BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 154人登録
  • 4.26評価
    • (22)
    • (20)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 石塚真一
  • 小学館 (2013年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もともと石塚先生の作品は好きだったのですが、今回もまっすぐで気持ちいい宮本大(主人公)のキャラクターが好きです。

  • 旦那さんが面白いと言うので読んでみた。

    全然期待していなくて、一番最初の方は誰が主人公なのかもよく分からなかったけれど、読み進めていくともっと続きが読みたくなって、kindleで読める3巻まで一気に読んでしまった。

    ジャズのことは全く分からないけど、漫画から音が聞こえてきそうな感じがする。夢があっていいと思う。

  • とても美しく、凛々しいです

  • ≪ジャズは感情の音楽なんだ。
    すげえプレーヤーの音やメロディには感情がもろに乗っかってる。
    うれしくても、悲しくても、
    どんな気持ちも音に込められるんだ。≫

    以前から読みたいと思っていたJazzをテーマとした漫画。
    YAMAHA Venovaを買って、管楽器熱が上がったので、大人買いしてしまいました。
    (注:大人買いしたのは漫画です。楽器はさすがに大人買いできない…)

    主人公「大」の、「ただただ好き」という気持ち。
    ただ吹く。好きだからずーーーっと、ただ吹いている。たぶん「練習」とか「つらい」とかは思ってない。
    その姿にとても打たれます。

    回りの大人たちも良いです。
    「ただJazzが好き」という大に「やれよ!」っていうお父さん、
    リードをサービスしてくれたり、はじめてのライブをお膳立てしてくれる楽器店の店主、
    「音の好き嫌いは恋愛と同じ、理屈じゃない」と語るバンドのピアノ奏者。

    早く続きが読みたくなって、さくさく読み進んでしまいそうです。

  • ファッションじゃない音楽の素晴らしさ

  • 評判がとても良かったので読んでみたり。
    ジャズと無縁だったので用語とかよく分からないし、
    安易な感動ストーリーとかそれほど好きじゃないので自分に合うかどうか不安だったけど、1巻読んだら、そんな事は杞憂でありました。
    どういう音楽なのか全然分からないけどとにかくすごいと言う本当にどうなのと言う手法なんだけど、これがぴったりとあてはまって凄い作品だなと思ったり。
    最後のボーナストラックもネタバレをもろともしない所が素晴らしかったり。
    実はこれで安心して読めると言う部分もあったりしてそこも凄いと思ったり。
    まあ、これは賛否ありそうだけど。

  • JAZZ/サックス
    16.06.14 新規up

    1-08巻 続

  • やべぇやべぇ。
    背中が熱くなって。
    その熱いのが目頭にきて。
    さーっと心地いい気分になって。
    いいよ、すごくいいよ。
    読んでみなって。
    無料アプリで読めるから。

  • 久々に続きを読みたくなったコミック。ワキに至るまで人物描写がしっかりしてて面白い!ドキュメンタリーかとまで思わせるくらいリアル。

  • いやぁ1巻の最後はいい演出だわぁ
    続きを読みたくなっちゃう
    今のところはジャズリたい少年がいるんだねというだけ

全15件中 1 - 10件を表示

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする