人に強くなる極意 [Kindle]

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐藤優
  • 青春出版社 (2013年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (129ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人に強くなる極意の感想・レビュー・書評

  • ○引用
    すぐに怒る、怒鳴るからといって、厄介な人だとかおかしな人だとか決めつけないこと。本当に素晴らしい上司というのは、意外にそういう人の中にいたりするもの

    致命的なミスというのは、実はこういう初歩的で事務的なところから生まれる。

    不安になったりびびったりすると何が一番いけないか。冷静な判断ができなくなってしまうのが一番よくない。

    飾らない関係とは、けっして相手に自分のすべてを見せることじゃない。大事なのは相手との距離感であり、その距離感に応じた自然な関係

    「それ知りません。教えてください」という言葉、私たちはなかなかいえません。

    成長できる人は、自分の周りにいざという時に助けてくれる人をたくさん持っている。自分の部署だけでなく、他部署にまで相談やお願いをできる味方がいるかどうか。なぜそういう味方がたくさんできるかどうかというと、そういう人は変に自分を飾ったり、大きく見せようとしたりしません。

    ビジネスパーソンなら、仕事や会社の精度、仕組みを一通り覚える30代半ば過ぎくらいが最初の鬼門です。ここで「なんだ仕事なんてちょろいもんだ」と手を抜いたり、楽をすることを覚えるとそこから伸びなくなる。~中略~器用で要領のいい人物ほど陥りがちな落とし穴です。何かに対して「ちょろい」と感じた瞬間があったら気をつけた方がいいです。「ちょろい」っていうのはすなわち油断であり、侮りですから。

    組織の動きや価値観が急に変わる瞬間がある。実はこれが危険で、この時会社は、前線で働く人を無情にも切ってしまうことがあります。

  • 「自分をマネジメントできるのは自分しかいない」が、なかなかできない。小さなことからコツコツとやっていこう!

  • わかりやすく、社会との付き合い方や、生き方の術のような物を学ぶことが出来る。佐藤さん自身の豊富な知識と人生経験により、その言葉は平易であるが奥が深い。それぞれのテーマ毎に推薦書籍を2冊挙げられているので、気になった本について読んでいきたい。

  • 佐藤優著。

    「怒らない」「びびらない」「飾らない」「侮らない」「断らない」「お金に振り回されない」「あきらめない」「先送りしない」っていう8つのテーマを著者の外務省やら捕まったときの経験を元に書かれている本書。真理は具体的って今、結構しっくりくる言葉。

    常に120%ぐらいで頑張りたいですね。バランス感覚を大切にしながら。

    あとこの人の本のいいところは色々な分野の推薦図書があること。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人に強くなる極意はこんな電子書籍です

ツイートする