ウォーム・ボディーズ [DVD]

  • 411人登録
  • 3.66評価
    • (33)
    • (88)
    • (75)
    • (13)
    • (1)
  • 72レビュー
監督 : ジョナサン・レヴィン 
出演 : ニコラス・ホルト  テリーサ・パーマー  ジョン・マルコヴィッチ  ロブ・コードリー  デイヴ・フランコ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126208967

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ウォーム・ボディーズ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 「ウォーム・ボディーズ」 2015
    主演: ニコラス・ホルト

    三度の飯よりゾンビが好きな妻
    大絶賛の special zombie movie!!

    8年前に世界は大きく変わった
    事件か!?事故か!?はたまた疫病か!?

    この世界には
    人間・ゾンビ・ガイコツの3つの種族が存在する。
    主人公は人間界の女性ジュリーとゾンビイケメンのR。

    二人は敵対する存在として相見える。
    しかし、ひょんなことからゾンビRは人間ジュリーの
    命を助けることに!?

    一目惚れで恋に落ちたゾンビR。
    その恋は成就するのか。二人の行方はやいかに!?

    私の妻はゾンビがとにもかくにも好きである。
    寝てもzombie。冷めてもzombie。
    そのくせにとっておきに怖いゾンビ映画を見たその夜は
    決まって夜中一人でトイレにもいけず
    私を叩き起こして用を足すという意味不明な
    zombieライフを送る。zombie女子。

    そんなzombie検定があればおそらく1級を軽々と取得
    できる妻が太鼓判を押す本作品。

    休みの夜が訪れる度に
    一緒に観てほしい映画があると言ってくる妻。
    その姿まさしく諦めず人肉を貪るzombieそのもの。

    そんなzombieに根負けして軽い気持ちで
    出会ったこの作品。

    さすがzombie1級!!と呻ることを我慢できなかった。
    「B級映画のアカデミー賞もの!!」いや
    「ゾンB級映画のアカデミー賞!!」である。

    zombieと相反するモノであるlove
    その二つが一つになった奇跡の作品。
    細かい設定なんて気にしてはいけません。
    ゾンB級映画はただその瞬間を楽しむものなのです!!

    zombieの身体は冷たいですが
    少し心が温かくなるそんな素敵な作品です。
    死人関係movieでの私の最高傑作は
    キョンシー系でしたが
    今夜25年ぶりに順位変動致しました。

    さらばキョンシー。
    ありがとうキョンシー。
    来来!キョンシーズ!!

  • ホラーなのかと思っていたら

    イケメンゾンビが現代男子的な感情を語る(笑)
    ちょっと面白いカモ……と観続けたら
    最後は血を流す人間になってハッピーエンドな展開

    何かを変えるには強い意志が大事。ってこと?

    今の私にちょっと気付かせる映画でした

  • レンタルで鑑賞。

    死者のゾンビが生者に戻る異色作。
    ゾンビ映画のお約束を踏まえながら、軽いタッチでゾンビと生者の恋愛を描く。

    死者として迷いのないガイコツたちと、主人公Rをはじめとする所謂ゾンビたち、そしてヒロインたち生者。
    この関係は、他者との交流を断ち、憎みさえしている人々と、他者と関わり合いたいけれど手段がわからず互いに孤独を抱えながら生きる人々、そして自身と共通点の多い他者とは良好なコミュニケーションをとれる人々として、三つの価値観の異なる集団とも受け取れる。
    脳を食すことによって、相手の記憶を得て、孤独と飢えを満たすというゾンビの行動は、まるで刹那の娯楽で寂しさを埋めているようにも捉えられる。
    が、生者にはその行動からしかゾンビの思いは測れず、ただ危害を与える存在でしかない。

    人が人らしく生きること。自分自身を見失った人々、自身の人生の意味を見失った人々、それがこの映画のゾンビたちなのだなと感じた。

    「何か望むから 心が傷つくんだ」
    「今のままで満足しろ 現実は変わらない」
    「心を閉ざせ」
    「苦しまなくて済む」
    そして彼女を忘れようと思いながら、今まで感じたことのなかった寒さを、雨にうたれたその身で知る。
    このくだりには共感できる。相互理解と距離感の難しさ。傷つくくらいなら関わり合いを持たなければ良いと言う考え。
    けれど、他者との関わり合いによって自身が傷つく以上の充足感が得られる事実。
    他者との価値観の違いを認識する大切さ。お互いに、お互いの異なる価値観を受け入れあった結果の価値観は妥協ではなく、異なる価値観が合わさってできた新しい価値観だと信じたい。

