爆速経営 [Kindle]

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 蛯谷敏
  • 日経BP社 (2013年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (73ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
伊賀 泰代
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
エリック・シュミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

爆速経営の感想・レビュー・書評

  • あまりに引き込まれ、仕事終わり爆速で読了。 経営危機ではないが、改革トリガーを引くべき企業の状況が、身につまされる思い。もっと早くに読んでおくんだった。 クーデター的な社長交代でなく、孫会長と井上前社長も議論の上での若返りだったと言うが… インタビューには一切答えなかったと言う井上前社長の真意は? だが、身を引いた側の何も語らないスタンスも、潔さをまた感じる処。

  • 2014/12/29 Kindleで読了、【2014年-40冊目】今や新生ヤフーの代名詞となった「爆速」。注目すべき宮坂体制の裏側が詳細に描かれており、印象に残る言葉も多かった。

    ・経営者にとって最も大事なのは、能力以前に志があるかどうかだ。
    ・ナンバーワンになるためにはゲームのルールを変えていかないといけない。
    ・停滞している組織も、言葉一つでガラリと変わる。
    ・組織の活性化には一つ、絶対に外してはならないポイントがある。「誰かに見られていると本人に意識させることに尽きる」
    ・自分の仕事が見られていると感じることで、仕事に対する明らかな変化が生まれる。

    最近読んだビジネス書の中では一番良かった。機を見て何度も読み直してみたい。

  • 安定した組織を改革するプロセス。分かりやすいが、目新しさはない。

  • 安定した大企業ヤフーが停滞を打破するために、新たな社長のもと経営体制を一新し、経営理念を「課題解決エンジン」として人事の仕組みにまで落とし込み、スピーディーな経営判断のできる組織へと生まれ変わりつつあるドキュメンタリー。

  • かなり面白い。漫然とした停滞感が出てきた企業が、あらためて成長ステージに入っていく挑戦の物語。もはや大企業となったヤフージャパンの改革の内幕はそのリアリティに読んでてもドキドキする。
    著者も言っている通り、道半ばの記録でありリアルタイム感がこの本の面白さでもあると思う。
    「企業の老化は止められない」と同時に読んでみると面白さがまた広がる。いったん老化が始まった企業が、あらためて若返るための方策の実践例。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

爆速経営はこんな電子書籍です

ツイートする