刻刻(7) (モーニングコミックス) [Kindle]

  • 31人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 堀尾省太
  • 講談社 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

刻刻(7) (モーニングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやいやなんだか大変な展開になってきた。
    意思を破壊してしまったことにより、止界術を解くすべがなくなってしまった。
    樹里の力で他の人間は止界から出ることはできるが樹里自身は・・・
    しかしまあそれにしても貴文大活躍。
    ホント強いわ貴文。
    躊躇なく殺しができるクズおっさん。
    このおっさんと迫だけが気持ち悪さを感じないんだよねえ。
    この二人だけが人間らしいからか。
    他の人間は相変わらずどうも気持ち悪くてかなわん。
    この気持ち悪さがこの作品の醍醐味だなあ。
    残り1巻。
    どういう結末を迎えるのか?

  • 極限まで追い込まれた人の行動は予測不能。樹里もじいちゃんも、ダメ親父も佐河も。帰りたいとかそんなん関係なく。こいつをほっといちゃいけない。腹の探り合い。樹里のきっぱりした潔さは清々しさすら感じる。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

刻刻(7) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

刻刻(7) (モーニングコミックス)のコミック

ツイートする