フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。 [Kindle]

  • 59人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐藤好彦
  • インプレス (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
エリック・リース
クリス・アンダー...
マーク・ピーター...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「フラットデザインって結局どういうデザインなの?」と内心もやもやしている人、
    AppleのiOS7ガイドラインを日本語はもちろん英語でも頑張って読んだのに、やっぱり自分で画面設計できる気がしないディレクターの人、
    「これってフラットデザインですよね♡」としったかぶりしてみたけど「いや、これは違うよ」とデザイナーに完全否定された人
    ‥‥そんな人に非常におすすめな解説本。
    新しいデザインにはすべてそれに至る歴史と独自のコンセプトがあって、それを踏まえて模倣に挑まないと、全く使い勝手の悪い、見た目だけそれっぽい最悪なガラクタが出来上がってしまう。
    この本はそんな悲劇を回避させるべく、
    なぜフラットに至ったかという歴史、今回のフラットデザインが指し示しているコンセプト、良く使いこなせているサイトおよびアプリ例、フォントやカラーの扱い方と懸念点についてなど多方面からの考察と情報を提示してくれています。
    ‥一応、分かった気がします。

  •  フラットデザインはなんたるかを、僕がみてもわかりやすく説明されていました。
     そして「余計な物をそぎ落とす」というか「いったん0にして積み重ねる」という発想そのものが今考えていることと一致して、心に残りました。

     学級通信のアイディアが満載だと思っていましたが、読み返して考えてみると、教室のデザインをどうするかについても、ヒントになりました。

  • 世間もすなるフラット・デザインというもの、われもしてみんとて……というわけでもないのだが、Amazon の日替わりセールで安かったので購入、読了。

    フラット・デザインが持つ抽象的な特性を地域性の喪失ととらえて、スイス・スタイルや建築におけるインターナショナル・スタイルと比較した論考はなかなか面白かった。企業活動やウェブ・コミュニケーションがグローバル化していく中で、特定の文化に依存しやすいスキューモフィズム(他の物に似せるデザイン)は自然と限界をむかえる。その中で、より簡明なデザインへと向かうために出現したのがフラット・デザインではないかという主張。

    また、Windows8 のデザインがユーザを置いてきぼりにして一気に極北まで行ってしまったのに対し、iOS7 のデザインは単なる平面化ではなく、様々な揺り戻し(スキューモフィズムや立体化の意図的な残骸)を持たせてユーザビリティ向上のためのチューニングをしている(つまり、ウェブ・デザインのゴールは明らかに「完全なフラット」ではない)とした考察も興味深い。

  • ビジュアル面と技術的な側面でフラットデザインをの傾向と動向を合わせて紹介。「今」のフラットデザイントレンドはこの一冊でよくわかる。Googleのマテリアルデザインが出る前なのでそこには触れておらず、iOS7のフラットデザインが中心。まあ、iOS7のフラットデザインは嫌Appleという前提を差し置いても「メトロパクるの失敗してるだろ、ないわー」って感じだけども。

    デザイン屋さんには常識なのかもだけど、デザインというとどうしてもビジュアルデザインばかりに目に行くが本当はそうじゃないってことがわかる。結局「情報」をどう扱うかどう見せるかという手段でしかないはずなので、それが近代のスマートデバイスのインタフェースと合わさり、ユーザが教育されてきた現代においては、フラットデザインそしてマテリアルデザインにつながってきたというだけなのだと思う。

    ソフトウェア企業にいて、周りを見渡してもデザインにこだわる姿勢が全く見えない。ユーザに直結する「情報処理」の一部ということを開発者達に知らしめないといけないなという危惧さえ生まれた。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。を本棚に「積読」で登録しているひと

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。はこんな電子書籍です

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。の単行本(ソフトカバー)

ツイートする