フローズン・グラウンド [DVD]

  • 115人登録
  • 3.06評価
    • (3)
    • (10)
    • (40)
    • (10)
    • (1)
  • 23レビュー
監督 : スコット・ウォーカー 
出演 : ニコラス・ケイジ  ジョン・キューザック  ヴァネッサ・ハジェンズ  ラダ・ミッチェル  カーティス・“50セント"・ジャクソン 
  • Happinet(SB)(D) (2014年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043824

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フローズン・グラウンド [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 80年代にアラスカで実際に起こった猟奇殺人
    事件を下敷きに、ベテラン刑事と凶悪殺人鬼の
    攻防を描いた作品です。モーテルの一室で監禁
    されていた娼婦シンディが発見されます。
    彼女が犯人と名指ししたのはハンセンという善
    良な市民であり、証拠も不十分で彼は捜査対象
    から外れていたのです。だが、彼を怪しむ刑事
    ハルコムはシンディの証言を信じ、彼女を守り
    ながらハンセンを追い詰めていきます。
    刑事役のニコラス・ケイジと犯人役のジョン・
    キューザックが迫真の演技を見せ、その実力を
    遺憾なく発揮していました。
    犯人と刑事のやりとり、一見普通の人がなぜこ
    んな残酷な事件を起こせるのか、このまま犯人
    は捕まらずにおわるのか、被害者の家族の一人
    は証言するのかなど、結末が気になって最後ま
    で観ないわけにはいかなくなってしまった映画
    です。骨太な刑事ドラマでした。

  • GYAOで視聴。事実は小説より奇なり。すごいシリアルキラーですな。ジョン・キューザックのシリアルキラー役ははまってて怖い。映画の出来としては普通です。

  • ニコラス・ケイジは、
    あくまでニコラス・ケイジであって、
    それ以上でもそれ以外でもないのだが、
    事件の凄惨さと、
    展開の緊迫感があって、
    それなりに楽しめた。

  • 同じ年に公開された【ギミー・シェルター】に出演していたヴァネッサ・アン・ハジェンズ出演。

    なんか、役に変化が見られないと言うか。。

  • 「サタ☆シネ」にて。実話だと聞くと「へー」とは思いますが、猟奇スリラーとしてみると、物足りないなぁ。やはり犯人が最初からわかっているからか。まぁニコラス・ケイジがその犯人をどう挙げるかが見所なんでしょうけど。

    ちなみに、見てていちばんテンションが上がったのは、街中を巨大なヘラジカが歩いていたところ。超かっこいい! さすがアラスカ!

  • 実話をもとにした恐ろしい殺人事件の映画。
    一人の逃げ延びた少女のおかげで何件もの事件が解決へと導かれる。(遺体としてみつかる)

    この有名な殺人鬼の話を知っていても知らなくてもそこそこ楽しめる映画です。
    盛り上がりの少ない映画で、少々物足りなさを感じますが、実話をもとにしているという点でリアリティをかんじます。

  • こう言う人間を殺しまくっていながら、普段は完全に社会に溶け込んで暮らしている怪物の心理状態ってどうなってるんでしょう…
    奥さんとは上手く行ってる風には見えなかったけどね〜
    まぁニコラスケイジが主役だから仕方ないんだけど、どちらかと言うと犯罪者よりも、刑事と被害者にフォーカスしてるから殺人鬼の心理や動機にあまり掘り下げていないので、歴史的に見ても稀代の大量殺人鬼なのに人物像の描きが足らない気がしますね。
    まぁ被害者の女の子は役所が娼婦だけにお約束どおり、入らぬ手間がかかる存在でしたね。先が読めちゃうのは仕方ないかもね。
    まぁひどい話です。とにかく逮捕されてよかった。

  • アラスカ州で少女の行方不明事件が多発しているなかで、死体が発見されるけれど関連付けることのデキない警察
    ある夜、ホテルで男に襲われたという少女が警察に保護されるが、襲った男を疑わない市警察
    カフェを経営しているロバート・ハンセン(ジョン・キューザック)には具体的な証拠が出ないし、友人の証言でアリバイがある
    退職2週間前、転職先も決まっているのに事件を担当することになったジャック・ハルコム(ニコケイ)
    ハンセンから逃げて生き残った少女シンディ・ポールソン(バネッサ・ハジェンズ)が証人になるけれどハンセンにも見つかってしまう
    ハンセンを逮捕しても直接対決するジャック
    シンディの行動が不確定でドラマを盛り上げる
    ジャックはハンセンを捕まえることがデキるのか!?
    ハンセンの魔の手は止むことがあるのか!?

    安心のニコケイ印にジョン・キューザックとのWネーム
    タイトルの「凍土」ってカッチカチに硬い犯人ハンセンの心なのね
    容疑者は飛行機をもってるので行動範囲が広い。広すぎる
    挙句に物証がないときたら起訴できないじゃん!
    って、苦しいニコケイ巡査部長刑事
    実は設定がよくわからなくてニコケイはアンカレッジ市警察所属じゃなくて、アラスカ州警察所属なのね
    で、仲間の警察官たちが出来る奴らばかりでニコケイは助けられるトコがこのドラマのいいところ
    アラスカ州所属のバイスがカッコいいなぁ
    それにしても寒い、寒すぎる。吐息が真っ白だよ
    もっと寒いのは実際にあった事件が基になってるドラマで遺体が発見されてない人も多数だったりするところ

    映画宣伝で「ニコケイくん」が御髪神社に髪の毛を奉納したっていうけど、全然映画と関係がない
    ニコケイくんの髪が伸びることとモト冬樹、ブラマヨ小杉の髪も関係がないだろ
    と世間を騒がせて宣伝したのでこの映画を観た人が増えたことだろう
    (情報バラエティ番組への露出時間と宣伝効果って数字ででてるのかな?劇場公開無しDVDのみ映画を観る人が情報バラエティ番組での内容に関係のない映画情報を当てにしてるのか)

    The Frozen Ground (14/08/'15)

  • 実話なので仕方ないと思うが、最初から犯人が分かっているので、サスペンスならではのドキドキ感がなく盛り上がりに欠ける。
    これまた実話なので仕方ないが、被害者のシンディの軽率な行動にもイライラしてしまった。
    最後もモヤモヤしたまま終わる。これだけの殺人をしても死刑にならないなんて…。

  • 461年の無期懲役とはいったいどんな刑期なのだろうか?人間狩り…犯罪者のロバート・ハンセンのしたことは殺人ではなく、人間狩りなのだろう。罪の意識があったのかと考えるとそんな人としての心は持ち合わせていないような気がする。

    そんな凶悪犯を演じるのがジョン・キューザック。そして追いつめる州警察の敏腕刑事をニコラス・ケイジが演じる16年ぶりの二人の競演になる

    https://www.youtube.com/watch?v=wWY69mTr5gM

    「コンエアー」並みの期待をしたのだが、地味なキャスティングを見てそんな期待はどこかに行ってしまった。

    「フローズングラウンド」
    https://www.youtube.com/watch?v=lAaz8_S0tiM

    僕的にいえばこうした実話の解決事件よりも「ゾディアック」のような未解決事件の方がなぞかけに更なるなぞかけのような展開がたまらなく面白い。序盤から追いつめるケイジと逃げるキューザックのような役柄がはっきりわかってしまうと楽しみ方がなくなる。謎解きや追い込み方に疑問が生じ最後は……

    ダメだよ~ああいう自白は!

    https://www.youtube.com/watch?v=4cwtgQUNuy8

    ジャック・ニコルソンを超えるあの自白の仕方は生まれることはないのだから!面白いのですが、この二人の名優にかける期待はかなり大きなものですから仕方がないのかもしれない!

  • wowowで録画視聴。字幕版。
    FRaUの愛ある対談を読んだら久々にあのハゲ(愛称)の映画が観たくなって、いいタイミングで放送していたのでとりあえず視聴。
    ただニコラス・ケイジである必要があるのかどうか微妙な実に普通の刑事の役でした…。
    実際にアラスカであった連続誘拐強姦殺人の話らしくかなり胸糞でただでさえ苦手なジョン・キューザックを画面のこっちから殴りたくなる話でしたが、メインの被害者娼婦が危機感が無いというか…怖がってる割に素直に警察の保護を受けずに危なっかしいとこにすぐ戻るのでそこにもイライラと…。
    事件モノとしてこじんまりとまとまってはいましたが特に後に残るものも無いかな…。
    やっぱニコラス・ケイジものはもっととことんピンチになるのに髪の毛一本のとこで切り抜ける感じ(ケイジ的にすごく貴重)のやつを楽しみたいものです。

  • この犯人もヤバイな。

  • ジョンキューザックが、とっても普通な見た目で怖さが倍増してていい。

    犯人の追い詰め方が、結局は逃げ延びた子が「この人です」って言えば終わってたのでは?と思ってしまったなぁ。

    エンディング、実際の被害者がひとりづつ写真と紹介は重いなぁ。主題歌とあわない。。

  • 実話ベース。
    最近のニコラス・ケイジはしょうもない作品ばかりに出ていたが、この作品のニコラス・ケイジはいい。こういう作品のほうが似合っているように思う。
    話は実話ということで、そしてほとんど脚色をしている感じではないので、大きな盛り上がりがあるわけではなく、ただただ重い。
    もう少し警察の執念というか、葛藤というか、そんなものを見せてくれたらいいのになぁと。
    ラストに実際の被害者の写真が出てくるが、賛否両論でしょうね。

  • ニコラス・ケイジとジョン・キューザック、「コン・エアー」では立場逆転してたが良い関係だったな。
    今では、キューザックは異常な犯罪者が似合うようになり、ニコラスは、やたらと出過ぎてつまらなく。
    でも、この作品はニコラス久々の見応えだ。最後までハラハラして観た。
    凄惨な連続殺人の実話なので、何回も見たいわけではない
    が、捜査員の執念とか、「遺体を見つける」ことの意義とか、考えさせられた。

  • 確かTUTAYA限定で、じゃあつまらないんだろうなーと思いながら借りてきたような気がする。が、面白かったと思う。

    ヴァネッサは痩せすぎず太りすぎずの体がセクシーで好き。
    他の娼婦はパイポロしてるのにヴァネッサはなかったのが惜しいって感じだったけど、実話をベースにした悲惨な感じ……はあまりなかったな。
    意外ととんとん拍子に進んだ気もするし、みんながみんなそうではなかったとは思うものの体売るならそれなりに変態がいることも予測しないといけんよなぁと。
    だからといって殺されていい理由にはもちろんならないけど、犬どうなったんだろうなぁ…

  • 稀に見るジョンキューザックの悪役!
    これが実話だっつーから恐ろしい。

  • 実話物。
    1980年代の連続殺人を刑事:ニコラス・ケイジ、犯人:ジョン・キューザックで。

    この2人の対決にはおお、と心躍らなくもないですが、
    あんまり対決色は強くないですな。

    初めから犯人が明らかになっていて、
    ただ、物的証拠が挙がるまでは、と尻込みをする警察上層部とニコラスの対決や、
    逃げ延びたおかげでこの事件が発覚したんだけど
    その後もフラフラして危険な目に会う証人の娼婦の少女の動向の方がメインで描かれていましたな。

    少女の方も、ニコラスが救おうと必死こいて右往左往するわけで、
    ニコラスの過去や家族なんかの話もザラザラ出てくる感じの、
    彼が演じた「ジャック・ハルコム」という刑事についての物語という印象です。

    ジョン・キューザックは役柄の割にはおいしくなかったな。
    娼婦の少女はヴァネッサ・ハジェンズ。
    俺的には「センター・オブ・ジ・アース2」に出てた娘、だけど
    世間的にはハイスクール・ミュージカルの娘か。

    ザック・エフロンと付き合ってて、ヌード写真も流出させただけあってか、
    ヌードクラブでのダンスなんかも若いのにエロかったな。

    エンドロールで、殺されたり行方不明になった10数名の
    女性達の本当の写真が写されていくのは…なんか…って感じでした。

  • 地味だけど悪くないかな。実際にあった事件をもとにしているので、派手にするわけにもいかないからな・・・。
    こんな事件が実際にあるんだと思うと結構怖い。

  • 実際に起こった事件を元に作成された映画だと思うと
    心底怖い映画。

    アンカレッジというと雪と氷に覆われた地が舞台になっているのも
    寒々した雰囲気を感じさせます。

    犯人は分かっていて、しかも被害者の証言もあるのに
    それでも社会的地位もあって逮捕できない。

    そんな考えられない状態を、刑事たちが必死に証拠を固めていきます。

    そしてラスト、最後の賭けに出た攻防戦がおもしろい。

    エンドロールの被害者の写真がこの事件の悲惨さをあらためて感じさせます。

    被害者たちに捧ぐ映画にふさわしい

  • ニコラス・ケイジが犯人逮捕に萌える刑事役で
    ジョン・キューザックが 女性連続殺人事件の犯人。
    最初から犯人はわかっているのだが逮捕に至る証拠がないので追い詰めていくという話。
    最初はよくあるレイプ事件でどってことないつまらない内容かと思って見た。でも後半からちょっと面白くなった。
    実話を基に作られているそうだ。

  • 2014/2/21 ニコラス ケイジ主演 実話に基づく

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フローズン・グラウンド [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする