千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

  • 41人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 初野晴
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (235ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (ややネタバレ)
    シリーズ第四弾。ここまででアニメ化なので、これでなんのためらいもなくアニメを見れます。
    さておき。
    前巻は大会がメインでミステリ要素薄めでしたが今回は学園ものの花、文化祭。久しぶりにがっつりミステリ、という感じです。
    さすがに4巻になってくると良くも悪くもある程度作風に慣れてきて、ちょっとマンネリ化してるかな…と感じなくもないです。いや、面白いのは面白かったんですけどね。ただあれかな、ハルタとチカがメインで、他の吹奏楽部のメンバーは今回は影がちょっと薄い感じで、そこが物足りなかったかも。芹澤さんは大活躍だったけど。
    前巻あたりから単なる短編集ではなく短編連作というか、あっちとこっちが繋がって、みたいな仕掛けが入ってきて、その辺は新しく楽しめる部分になってるのかな、と(アニメはそういう部分をばっさり省いたみたいですが)。
    某作のラストの部員の勧誘はさすがに強引ではないかと思います(笑)

  • 2016/2

  • なんだか色んな願いとか思惑とかが込められた特別な文化祭

    並行する時系列上でフランクフルトをパクつくチカちゃんがかわいくて

    千年ジュリエットのマレンがイケメンすぎて、キュンとなった

  •  今回は、文化祭のストーリーがメインで、ハルチカ以外の登場人物が活躍する、どちらかと言えば「番外編」っぽい。でも、全編がうまく表題作に繋がり、笑いあり涙ありの展開もうまい。個人的にはシリーズ1の傑作だと思う。

  • 前半は笑いが止まらないのに後半はまたももうもう。ハルチカシリーズは病と切れない関係…

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)の単行本

千年ジュリエット 「ハルチカ」シリーズ (角川文庫)の文庫

ツイートする