BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]

  • 306人登録
  • 3.37評価
    • (8)
    • (20)
    • (23)
    • (9)
    • (2)
  • 20レビュー
  • マガジンハウス (2013年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277530147

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
能町 みね子
本屋図鑑編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • この本があれば、人生だいたい大丈夫。
    というコンセプトのもとに繰り広げられる
    積読をますます増やす蠱惑的な特集号♡

    小説、伝記、絵本、詩集、写真集。
    積んでる本を読むのがさらに楽しみになったり、
    またほしい本が増えたり…。

    平松洋子さん、高橋源一郎さん、松浦弥太郎さんの
    対談やダイジョブ本話が読めるのもうれしい♡

  • 本好きにはたまらない雑誌。
    よくある、薄っぺらい特集ではなくて、全然手を抜いていなくて、かなり充実した濃ゆい本。
    ツボを押さえてらっしゃる。
    やっぱり本っていいなぁ、と思わせる見せ方(シチュエーション写真)だったり、本のセレクトだったり、マニアックな作家についてだったり。
    新旧織り交ぜてあるところ、絵本や詩集に至るまで、本当に満足のいく雑誌だった。表紙も素晴らしいし。
    さらに気になる本が、かなり増えてしまって、やばいです。

  • 人がスケベ心なしに好きだという本はほんとうにおもしろかったりします。

  • 本特集。ちょっと変わった特集の仕方でした。勉強にはなりましたが、あまり好みのものはなかったかも。

  • タイトル通り、表紙の絵、著者の生き様、
    本についての紹介文や、本を薦める人のプロフィール、
    薦める理由。

    そういったものを眺めては、タイトルにあるような、
    胸に突き刺さる、ビビビと来るような作品に
    出会えるといいな、と思っていました。

    結果、今の私にはそこまでガツンと来る本とは
    出会えなかったのですが、私が、自分が人に勧めたくなるような本、
    もう一度読みたい、何度も読みたいような本を考えていますので、
    本を薦める人の本棚の写真などを食い入るように見つめておりました。

    継続的にこういった特集をチェックして、幅を広げていきたいと思います。

  • 中の冊子含めとっても良かった!
    様々に編集された本棚のような本

  • ココロも身体も軽くしなきゃ、、、財布は年中軽いけどね。。。

    マガジンハウスのPR
    「ハウツー本や自己啓発本を読み漁っても、毎日がガラリと変わるわけじゃない。
    それより、一冊の小説から、一人の生涯から、一節の言葉から、
    多くのことを読み解き、感じ取り、学びたい。
    小説、伝記、絵本、詩集、写真集…ココロが軽くなる257冊を紹介します。」
    http://magazineworld.jp/brutus/

  • 世の中には読んだことがない本は当然ながら、その存在すら知らない本が山ほどあることに改めて気付かされます。選択そのもので実は人生の豊かさが変わったりして、そんなことないか。そうだとするとランダムなチョイスそのものが当方の浅さだったりしてそれはそれで怖いような。
    ところで何処かで見たことある奴がいるなと思ったら、某五輪騒ぎの渦中のデザイナーではないですか。根拠などないけれども何となく「っぽい」本ばかり紹介していて、コマーシャル性差し引いてもある意味面白さがない。読書歴って結構考えさせられる代物かもしれんです。

  • 本特集も何気に頭打ちかな。と、勝手に失礼なことを思っていたが。そこはそれ。テーマをしぼって、対談して、語りたい人は世の中にたくさんいて。じっくりゆっくりマニアックなチョイスだけど、読み応えがあってよかった。5人の作家の「それでもダイジョブ」な生き方。は比べりゃ確かに「ダイジョブ」かもと思ったり思わなかったり。たりたり。

  • 嫌われても大丈夫。
    就職しなくても大丈夫。
    追い込まれたって大丈夫。大丈夫。
    人間しゃべれば、関らず自己弁護が入る。

  • 喫茶店で見かけて気になっていた号。ヴィレバンで平積みされてて買っちゃいました。紹介されてる本にはあまりときめかなかったのが残念だけれど、レイアウトが、他の雑誌の本特集などとくらべていい感じ!

  • 相変わらず幅の広い本を提供してくれる。
    こういったものを読んでいったら、どれだけ人生は豊になるんだろうか。
    あぁ、時間が足りない。

  • コンセプトも見せ方も選書もすごいー。ブルータスクオリティ!

  • やっぱり、brutusはやるなぁ。

  • 今回は少し『人生』とか『生き方』について突っ込んでいるような印象がした。

  • 「雑誌」を買わなくなって久しいが、読む本を忘れて駅の売店で「ブルータス」を買ってみる。

    高橋源一郎父娘の結婚をめぐる対談での「死の棘」、水道橋博士の推薦する「天才 勝新太郎」が読みたくさせられる。

    が、昔の「CREA」や「スタジオボイス」の本特集ほど、読みたい本がないなあ。
    それは、そのころに比べて結構本を読みこんできたからか、紹介者に対して魅力を感じなくなったからか? 

    どちらかというと、ブクログをぶらぶら見てるうちにみつけた面白い書評のほうが、読んでみたい、と思わせるんだなあ。

  • 登録1番乗り!(2013.12.16.05:58:22に登録)

全20件中 1 - 20件を表示

BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2014年 1/15号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする