劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 74人登録
  • 3.76評価
    • (7)
    • (12)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
監督 : 長井龍雪 
出演 : 入野自由  茅野愛衣 
  • アニプレックス (2014年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530073266

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TVアニメの方を観て、私の好きなTVアニメのベスト5に入りました。
    劇場版の方は、TV版のまとめみたいな感じではありますが、1年後のストーリーや過去のストーリーなどが書き加えられています。
    もうねぇ~、冒頭から(T_T)ウルウル
    TV版での感動が甦ってきました。
    秘密基地を共有するほどの仲良し6人組が、めんまの死を境にバラバラになってしまい、それぞれが高校生になってからの話です。
    そこへ現れるめんまの幽霊。
    そのことが、他の5人の心の傷のかさぶたを剥がしていきます。
    ウルウルが、だんだんポロポロになり、そしてラストはビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!
    私も身内を亡くしているので、感情移入が半端なくて・・・
    めんまがとってもかわいすぎて、だから余計に切なくなります。
    クライマックスにかかるTV版のエンディングテーマ「Secret Base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.)」のタイミングが最高でしたね。さらに号泣もの!
    できればTV版を観てからみてほしい劇場版でした^^

  • 人の推薦で観たが、期待ハズレ。
    推薦してくれた方は、ひどく感動していたので、その違いが何かを考えている。彼女は「おおかみこどもの雨と雪」には大きな感動を得、私もあのアニメには感動した。
    そんな彼女のお勧めだった。
    根本的なテーマの深さに違いがあるのだ。
    普遍的な愛が感動を呼ぶ作品と、涙を誘うための感傷的な恋愛を描いた作品の差がそこにはある。
    私が十代だったら、両方の作品に感動しただろうか?
    作品を観ての内からくる感動はやはり、前者だけだろうが、周囲の言葉に惑わされて、両者に軍配を上げる自分も想像できる。

  • 涙。
    仲間って素敵だ。

  • 冒頭のメンマの孤独を受け入れてる姿に泣かされそうになったけれど、それ以外は本編の総集編的な内容でクライマックスの「かくれんぼ」のくだりも含めてイマイチ乗り切れなかった。
    予告編まわりの映像特典もあっさりしていてこれというのは見つからなかった…。

  • 後日談を絡めた総集編。
    上手くまとまっており、思い出が蘇ります。

  • テレビアニメからずっと観てきた作品でした。
    やっぱり泣ける作品です。切なく、でも美しい。

  • とにかく迸る気持ち、想い、若さ。そういった一人一人の感情がこれでもかとはき出されてて、ガンガン胸を打ってくるし、羨ましい。
    そんな気持ちになる作品。
    TVシリーズを観て、その上で後日談的に観るべき位置づけの作品、かな。単独で観るのはもったいない。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする