新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫) [Kindle]

  • 37人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 水野良
制作 : BronzeEYE STUDIO  出渕 裕 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1よりプロット感は減った。TRPGリプレイではなく直で小説書いたからかな。または筆力が上がったのかも。イフリートの力を借りた炎の部族とカシュー率いる風の部族の戦い。風の王ジンと共にイフリートと対決するディードリット頑張れ、的な。

  • 1巻目でアレな感想を持ったけど、2巻目になると作者も慣れたのか、良い感じになってきた。
    パーンが成長してきたのも大きいんだろうな。まだまだ青いけどな。
    Kindleセールで1・2巻と買ってみたけど、さて、続きはどうしよう。

  • 結局、バーンと仲間の成長に沿った物語。面白いです。

  • ■書名

    書名:新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神
    著者:水野 良

    ■概要

    英雄戦争から2年。その傷は癒えるどころかロードス各地の内戦は
    さらに混迷を深めていた。カーラの行方を求めて旅を続けるパーン
    とディードリットは、強力な魔法を操る魔術師の噂を聞き、砂漠の
    国フレイムを訪れる。そこではふたつの部族が対立し、フレイム王
    カシューを悩ませていた。パーンは助力を買って出るが、彼の前に
    恐るべき力を持つ魔神が立ちはだかり!?新たな仲間と共にパーンは
    苦難の戦いに挑む!
    (From amazon)

    ■感想

    今度は、フレイムの内争に巻き込まれていく、パーンとディード
    です。
    新しい仲間も非常に魅力的な3人です。
    デニが死んだ所なんて、かなり入り込んで読んでいました。
    昔の仲間のスレイン、レイリア(カーラ)は、一巻よりも人間的な成長
    がある感じです。スレインの落ち着き感は半端ないです。

    物語のテンポも良いため、サクサクと読め、楽しめました。

    しかし、昔読んだはずなのに、詳細は全然覚えてなかったですね。
    記憶力とは、末恐ろしいものです。

    ■気になった点

    ・笑いものになることを気にしていては、命がいくつあっても足ら
     ん。一度は正面から戦ってみて、そして敵の実力を知ろう。そし
     て敵のほうが強いと判断したら、その時はすみやかにブレードの
     街に取ってかえせばいい。

    ・「気にすることはねぇ、たかが剣じゃねぇか。しょせん、人間は
     他人に借りを作っていかなきゃ、生きてはいけねぇもんよ。で、
     その借りを返すために人間は生きているってことだそうだぜ」

    ・お互い助けあってこその仲間とは、ディードリットの名言だった
     が、その中にオレたちも加えてほしいものだな」

    ・(目先の目標ではなく、大きな目で見て……)

    ・人間とは感情の生き物だからな、決して理屈では片をつけられぬ
     こともあるのだ」

  • ロードス島戦記第2巻。
    砂漠の部族間戦争を終結させる話。
    パーンが悩みながらも自分の進むべき道を歩き始めたかんじ。
    よかった。

全5件中 1 - 5件を表示

水野良の作品一覧

水野良の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)はこんな電子書籍です

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)の文庫

ツイートする