ホビット 竜に奪われた王国 [DVD]

  • 14人登録
  • 4.30評価
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ホビット 竜に奪われた王国 [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  2/17の試写会でお初でしたが、あっという間の2時間40分でした!

     見どころはいくつもありますが、、副題にもなっている“竜・スマウグ”の存在感にまずは圧倒、、なんと言っても“でかい”、主人公ビルボが米粒のようでした。また、登場時の猫のようにキュッと細まる瞳の動きだけで、これは“ヤバイ”と感じさせてくれます。

     剣のようなキバ、槍のようなツメ、そして、全てを灼熱で溶かしつくすブレス(炎の息)、、特にブレスは呼び動作が明確で、スクリーン越しでも首をすくめてしまう迫力、その息づかいまでもが伝わってくるようでした、灼熱とともに。

     それに対するは、もう一人の主人公トーリン、スマウグに奪われた“山の下の王国”を継ぐべき、放浪の王子、ちなみに“イケメン”ドワーフ。なんですが、今回は王らしからぬ振る舞いが多く、ちょっとばっかし屈託しているようにも感じました。終盤、その屈託を振り払ったかなといった辺りで終わるのは、次作への上手い引きだなあ、と。

     そしてなんといっても、レゴラスの登場が嬉しい誤算でした。原作には登場しないので映画版でのオリジナル設定のようですね。この他にも『指輪物語』の追補編からいくつかネタを持ってきているようで、原作は児童文学ということもあり物語性は薄めなのですが、その辺りを上手く補っていると思います。

     ついでに三角関係の描写も追加されていて、こちらも意外な展開でした。そういえばとあるドワーフとのやり取りの中で、ギムリの話題も出ていました、メモメモ。

     あと、映像化された“殺陣”がやはり、凄かった。森の中での遭遇戦、川を下りながらの乱戦、そして市街戦と、多彩な戦いが用意されていますが、共通するのは、エルフの身上でもある“スピードと身軽さ”。力のドワーフ、素早さのエルフとの対比が、非常に映えていたと思います、零距離での弓とか、たまりません。。

     そうそう、試写会の上映前にかかったニュージーランド航空のプロモーションも素敵で“中つ国”の奥行きが丁寧に表現されていました。スタッフの皆さんの遊び心や、観光スポットとなっているホビット村の紹介、樽下りなど、楽しく拝見しました。

     いよいよ本日より公開、ぜひもう一度観に行こうと思います、かなうならば3Dで!

    http://blogs.itmedia.co.jp/kajihara/2014/02/post-c009.html

  • なにせ原作が面白いですから。そして「指輪物語」の映像化で実績のある ピーター・ジャクソンが制作・監督・脚本を手がけたのですから、期待大でした。そしてそして今回もまたまた三部作で豪華に、さらに迫力満点で仕上がってます。

    ただ、三部作の二番目なので、「え?ここで終わり?!」という感じで、もう三作目が待ち遠しくってしょうがなくなってしまうのが難点。うーん、どうなっちゃうの?

    http://bunjin.blog.so-net.ne.jp/2014-02-18

  • 試写会で鑑賞。
    前作を観ていなかったのですが、十分に楽しめました。

    世界観にぐいっと引き込まれるのは映像の力なんでしょうね。特にエルフたちの立ち回りは美しいくらいでした。
    大きなスクリーンで!3Dで!観てほしい作品ですね。

    「ここで終わるのか!」と叫びたくなるほど良い所で終わるので、次作が待ち遠しいです。

  • ブクログの試写会でみてきました。原作未読どころか、前作すら観てないので、ただ観た感想ですが(*´∀`)

    あっという間の2時間40分でした。

    3Dで観たので迫力があって、3Dで観てよかったと思ったのはこれがはじめて。
    特に深い森の描写や、エルフの王国、湖の街、数え切れないほどの財宝など、綺麗な上に触れそうな臨場感、見事な世界観の奥行きでほんとうにすごかったです。

    それと、エルフたちの戦闘シーンの素早い動きは格好よかったです。レゴラスファンは満足できるんじゃないかというくらい登場シーンも多いし。
    ガシガシ弓撃つわ短剣でザクザクいくわ、もうほんと流石王子。

    ドワーフたちも沢山居てわいわいやってるのがかわいいです。正直人数多すぎて把握しきれないけど…。

    いいとこで終わるのも、三部作の真ん中だししょうがないかなー、というかんじでしょうか。

    とにかく、続編の上映が待ち遠しい作品です。

  • 2014年2月17日観賞。ブクログ主催の試写会にて。冒険を続けるドワーフたち・ガンダルフとビルボの一行。ドワーフをつけ狙うオークの軍勢・森の通行を妨害するエルフ王の軍団・湖の通行を監視する町の衛兵らをかわし、はなれ山にたどり着いた一行だが・・・。前作同様コミカル風味が効いたアクションがてんこ盛りで、これは「~リング」にはない要素で面白かった。特に樽での川下りするシークエンスは楽しまされるとともに「なるほどあの原作をこうアレンジするか」とうならされた。・・・しかし監督がピーター・ジャクソンだからもうしょうがないのだろうが、ガンダルフやレゴラスが「世界の命運は・・・」みたいにやたらシリアスに振舞うのが、「はなれ山に黄金を取りに行く」というドワーフたち一行の旅の目的とマッチしてなくて、観ていてどうにも違和感が残る。まあ原作もそういう話ではあるのだけど・・・。あと、トーリン(なんでソーリンにしなかったのか)やキーリ、~リングのレギュラー陣にフォーカスがあたりすぎており、活躍の場やそれらしい持ち上げ方はされるもののビルボは主人公じゃないよな~~

  • 前作どういうふうに終わったのか
    ほぼ忘れた上での鑑賞w
    やっぱりファンタジーワールドで迫力あるし
    雰囲気とか大好きだけど、
    続けて見ないと忘れるねww

    川(?)の戦闘シーンのそれぞれの種族の
    戦い方がテンション上がったー(*´д`*)

  • 1よりもワクワクどきどきさせる作品。
    実は3Dはアバター以来敬遠していましたが、これは3Dのほうが圧倒的に美しい。
    描写や背景が粗雑になったり、逆に盛られていたりと映画用の変更はありますが、全体としてはとても楽しめるものです。
    原作通りじゃないと嫌だー!という人には限界かもしれない。

    個人的には闇の森のエルフの楽しげな様子が欲しかったし、レゴラスは別にいらなかったんじゃないかと思っていますが、総じて面白かった。
    試写で見させてもらったけれども、IMAXでもう一度見に行きたいと思わせるクオリティでした。

  • ブクログ試写会。
    アトラクションに乗っているような映画だった!
    原作小説で微笑ましい、ユーモアあふれる『樽に乗ったる脱出劇』に、独自のアクションを盛り込み、エンターテインメント性が上がっていた。
    小説では後半しか出てこない、弓の名手・バルトがよりドワーフ達と関わり、人柄がよく表れていたと思う。
    戦乱の予感で締めくくられる物語に、次回作も楽しみでならない。
    詳細は下記にも掲載。
    http://chimere-aile.jugem.jp/?day=20140222

  • 映画館にて。
    森エルフの館とかスマウグのシーンとか所々はとってもいいんだけど、余計な登場人物とかシーンとか付け足しちゃってもう台無し。

    特にタウリエル!ちょっくら恋愛からめちゃう所なんて最悪!
    あとビヨルンのルックスも背景説明もややがっかり。
    でもそれなりに楽しいんだけどねー。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ホビット 竜に奪われた王国 [DVD]はこんな映画です

ツイートする