    現代人の個人主義的生き方と人間本来の社会的な生き方という側面を、ロミオとジュリエットの物語になぞらえながらゾンビと生者の恋愛模様を描き、ゾンビが生者に戻るくだりには、『人は変われるのだ』と勇気付けられる。

  • ゾンビの純愛。ピュアゾンビ。幸せな気持ちになった。

  • 序盤のゾンビ視点のところはおもしろかったけど、
    あとは別に・・・・・w

    べらべらしゃべってるし表情豊かだしw

  • 可愛い♡ラブコメ

  • 思ったよりもラブ色強しなゾンビ映画。
    アバウトアボーイからニコラスホルトくん大好きなわたしですが、ゾンビになってもイケメンなんですね。青白く猫背でどもってても可愛かった。そしてなによりも純粋、純愛、一途にジュリーを守る様はゾンビ様、や、王子様そのものじゃないですか。

  • ゾンビになってしまった青年は恋した少女を守ろうと頑張る内に、言葉を取り戻していくが…

    しゃべれない不器用な彼がかわいい。

  • 言葉の通じないやつは力でねじ伏せるしかないという思想がよく伝わる映画。

  • 「ゾンビと人間の恋」。このむちゃくちゃなテーマを映画として成立させるための力技の数々が素晴らしい。一人称でしゃべるゾンビ、だんだん人間化していくゾンビ、脳みそを食べて人間の記憶を共有するゾンビ。よく考えたものだなぁ(全然科学的説明はないんだけど)。

    これぞゾンビ映画のニューウェイブ。面白い!

  • 今時っぽく「ゾンビ男子」とかなんとか、宣伝の仕方がキモくて避けていた作品。ロメロ映画で出来上がっていた既存のゾンビの概念と設定をアレして少し無理がある感じだったが、ラブコメ混じりのゾンビ映画というよりはロミジュリオマージュの片方がゾンビであるラブコメ映画、という感じなので納得。独白ナレーションにユーモアがあって良かった。
    ニコラス・ホルトくんの瞳きれいすぎでしょ!?あとデイヴ・フランコのセリフが少ない~!

  • 設定が面白い。

    新しいゾンビ物を観れた感じ。
    片言くらいなら喋られる、動きがアクティブ、脳を食べた人の記憶を体験出来る等…

    色々突っ込みどころはあったものの、ゾンビ物なのに観ていて心が和む内容。
    個人的に空港で、金属探知機で律儀に検査していたゾンビがツボ(笑)

    最後、人間と共存している感じが良かった。
    「ゾンビ指」は中々不便そうで…(笑)

  • 初見のときは「女子供に媚びたゾンビ映画を作りやがって……」と憤慨したのですが、この映画の見せ場は切り株やゴアじゃないということを納得して再鑑賞するとあら不思議、なかなかハッピーでハートフルなよい映画です。内容はというと、主人公のゾンビ君の名前がR、ヒロインがジュリーであることからもわかるように、ストレートにロミオとジュリエット。エピソードにもモチーフにも、わかりやすいオマージュがちりばめられております。ふだんなら愛がすべてをよいほうに導く的展開には「ケッ」と思ってしまうひねくれ者の私ですが、この名作が下敷きになっているため、ラストの「死」や「愛」の扱い方がすごくすんなり腑に落ちました。無表情、口下手という設定(ゾンビなので)ながら、微妙な表情や目の芝居でRを演じるニコラス・ホルト君もたいへんキュートで魅力的であります。

  • アメリカの映画人たちがゾンビ大好きでロマンすら覚えているのには薄々気付いていたけど、ここまで愛してるとは思わなかった

  • ジェニファーローレンスの元彼氏ニコラスホルト。癖のある顔だけど地味な感じで、自己主張しない雰囲気が好き。ジュリー役のテリーサパーマー。クリステンスチュワート似で超美しい。火の打ち所のない美形。好きだなあ。
    ゾンビが恋をして温かい心を取り戻し人間化する話。内容が重くないし気持ち悪さもちょうどいい。何よりハッピーエンドでウォームハートになれて気持ちがいい。


    R・・・ニコラス・ホルト
    ジュリー・・・テリーサ・パーマー
    M・・・ロブ・コードリー
    グリジオ大佐(ジュリーの父親)・・・ジョン・マルコヴィッチ

  • 本職ゾンビ男子と人間女子の恋愛物語
    序盤の独白が面白い。自分で自分にツッコミ入れるあたりがまだ人間要素残ってて吹いた。震えながらも素直についていく彼女の肝の太さはすごい

    とてもご都合主義な展開だけどハートフルな内容で安心して観れる。最後の共生模様はゾンビに限らず色んなハンデがある人にも優しく出来る理想の社会を暗になぞらえてるのかなと思った

  • ゾンビが人間の女の子に恋をして…という話。
    この世界の人間は「進撃の巨人」じゃないですが壁の中に街を作りその中で住んでいます。主役のRは壁の中から物資の調達に来たジュリーに一目惚れしてしまうゾンビ。ジュリーのことを知ろうと恋人の脳を食べます(食べると記憶が見れる)。そしてジュリーを助けようと自分の体液を塗りたくりゾンビに見えるよう誤魔化しながら自分の塒へ連れ帰ります。
    その後ジュリーと仲良くなるのですが家に帰ったジュリーを追って骸骨(ゾンビの最終形態)が迫っていることがわかり、Rは人々に危険を伝えるために一人人間達の住む壁の中に向かい…という話。

    一応ゾンビは感染症という設定なので感情を取り戻せば人間に戻る設定です。しかしゾンビの時は血も出ないほぼ不死身の存在なのに人間に戻ると何事もなかったように血も出るようになるというのがちょっと無茶かな〜と感じましたが、恋愛映画として見れば普通に楽しく観ることができました。特にゾンビと人間の恋なので完全に精神的な描写しかなく微笑ましい気持ちで観られます。

    見終わった時に優しい気持ちになれる映画。

  • ガワだけ変えてギミックで新鮮味を出す小手先だけのゾンビ映画が氾濫する近年、正直食傷ぎみでしたがこれは良かった。
    人間の醜さや臓物を見所にしてきた今までのゾンビ映画と違ってこれは純愛と人間味の物語なのである。

    恋をして、全てが美しく見えて君と沢山の事を共有したい気持ちで溢れる。
    だからこそ悲しくて忘れたくなってしまう事も。それでも大好きだから君のために何だって出来る気がしてしまう。
    ただ手をつないで君といたいだけなんだ。そんな気持ちはゾンビも人間も同じなんだ。

    純愛ゾンビの傑作です!!

  • ゾンビの表情と歩き方しつつ、恋をする役、大変だろうなぁとやや冷めてずっと見てしまう設定。その点だけでプラス1。

    女性、すぐ逃げ出したいはずなのに暇だから車運転しだして、一気に冷めた。。

    この二人の関係のせいで、他のゾンビも人間に戻り出した?
    とっても無理がある。

  • なんて瞳の美しいゾンビなんだ!笑 ついつい萌え目線で見てしまった。

  • ティーン向けだけど、ゾンビが自分を取り戻す発想は面白い。

  • 何気なく見たけど、心が素直になれる映画だった。またみたい。

  • 種族を超えたロミオとジュリエット…的な話←実際にそれをオマージュ?パロディ?したシーンが出てきます

    私は見た事無いんだけど、トワイライト系が好きだと気にいるのかもしれない。
    あとゾンビ映画あんま好きじゃない方でも楽しめます。なんといっても“ゾン美”ですから(笑)

  • 新しいゾンビ映画だった!!
    普通だったらゾンビvs人間だけど
    この映画は第三極のガイコツが現れるw
    普通だったらどちらかが滅びるまで殺し合うと思うけど
    この映画は共存の道を見出していく。
    タイトルがすごくピッタリだなぁって思う終始ほっこりする心温まるお話w

    開始10分くらい見逃してしまったんだけど
    すぐに世界観に入れてとても楽しめました!!
    ゾンビは人間に戻んねぇよとか現実的に見てしまう人は楽しめないかもしれない(^◇^;)

    ゾンビのRの脳内独り言が可愛くて仕方ないw
    ただの恋する初々しい男の子ですからねw
    Rとジュリーなどが皆を変えてく姿に何度か泣いたw

    手を繋いでる写真をゾンビ達が眺めてる場面が好き(*´ω`*)
    Rにメイクしてあげるシーンとかニヤニヤしちゃったw

  • あー、ゾンビ、いつも同じだなー、と思ったら、違かった。こんなふうに人間に戻る手だてがあったとはね。
    ニコラス・ホルト、トム・クルーズの若い頃を思わせるなかなかイケメンだけど、まだまだこれからだね。肉体鍛えなきゃ、かな。

全72件中 1 - 25件を表示

ウォーム・ボディーズ [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ウォーム・ボディーズ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ウォーム・ボディーズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする