと7時間もある、その間にさぁ、何ができるのくだりは可愛いなと思った。

  • ギリシャ彫刻みたいな体した男たちがほぼ裸で踊ってくれるストリップムービー 顔の上で腰振られてキャー↑↑というテンションはわからんけどみんなええ体してたからなんだってよかった!思ってたより主人公が真面目に悩み生きてて良い意味で驚いた

  • ショーのダンスはかなり見応えあり。

  • ストリップ興味深いなー。裏極上エンタテインメント。
    なんてらザイルもこんなんしたらおもろいのになーと無責任に思ってしまった。
    若いアダムが調子に乗ってるのはまあ微笑ましいが、借金はアカン…。
    三十路マイクに共感。とりあえずうまくいってよかったよ。
    ダラスのギター弾き語りに吹いた。

  • 字幕: 石田泰子

    ソダーバーグが一番楽しんでいたんじゃないかしら。

  • パーリーでピーポーな男たちのハイテンションムービーかと思っていたら、かなりちゃんとした人間ドラマだった。マイクがストリップから足を洗おうともがく最中、アダムがストリップに没入していく様子が皮肉だなあ。チャイニング・テイタムのショー生々しい…って思ったら本当に元ストリッパーだったテイタム。ありがとうございます…

  • 彼らは、未来を求め踊り続ける。


    MAGIC MIKE

  • エロいので一人で観るかそういうの一緒に見ても気まずくならない人と観ましょう。すると貴方に幸せが訪れます。

  • 退屈せずに鑑賞。

    ちょっと品がなかったので。。。
    主人公が魅力的なだけに勿体ない。

  • マシュー・マコノヒーが卑猥すぎて笑うしかない。

  • ジョー・マンガニエロが出てる!
    今年の秋に続編が上映らしいので見てみたいです。

  • チャニング・テイタム扮する男性ストリッパーの「自分探しの青春物語」ってところでしょうが、ちょっと装飾が多過ぎるんだなぁ。随所に挟まるド派手な男性ストリップに目を奪われますが、これがストーリーをばっさり分断してしまっている気が。ボス役のマシュー・マコノヒーのキャラが濃すぎるし、堕落していく新入りストリッパーのサイドストーリーもあり、いったいどこに集中してよいのやら・・・。

  • 『ホワイトカラー』のマット ボマーが出てるっていうから借りたのに、びっくりするほど出番が少なくて、ズコーッてなってしまった作品。
    それ抜きに観ると、男性ストリッパー?のエンタメ性と、三十過ぎ?の男性の、なんて言うのかな?変化??人生における葛藤??を描いた、割と真面目なお話。

    コメディと思って借りたからびっくりしつつ。

    主人公、アレックス ペティファーかと思ったら、チャニング テイタムの方でしたね。あとマシュー マコノヒーが劇場のオーナー役で出てます。

    お約束のパーティーに警察官の格好で突入?するシーンとかもあったり。ドラッグで乱れてたり。男性ストリッパーの競り落としとか。ステージも海外ドラマや映画でよく目にする衣装で盛り上がってました。

    何だろう。インディーズ作品の様な空気感、演出、雰囲気。歪なお洒落感と言うか。窪塚洋介感と言うか。うまく説明できない。

    好きな人はこう言う雰囲気大好きだと思う。

    私は冒頭に書いたガッカリが大きかったのもあって、退屈に感じてしまったけど。テーマ、ストーリーはそれなりにわかりやすいし、あまりブレてなかったので。

    マット ボマー目当てでなければ、きっと。

  • マイノリティ側の映画として面白かった。最後は、マイクのおかげで幸せを見つけた弟、マイクとただ入れ替わっただけの弟、昔の自分を見ているように感じたマイク、大切な何かを見つけたマイク、色々な取り方ができるが、個人的には”より”ハッキリしたエンディングが良かった。チャニングテイタは「親愛なる君へ」でも同じように、感情を隠すような表情と孤独感ある雰囲気がとても良かった。

  • チャニングテイタムさん、さすが本物のストリッパーやってただけある。ダンスもうまくてよかった。後、マットボマーさんほとんどせりふなし。すごいいい体格してるけどどっかナヨッと見えるのはやはり先入観かなあ。
    トワイライトに出てた、ジョーマンガニエロさんもあまり出る幕なし。あの人の肉体美は超一級品。ただ、一番踊りが下手だったのがおもしろかった。
    私、マシュー マコノヒーさんがあんまり好きじゃないからそこがマイナス点。
    私もマッチョになりたいな~。

  • ダンスが上手くて見ごたえがある。

  • 美男美女、ナイスバディの嵐! そして主演のチャニング・テイタムをはじめ、オリヴィア・マン、マット・ボマー、アダム・ロドリゲスと大好きな俳優・女優だらけ。観ながら腹筋をしたくなる…彼らを相手にするには引け目を感じるくらい。あしたは自転車で走りに行こう。

    映画館で観るほどのものではなかったかな。

  • WOWOWにて視聴。
    イロモノのつもりで観たらいい意味でかなり王道の青春モノ(というには年齢が上かな…)でした。
    確かにショーのシーンは際どいしドラッグ絡みの騒動もあるのでR15+やむなしとは言え、同じチャンスを得ても自分でものを考えられる人間とそうでない人間の行く末の違いなど、学生にもいいメッセージとなりそうな内容だという感じがします。
    ラストのマイクとアダムの姉のやりとりがなんとも微笑ましく、寸止め大好物の私には最高の締め括りでした。
    チャニング・テイタムは人気だけどただのキン肉マンに見えるな~という印象でしたが、この作品で初めて演技している姿を見て魅力がかなり解りました。

  • 刺激的なダンスシーンとは対照的に、地道なマイクのラブストーリー。マイクが意外と地に足がついていて、しょぼんとしてると可愛くて。ラストシーンにキュン。アダムの姉と同じ目線で好きになってしまいました。
    チャニング・テイタムのストリッパー時代を基にしてるそうで、さすが魅せてくれます。でも何といってもマシュー・マコノヒーのキレッキレの演技が凄かったです。

  • 「やっぱり男の体は美しいのぅ」と惚れ惚れする映画だが、と同時に、ショーを観ている女性たちがまた思いっきり弾けてて、それも楽しそうである。また、マジック・マイクを演じるチャニング・テイタムとアダムの姉さんであるコーディ・ホーンの間に生まれてくる親密な雰囲気がまたよろしいですね。それにしても、出来損ないの弟アダムはいったいこれからどうなっちゃうのか、そこだけは気になります^^;

全44件中 1 - 25件を表示

マジック・マイク DVDに関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

マジック・マイク DVDを本棚に「観たい」で登録しているひと

マジック・マイク DVDを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マジック・マイク DVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする