DIME (ダイム) 2014年 01月号 [雑誌]

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (2013年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910159290145

DIME (ダイム) 2014年 01月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 漠然と相手の良いところを見るのではなく、強い目的意識を持つことで自分の心を変化できる。
    人は自分が行ってほしいことを的確に言ってくれる人のことを信頼する。

  • ダイムは特集が女性誌にはないような高級腕時計やら安眠マットレス(高め)やらでとても新鮮で面白い。女性誌は共感しあって「だよね、だよね、がんばろう!」みたいな感じだけど、男性向け雑誌はそういうところがあまりなくて、只々こだわり・論理的・科学的でさっぱりとしつつもすごく濃い内容で勉強になるところが多い気がする。
    メンタリストDaigoさんの認知的不協和の話がとても興味深くて、この方の本も今度読んでみようと思った。14/03/03

  • 年末恒例のヒット商品特集。



    今年を思い出すのにはいいですね~



    意外と知らないものも多くて勉強になります。



    あまちゃんは総集編で見ただけですが



    半沢直樹はハマったなぁ~



    原作も3冊とも読んじゃいましたからね。





    あと今号に載っていたDIMEの福袋を買ってしまった・・・・。





    3日ぐらい買うか悩んでいましたが

    かばんが気にってしまって

    DIMEとのコラボ商品だったのでつい、つい・・・・(^_^;)

  • 「2013▶2014年 ヒット商品すべて見せます!」

    同じようなタイトルの日経トレンディーよりも

    30円安いのに少し厚いという

    単純で貧乏性な理由だけでDIMEを初めて購入したワタクシ。


    コンビニの雑誌は、時にこのような気まぐれ買いによって

    有用な情報を得ることがあります。


    これからの商品については、

    毎回、時代への乗り遅れを痛感させらるわけですが、

    こちらの企画

    「‘社外秘レベル‘の資料から読み解く成功の秘訣 2013年ヒット商品の『お宝企画書』見せてくださいッ!」

    コピー最後の「ッ!」が素敵!!っていうのは半分冗談で

    消費者への営業以前の

    開発者から社内への営業の様子、

    ヒット商品が作られていく行程を見ることができて

    興味深く読むことができました。

全4件中 1 - 4件を表示

DIME (ダイム) 2014年 01月号 [雑誌]はこんな雑誌です

DIME (ダイム) 2014年 01月号 [雑誌]のKindle版

ツイートする