それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス) [Kindle]

  • 57人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石黒正数
  • 少年画報社 (2006年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 全16巻で完結
    14巻まで紙の本買ってたけど、帰省中に15巻が出たので15巻と16巻は電子版で。
    16巻で完結してしまったのでこの際電子版で揃え直し。

    折込のピンナップがない…?
    うーん、裏表紙やカバー折り返し、カバー裏にカバー下…こういうの電子版で省く理由がわからん。
    電子版の出版部はセンス無いとしか言いようがない。

  • 女子高生の探偵物語。通称『それ町』。


    客観的に表現してしまうと、ギャグベースのミステリっぽい日常を描いてる、といえる。とはいえ、ただの女子高生の日常なので、何も起こらないのだが、歩鳥が何もないところに何かを作り出してて、少し読者の意表をつきたい何かを入れてある。そういう感じのマンガ。


    主観的に表現すると、ずっと読んでると、『それ町』特有の空気感に入り込んでしまう。好きな人は居心地がよくて、ずっと読み続けたいと思いそう。俺はあまり合わなかったから、終わってもなんら残念ではないし、続いてても特に絶対買い続けたいと思うほどのよさは感じない。『それ町』好きにとっての『それ町』は、俺にとっての『パタリロ!』みたいなもんかな、感覚的には。


    そこまで合わない感じであっても、『それ町』のちょっとした意外感は、日常にふと出会う良さであったり、気付きであったり、予想外の発想であったりに出会ったときの感覚に似てて、結構よかったと思う。真昼間にぼーっと歩いてて、なんとなく近くの公園に行ってみて、空を見たら白い雲がきれいだと感じるようなよさというか。毎日行ってるコンビニで、「いつもありがとうございます」と言われて、ふと顔を上げて店員の顔を見てしまうような感じというか。リネージュをやってて、いつもの狩場から帰って戦利品を眺めているときに、初めて見るレアアイテムにめぐりあったときの感じというか。。


    最終話は、まさにそんな感じでよかった。めちゃくちゃ『それ町』らしいエンディングだった。いままで歩鳥に対して子供のように妹のように接してきた静にとって、まさに子供が大人になって自分の前に現われたような、妹が成長して姉と同じ目線になったような、そんな感覚だったろう。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)はこんな電子書籍です

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)のコミック

ツイートする