図書館の神様 (ちくま文庫) [Kindle]

  • 54人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (10)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 筑摩書房 (2009年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (119ページ)

図書館の神様 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文体や全体としての雰囲気は爽やかで読後感もすっきりする。
    ただ、子供が産まれるというときに不倫しているのが、ちょっとこのタイトルから想像していなかった要素だったので、うーーん。

    真面目で視野が狭すぎな厳しい人物だった昔の主人公との対比のためか、あえて鼻につくような言動がある。一方、垣内くんはとても魅力的なキャラクターで、そう、魅力的に描きすぎてちょっと出来すぎというか……だからこそ図書館の神様なんだけど。
    垣内くんが妙に大人びているだけだったら引っかからないんですけど、不倫相手に垣内くん、それに弟、あと熱血教師もそうで、主人公の成長にとって都合にいい男ばかりで。不倫相手は昔の主人公のダメだったところと似通った欠点を態々もっていたために、主人公とのふれあいや他の要素で何か心境の変化があるかと期待していたら何もなく。
    内面の変化の描写がほぼ主人公しかなかったのが少々残念。もっと多重的に成長が描かれると思っていた。
    ただ、主人公はふとこぼす、これは家庭で食べる味、一緒に生活している人がつくれない料理、など、物事の核をつくようなセリフも多々で面白かったです。
    最後の手紙のシーンはじんわりきました。

  • 垣内君がとにかくえらい。拓実君もえらい。

  • しみじみいい本。
    清も垣内君も本当は深く傷ついているのに、作者の傷の扱い方が大袈裟でなくていい。傷が静かにそこにあって、少しずつ癒されていくという感じがよかった。
    世界との繋がり方、正しいとは何か、本の素晴らしさ等テーマがとても深い。青春ぽいけれど、ただの青春小説ではない。垣内君が素敵。

  • 読んでいてバレー部での青春時代を思い出した。読んでいて『夢十夜』をもう一度よみたくなって読んだ。

    「失敗が少なくて、手が込んで見えればいいのだ」。これは女性が男性に作る料理の真髄(コツ)。

    「サンドイッチなんていうものは朝食にしか食べないものだと思っていた」ところが、不倫相手は奥さんと夕食にサンドイッチを食うらしいことに驚く様子もいい。

    海のない町に育った主人公の姉と弟だが、弟は姉の住む町で知らない人の漁船に乗せてもらう。「知らない人の舟になんか乗るんじゃない」という姉に「知らない人の車に乗っちゃダメだっていうのは聞いたことあるけど、舟は知らなかった」。

    不倫相手と喧嘩するきっかけは漱石の『夢十夜』。そのことを弟に話すと「もっと詳しく」と言われる。「実は」と不倫相手のことを話そうとすると「そうじゃなくて漱石のことだよ!」と主張する弟。

    最後の「出会いと別れ」や「青年の主張」はずいぶんとむず痒くなる内容だったけれど、全編を紡ぐ言葉を楽しむことのできる小説だった。

  • 初めての瀬尾まいこ。
    初めてのkindle読み。軽く読めるものには向いていると思う、電子版。
    すいっと読めて、主人公が解放されて行くことにホッとする。
    知っている人の書く文章は心に沁みるというところにハッとし、納得。

    二話目のも面白かったよ。
    また読めそうだ、瀬尾まいこ。

全5件中 1 - 5件を表示

図書館の神様 (ちくま文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

図書館の神様 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図書館の神様 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の神様 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の神様 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館の神様 (ちくま文庫)の文庫

図書館の神様 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする