エリジウム [Blu-ray]

  • 144人登録
  • 3.08評価
    • (5)
    • (15)
    • (42)
    • (13)
    • (3)
  • 35レビュー
監督 : ニール・ブロムカンプ 
出演 : マット・デイモン  ジョディ・フォスター  シャールト・コプリー 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462087348

エリジウム [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台は2154年、大気汚染や人口増加に伴い生活環境が悪化した地球。
    そして超富裕層が暮らすスペースコロニー・エリジウム。
    スラムと化した地球では、過酷な労働と制約の多い医療、厳しい監視下で生活する人々…

    ある日、地球に暮らすマックス(デイモン)は、職場での事故により致死量の照射線を浴び、余命5日と診断されて解雇されてしまう。
    彼はエリジウムの先端医療を受ける為、商闇人・スパイダーと取り引きし、密航を企てる。
    その引き換えに自身が勤めていたア-バンダイン社の社長を襲い、脳内データを奪う事に…
    序盤の流れはこんな感じ。

    ストーリーが分かりやすくテンポも上々、比較的観やすい作品に感じます。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • この監督はロボットと人間の共生というテーマを一貫して撮っていて本作もしかり。本作では、ロボットこそが人間の善性のエッセンスを体現しうるというテーゼが物語を通じて証明されていて面白かった。

  • どんな内容か全く知らずに観ましたが面白く観れたと思います。
    マット・デイモンさんが不憫すぎましたが話の展開が読めるので後味悪くはなかったです。
    「第9地区」の主人公さんが嫌な奴を好演していたのも良かったです。
    何でも治してしまう医療ポッドが欲しくなりましたw

  • マット・デイモンとジョディ・フォスターの無駄遣い

  • 実は観ようと思ったまま観てなかった一本。
    家族が借りてきたので観た。
    だがしかし・・
    ストーリーの稚拙さと詰めの甘さが露呈しててちょっと、開始3分からラストの予想はついたし事実その通りになった。ジョディ・フォスターも出ているがいまいちだし、色々突っ込みどころが多すぎた。
    CGに凝り過ぎて予算が足りなくなった、そんな感じを抱かせる映画だった。

  • 世界観、CGは非常に良い。リアリティー感はかなりのレベルで今のハリウッド映画でトップクラスだと思う。ただ、シナリオが何か物足りない。何が足りないのかは現時点で思い浮かばないけど…。

  • いやいや面白かったではないか。
    何やら「第9地区」と同じ監督で何かと比べられるようですね。
    批評家さんたちは「第9地区」の方に高評価を出しているようだけど、みんな見る目ないなあ。
    この作品と「第9地区」じゃあ月とスッポン・・・いやエリジウムと地球じゃないですかねえ。
    もちろんこっちが月ですよ。
    ところでこの医療ポッド。
    スゴいんだけど、これを人類全員が使えるようになってしまったら、地球もエリジウムもまた人口が増えすぎて同じ事の繰り返しになるんじゃなかろうか?
    新たな理想郷が作られて・・・選民されて・・・
    ねえ。

  • 半分の尺で良し

  • データのセキュリティーがマヒか死とかやばい。

  • WOWOW。
    SFの部分をもっと丁寧に描かないと世界観に入れません。
    アクションシーンもドキドキしないし、カタルシスもイマイチ。

全35件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エリジウム [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エリジウム [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

エリジウム [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

エリジウム [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする