3月のライオン 1 (ジェッツコミックス) [Kindle]

  • 176人登録
  • 4.47評価
    • (34)
    • (16)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2008年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 将棋のことはさっぱりでも、主人公の怜君の生い立ちや川本三姉妹との微笑ましい関係などが魅力であっという間に読んでしまった。

  • 羽海野チカは外さないなあという感じ。将棋を題材にした漫画で監修もついててしっかりしてる(多分)けどヒカルの碁みたいなのとはまた違ってメインは人間関係とか恋愛とか。香子がヒロインだと思ってました遺憾。

  • 電子書籍無料にて。ハチクロすらアニメで見ただけな私ですが、厳しい将棋の世界と家族を失った孤独な少年の心情がクロスしつつ丁寧に描かれていて、大変好感が持てました。同じく両親はいないけど、対照的に賑やかな3人姉妹の家もいい。私もサッカーボールの握り飯作りたい。「次号、詰むや詰まざるや…」笑ったw

  • 今までなんとなく読んでなかったけれど、読んでみたら、やっぱり面白かった。
    これは久々の大人買いパターンなのか。

    影のある人、いっぱい出てきそう。

  • こないだ職場下の本屋で「大好評3月のライオン11巻発売中です!!」ってしきりに叫んでたので1巻から読んでみた。あかりさんに惚れてしもたんや

  • Kindle期間限定無料版にて。
    結構な話題作のようだし、無料だし、ということで内容をまったく知らずに読み始める。
    うむ。
    心が温かくなるようないいお話。
    そして心がちくりと痛むようなお話。
    いいマンガなんですけどね。
    なぜかワタクシ「将棋マンガ」と「囲碁マンガ」にはイマイチのめり込めないんですよ。なぜかわからんけど。
    「チェスマンガ」はダイジョブなんですけどね。
    なぜだろう。
    「鍵のかかった部屋シリーズ」でも将棋の事件がダメだったし。
    なので面白くていいマンガだけど続きは読まないと思う。

  • 最高。
    この作者は天才。
    心の描き方がとてもうまく、毎回泣きそうになる。

  • 登場人物には家族を失ったことで、大きな喪失感と飢餓があります。親戚の嫌な部分を知ってしまったり、他人の家で育てられる居心地の悪さ、三姉妹と猫の家に受け入れられる居心地の良さとか、心の部分を丁寧に描いています。このお姉さんが玲を受け入れるくだりは不自然で唐突です。でも、明るく優しいお姉さんの心にも傷があるからでしょうね。作者はなぜこのテーマを描いたのでしょう?繊細な感受性に痛みすら感じます。

  • とりあえず,東のエデンから離れろ俺.
    自身の才能に押しつぶされる人というのは,かぐや姫の物語を見て思った感想でもあるんだけど,自分には全く共感できるところがない.かといって二海堂のように死に物狂いかと言われると,どうなんだろう.ただの泣き虫なんじゃないかと思うしかない.

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)はこんな電子書籍です

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)のKindle版

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)のコミック

ツイートする