マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]

  • 204人登録
  • 3.30評価
    • (8)
    • (25)
    • (34)
    • (11)
    • (3)
  • 30レビュー
監督 : フィリダ・ロイド 
出演 : メリル・ストリープ  ジム・ブロードベント  アレキサンドラ・ローチ  ハリー・ロイド  オリヴィア・コールマン 
  • Happinet(SB)(D) (2014年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043763

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • サッチャーさんの人生ダイジェスト版。
    比較的近い人なので、まだいくらが時代の想像がつくぶんまだわかりやすかった。
    といっても、ピンとこないところはたくさんあるんだけどね。
    デニスの若い頃がなんであんなにエロくさいのか(笑)

  • イギリス英語は本当に聞きやすい
    いい回しといい…あぁとってもfamiliar...

    あの質素なのに凛とした感じといい、
    あーイギリスに帰りたい。

    実話なのでしょうか。
    首相の伝記を読んでみたくなりました。

  • 「決断」「決断」「決断」、そしてそれを貫く「意志」。
    加えて「最初の」女性首相。
    当時の重圧たるや半端なものではなかったと感じる。

    サッチャーが過去を振り返り、それらと決別するまでを描いている。選挙への立候補、党首、首相、フォークランド戦争、そして自由主義経済への舵切り、ベルリンの壁崩壊。

    トップが孤独、ということが非常によく分かった。
    そしてイエスマンがウケが良いのも少し理解できる。
    毎日がああいった日々だと平穏を求めてイエスマンを欲してしまうのだろう。
    そういったなかでイエスマンはいらない、と言い切るパワー。

    やはり、上に立ち、人を引っ張るということは、見た目も含め「パワー」がいる。

    一方で、EUとイギリス、世界とイギリスの関係は今後どうなっていくのだろうか。こういった苦境のタイミングでこそ、意志の力が必要。そうでなければ、YESでもNOでもない悪い意味での混沌とした状況に陥り取り返しがつかなくなるような。

  • 老いは誰にでもくるものだけど、昔活躍した人であればあるほど、目も当てられないというか悲しいというか…撮影技法も最後幻覚の夫が靴を履かずにいなくなるだとか、凝ってると思った。もっと史実に詳しければ内容が面白く感じたかもしれない。

  • 考えは言葉となり、

    言葉は行動となり、

    行動は習慣となり、

    習慣は人格となり、

    人格は運命となる。


    学生の頃、私も父からこの言葉を聞いた。
    サッチャーの言葉だったのかぁ...

  • 2012年公開
    監督 : フィリダ・ロイド
    ==
    かつて鉄の女と呼ばれた女性首相が、過去を回顧していくお話。

    人は立場で規定される、というストーリーとして見ていて。役目を終え、静かに老後を過ごす彼女と、回顧のシーンで出てくる女性首相としての彼女が、なにを大事に思い何を背負って生きているのか。まるで別人のようでもあり、そこにはつながった人生のストーリーがあって、それが後悔になっているんだなあと。人は同じ人生を生きることしかできないともいえるし、いくらでも変わることができるともいえる。大切なのは、そのときそのときで、自分にとって何が大切で、そのために何になら耐えるべきなのか。

    ヘレン・ミレンの女優魂をとくとご覧あれ。すげえなあと思いました。

  • アマゾンプライムで視聴。
    現在と過去が錯綜する中で、サッチャーの人生を垣間見ていくような映画。何かに感動したわけでも、手に汗握ったわけでもないけれど、何となく私も私の人生をがんばろうと思った。

  • 労働者階級出身、英国初の女性議員。これは彼女を駆り立てる原動力であり、劣等感の源だった。
    劣等感に苛まれていたために、同じ出身階級の人々へ持っていて当然の理解と想像力、そして思いやりを示すことを拒否した。また、「思いやり」や「気持ち」の軽視は、女性を軽視する社会の価値観を彼女自身が自分の物としてとりこみ、苦しんでいたことを示しているように思える。彼女にとって、妥協とは敗北だった。マイノリティにはよくあること、なのかも。

    パワフルで、偉大で、疑り深く、頑固で、聞く耳を持たず、社会的な地位を得ても劣等感に苛まれ続けた。矛盾だらけで孤独な女性を、その弱さや欠点故に魅力的に演じきったメリル・ストリープは流石だ。アカデミー賞主演女優賞とメイキャップ賞を取ったのも当然の映画だ。

    映画が作られた時はまだ存命だったから、結構美化…というか、手加減して描いていたのかもしれないな。2013年に亡くなった。

    公務のために幼かった子ども達と一緒に過ごせる時間を充分に取れなかったことを悔やむ気持ち、そのためだったのか、傍にいてもお互いに分かり合えずにそれぞれの孤独に沈むしかない描写が感動的だった。

    ただ…戦争とナショナリズムのお陰で、支持率が上昇して、経済も回復した展開はなんだか複雑だった。ただの史実だけど。…EUとイギリスとこれから先の世界は一体どうなるんだろう…。日本だって貧富の差は開き続ける一方だし…。

    考えから言葉が生まれ、言葉は行動を促し、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格が運命になる。考えこそが人生を創る。

    何をするかが重要だった時代から、力を得ることが優先されるようになった時代へ。

  • 現在イギリスのEU離脱で騒がれている中、この映画を観た。

    サッチャーさんの功績や過去の家族とのあり方の回想と老後を交互に映す。

    旦那さんデニスさんは政治については助言していたけど、表立ってはそうしてないようにおちゃらけていたらしい?
    その雰囲気が老後のサッチャーさんに現れるデニスさんなのかな。

    全体的に功績や歴史を事細かく描かれているわけではなく、先に逝ってしまった夫への想いをこれからどうしていくのかがメインだと思った。

    男の人たちの中で戦った鉄の女。信念を曲げないすごいさ。

    それにしても、メリル・ストリープよかった。

  • 晩年痴呆とも言われていた英国初の女性首相マーガレット・サッチャー。彼女が晩年ご主人の幻に悩まされつつ過去を振り返る展開。

    食料品店の娘が首相になるだなんて、とてつもなく苦労が多かったろうと想像できます。どこを見渡しても男ばかり、半端無かったろうと思います、今でも日本では女性議員たちが苦労してますよね、未だに女性の総理なんてあらわれてませんよね。

    サッチャーさん、本当に強い女性です。
    フォークランド紛争をはじめ、さまざまな場面にぶち当たった時に強力なリーダーシップを発揮していましたが、何度か殺害されそうになったりしたんですね、そして横にはご主人がいたんですね。ご主人がついてたから活躍できたんですね、、、今の朝ドラの「あさ」みたい(笑

    そんな彼女も後半、たんなるヒステリックなおばさん上司になってて、なんとも悲哀を感じました。
    メリルの演じ分けが絶妙でした。

  • 若年期のデニス・サッチャー、ハリー・ロイドがキュート。

  • クソつまらなかった。
    実際の映像交えてだけど、中途半端だって。
    ドキュメンタリー作った方が面白いって、、

  • 役者はりっぱなんだが、
    つまらなかった。
    あちらではサッチャー、こちらでは角さんが回想。
    ちっとも話題にならぬ、すだれおじさん。

  • 男勝りの決断力とリーダーシップで“鉄の女”の異名をとった英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの人生と知られざる素顔を家族との関わりを軸に描き出していく。メリル・ストリープがアカデミー主演女優賞。

  • 考えは言葉となり、

    言葉は行動となり、

    行動は習慣となり、

    習慣は人格となり、

    人格は運命となる。

  • なんか思ってたのと違った。

  • メリル・ストリープさん、やっぱすごいなぁ。

    映画ごとに、全然雰囲気が違う。
    特殊メイクのせいもあるんだろうけれど
    最初の20分ぐらい、いつメリルは出てくるんだろう?
    と思ってしまっていたくらい。
    (最初から出ていました。)

    内容は、特に・・・まぁ、それなり。

  • 10代の頃、英国首相だったサッチャーさん。子どもながらに英国病を克服していく姿は格好いいと思った。そのサッチャーさんの映画とあって興味深く観た。
    結果は、メリル・ストリープの演技力につきる。晩年痴ほう症にかかったサッチャーさんが亡き夫の幻を見ながら過去を振り返るシーンが見所。政治では独りで闘ったが、家庭では独りじゃなかったんだろう。

  • 女であること。

    20141231WED

  • メリルストリープ素晴らしい。
    ラストシーンはどういう意味だったのかな。
    老いていく自分を受け入れたのかな、どうなんだろう

  • GEOでレンタル、英語字幕なしで鑑賞。政治用語が少し難しいけど、内容は大体分かった。メリル・ストリープの演技が素晴らしい。

  • 似過ぎ。メリル・ストリープの演技も素晴らしい。

  • 正に鉄の女マーガレットサッチャー。
    因みに本題は「The Iron Lady」
    メリル・ストリープはやっぱすごい女優だなぁと思った作品。
    本人そっくり。まさに名演技とはこのこと。
    亡くなった旦那の面影を求めて探しながら
    昔の自分がイギリス首相だった頃を思い出すという作品。
    街中のゴミの山、頻繁に起こる停電、アルゼンチンとの領土問題、労働党との戦いなどなど…
    沢山のことを成し遂げたなぁと。
    自分の保身しか頭にない政治家と会社の上層部あたりには目玉ほじくってよく観てほしい映画。
    まぁ長い映画ではないので、サラッと観れるのし
    批判的なとこと、肯定的なとことあったにせよ
    近年亡くなったマーガレットサッチャーに敬意を。
    「考えが言葉になる。その言葉が行動になる。その行動がやがて週間になる。習慣がその人の人格になりその人格がその人の運命となる。考えが人間を創る。」
    まさに。

  • マーガレットサッチャーがどのように政治を動かしてきたかというより、これはサッチャーの人生を通して描かれたラブストーリーなのだと思った。
    この作品のメインはラストで、ラストのための全編だと思ったらつい☆5つをつけてしまった。

全30件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]はこんな映画です

ツイートする