マルドゥック・フラグメンツ [Kindle]

  • 35人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 冲方丁
  • 早川書房 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (216ページ)

マルドゥック・フラグメンツの感想・レビュー・書評

  • 初期の短編はやはり普通。ヴェロシティ新装版の密度が最高だったので、スクランブル完全版を読むのが楽しみ。著者のインタビューは良かった。

  • マルドゥックシリーズに関する短編集。シリーズ通して読んでるので色々と感慨深い。ウフコックが死んでしまう最後のシリーズはいつ刊行されるのだろうか。

  • 短編集プラスアルファ。最後のインタビューでアノニマスについて大胆な予告がされていて、とても楽しみになった。

  • マルドゥックシリーズの短編集。
    ボイルドやウフコックの過去の事件や、スクランブル前日談やスクランブル以降の話もあったりして割と盛りだくさん

    短編としては、あたりもはずれもあったが、
    どちらにしろ、スクランブルやヴェロシティを読んでいることを前提としている事に注意。
    自分はヴェロシティをまだ読んでなかったので、その前後の話はよくわからなかった。

    冲方先生とのインタビューや、スクランブルの最初の原稿の冒頭部分が載っていたりして、ファンアイテムとしての色の方が強いかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マルドゥック・フラグメンツを本棚に「読みたい」で登録しているひと

マルドゥック・フラグメンツはこんな電子書籍です

ツイートする