王国の子(1) (ITANコミックス) [Kindle]

  • 73人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (5)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : びっけ
  • 講談社 (2012年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (179ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

王国の子(1) (ITANコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 王族の影武者たちに焦点を当てた珍しい漫画。この方の漫画は変わった設定が多いのかな。

    名前も家族も、自分という存在までも捨てさせられ、一生を影として生きる人々の存在の切なさ。読んでいて胸がキュッとなる。
    権力を巡ってそれぞれの思惑が渦巻く中で、どう物語が展開していくのか気になる。

  • 他の方々も言及されてますが、国のモデルはイギリス。
    登場人物の名前もそのままです。
    病弱な弟の保護と引き換えに王女の影武者となった元芝居小屋の少年・ロバート。
    勝気で皮肉屋、口が減らない彼と、幼くも聡明な王女エリザベスの出会いから始まる華麗なる宮廷絵巻。
    びっけさんの著作は何冊か読んでますが、正直これが一番面白かった。導入から物語が確立されている。掴みはばっちり。イギリス史を下敷きにしているだけにそっち方面に造詣が深い方には胸躍るエピソードやキャラが続々出てくる。
    王女の影武者として採用されたロバートの人物造形も魅力的。
    芝居小屋育ち故に学はないのですが素晴らしく機転が利く。影武者と王女とはいえ、エリザベスとの関係は運命を共にする対等な戦友に近い。親切心から彼女に弟宛の手紙を書けと薦められた時の啖呵の切り返しは実に痛快でお見事。
    「だが、俺の弟は字が読めないんだぞ?」
    それを受けたエリザベスもいじけるでなく、見聞を広めようと教えを乞うなど、現状に甘んじぬ向上心と謙虚さに好感がもてる。
    一巻の時点で既に不穏な要素盛りだくさん、人間関係は錯綜している。
    裏切り、陰謀、駆け引き……
    王族を利用し出世を企む腹黒い貴族たち、影武者とはある意味その最強の対抗手段にして最大の切り札。
    題材が題材なのでシリアスな場面も多いですが、エリザベスとロバート、その側近との語らいなど、ホッと一息つけるシーンが巧みに挿入され、重く暗くシリアスに傾きがちなお話の緩急に一役買っている。
    びっけさんの絵柄はすっきりと綺麗で見やすい。13歳の少年が女装して影武者に……というネタだけクローズアップするとその手のイロモノにとられてしまいがちですが、影武者に男を採用する有利性と必然性が序盤に説かれるので、そこには引っかかることなくストーリーに集中できました。

  • これは面白いわ、影武者

  • ファンタジーだけど、歴史を題材にしているので、読み応えがあった。この後の影武者が辿る人生のことを考えると辛い。

  • 無料だったので読みましたが、続きが読みたい…買わなきゃ!

  • 現在1~5巻刊行
    Kindle有

    16世紀、1547年頃~
    架空の国ゼントレンが舞台だけどモデルはイギリス、テューダー朝。
    ゼントレン=イギリス
    西の大陸ウステン=フランス
    北の大国ネルト=スコットランド
    南のスーデル=スペイン
    人物名、地域名は史実通り。

    ヘンリー8世からエリザベス1世の跡継ぎ問題がモデルの作品。
    フィクションですが、史実に沿ってるし、ストーリーもなかなか面白い。

    「ある国に息づく残酷なしきたり。それは“影武者として生きること”。
    ――場末の芝居小屋で役者をしていた少年・ロバートは、
    王位継承権をもつ王女・エリザベスの影武者として声をかけられる。
    「絶対生きて帰ってやる――」回り始めた運命の輪に、
    ロバートは飲み込まれてしまうのか?
    偽り、罠、憎しみ。欲望に満ちた王室の闇を描く!」

  • 面白かった~
    宮廷で王位継承者の少女の影武者をすることになった少年の話。
    エリザベスは賢い上に性格もいい。宮廷ものだからもっとドロドロしてるかと思いきや、主人公2人が爽やかだから読みやすかった。
    続きが気になる。

  • 架空の国になってますけれど、ヘンリー8世晩年からの英国。王位継承権をもつ王女エリザベスとその影武者の少年の物語。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

王国の子(1) (ITANコミックス)を本棚に登録しているひと

王国の子(1) (ITANコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王国の子(1) (ITANコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王国の子(1) (ITANコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王国の子(1) (ITANコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

王国の子(1) (ITANコミックス)はこんな電子書籍です

王国の子(1) (ITANコミックス)のコミック

ツイートする