カポーティ [DVD]

  • 75人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (12)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : ベネット・ミラー 
出演 : フィリップ・シーモア・ホフマン  キャサリン・キーナー  クリフトン・コリンズJr  クリス・クーパー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142977625

カポーティ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ◻ プロフィールを調べて観ると奥が深い □





    シーモア・ホフマンの凄さを改めて認識。惜しいアクターを損失した。

    カポーティの執筆の「原動力に必須」とされたものは…?

    それは、「目の前にある事実=Live」「=ing」
    常に「同時進行」させていなれけば「彼のペン
    」は止まってしまう。


    囚人を穏やかにいたぶる恐怖感は圧巻。


    *何が(誰が)?善行、何が(誰が)?本当の悪か…*


    怪しく、時にチープなセレブ界での会話や、彼の一挙手一投足の不気味さに秘められたメンタルな部分を解析してたまらなくなってしまった。

    そんな意味で、これは個人的に秀逸な作品。

  • 制作年:2005年
    監 督:ベネット・ミラー
    主 演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズJr.、クリス・クーパー
    時 間:114分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch


    1959年。
    小説「ティファニーで朝食を」で名声を高めた作家のトルーマン・カポーティは、ある小さな新聞記事に目を留める。
    カンザス州の田舎町で、農家の一家四人が惨殺された事件。
    カポーティはノンフィクションの新たな地平を切り開くという野望を胸に、ザ・ニューヨーカー誌の編集者、ウィリアム・ショーンに執筆の許可を取りつける。
    そして良き理解者である幼なじみのネル・ハーパー・リーを伴い、事件の取材に着手。
    田舎町では彼の名声も役に立たず、最初は難航したが、やがて地元の警察の捜査部長であるアルヴィン・デューイの妻がカポーティのファンであったことから事態が好転。
    ついには逮捕された犯人二人組に接触する。
    その内の一人、ペリー・スミスとの出会いはカポーティの創作意欲を強く刺激した。
    カポーティとペリーには生い立ちや境遇に共通点があり、二人は互いに相手の中に自分を見出すようになっていたのだ。
    やがて犯人に下される死刑判決。
    ペリーは、何度も面会に来るカポーティに心を開きかけていたが、ある時、自分の話をカポーティが小説に書き始めていることを知る。
    ペリーは警戒し始め、執筆は停滞。
    それでもカポーティは、小説を完成させる野心を捨てることができず、ペリーとの間に芽生えた友情と信頼を裏切る形で、ついに小説のクライマックスとなる犯行の詳細について聞き出すことに成功する。
    やがてペリーは、カポーティの眼前で絞首刑に処された。
    1965年、小説は「冷血」というタイトルでザ・ニューヨーカー誌に発表され、大反響を巻き起こすが、心に大きな痛手を負ったカポーティは、それ以降、本格的な作品を書けなくなってしまうのだった。

  • 以下ネタバレ注意

    殺人犯の動機が、高貴で優良な人間を目の当たりした時の衝動というのはすごく説得力があったなあ。
    まともな人間に会ったとき、相手が同じ人間に思えず、むしろ自分は人間じゃないのかもしれないと思えてくるよね。
    あの落差を思い知るときの黒々しい衝動っていうのは、まともな人間にはない感覚なのかもね

    フィリップシーモアハフマン、すきになりました

  • 物語を書き終えられない。終わりなきストーリーに巻き込まれて、身動きがとれない。だけど、それが終わることを、望んではいけない。なぜなら、それは人の、いや友人ともなっていた彼らの死を望むことだから。
    倫理と、作家としての欲望の間で、崩壊していく。天才的な記憶力もまた、彼を押しつぶしていく。

  •  トルーマン・カポーティが『冷血(原題:In Cold Blood)』を書くまでのお話。
     カンザス州で一家4人が殺害された事件に興味を持ったカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、取材のために幼馴染で作家のネル・ハーパー・リー(キャサリン・キーナー)と共に事件のあった街へ向かう。
     カポーティは、逮捕された犯人の一人ペリー・スミス(クリフトン・コリンズ・Jr.)に取材をしていくうちに、だんだん彼に友情(愛情?)を感じるようになり、なんとか助けたいと思う反面、彼の死刑が執行されなければ自分の小説が完成しないというジレンマに苦しむ。カポーティはペリーから事件の詳細を聞き出すことに成功するが、やがてペリーの死刑が確定し、カポーティはそれに立ち会うことになる。

     カポーティはペリーをどう思っていたのか? ただ作品のために利用しただけなのか、それとも心から友情を感じていたのか。ネット上でレビューをいくつか読んでみると観た人それぞれに違った解釈があり、そのどれもが納得できる意見だったのが、この映画の面白いところだ。
     私はその両方だと思う。カポーティ自身は「利用しながら愛するなんてありえない」と言ったが、利用する動機が「小説を完成させること」ならば、ありえることだと思う。
     確か恩田陸が、「作家は物語によって書かされている」というようなことを言っていた。『冷血』の着想を得たカポーティも、自分の意志を超えた抗えぬ力に動かされていたのではないか。

     私がこの映画を観ていて思い出したのは、芥川龍之介の「地獄変」だった。絵師の良秀が娘を牛車に乗せたまま焼き、彼女が苦しみながら死んでいくさまを見て見事な地獄絵を描くという話だ。
     文学にせよ絵画にせよ、並はずれて優れた芸術作品はときに、作者に大きな犠牲を要求することがあると思う。そして彼らはその犠牲を払わざるを得ない。優れた作品を生み出すことが芸術家の至上命題だからだ。
     
     良秀は地獄変の屏風を完成させたが、首を吊って自ら命を絶った。
     カポーティは『冷血』を完成させたが、その後死ぬまで長編を一本も書くことがなかった。

    その他
    ・専門的なことは分からないけど序盤に出てくる斜めに傾いた地面とか、影のあるペリーの横顔とか、撮り方がすごいなーと。ペリー役のクリフトン・コリンズ・Jr.はかっこいいけど美青年ってタイプじゃないと思うのに、横顔がすごく美しくみえた。

    ・フィリップ・シーモア・ホフマンが「マネーボール」で観たときと全然声違っててすごかった!

  • もうフィリップ・シーモア・ホフマンが出ずっぱりの独壇場。
    良い俳優だなぁとつくづく。

    死刑囚と向き合うという重苦しいテーマ。
    良いなぁと思ったのはそれにマッチした抑えた色調の画面
    どっしり、ゆったりとしたシーン構成
    印象的な遠景を上手に使ったカットと凄く私好み。
    アカデミー監督賞にノミネートされるだけの手腕が伺えた。

    ただこの監督、非情に寡作なのが残念。
    劇場用の作品はこれと「マネーボール」の二作のみ。
    もっと見たいなぁ。


    【追悼:フィリップ・シーモア・ホフマン】

    彼の急逝には少なからずショックを受けました。
    大好きなポール・トーマス・アンダーソンの映画で彼を知った。
    ついこの間も名作「ザ・マスター」を見たばかりだったのに…

    私の「見たい映画リスト」で順番待ちをしていたこの映画を
    追悼の気持ちを込めて繰り上げ鑑賞いたしました。

  • 請求記号:14D172(館内視聴のみ)

  • 2007/07/12

    ゆらゆらした発音、喋り方、何だか違う世界から迷い込んでしまったみたい。
    何かが決定的に違う。
    人ってみんなそういうものだけど、一生懸命似せて生きてるだけで
    ただ彼はそんなことしなかった、それ以外に価値を見出していたからかな

    最後の涙は彼の葛藤があふれ出したんだろうなぁ
    取材と友情と執筆と愛情と犯罪と真実と。



    でもペリーが始めてだったのかなぁ
    恋人っぽいひともいたのに
    彼には心を開いていなかったのかな


    えんえんお酒を飲んでいた。アル中ってああいう人がなるんだな
    お酒を飲むしかなかったのか


    彼の苦しみ

    痛いなぁ。




    冷血読まないとなんともいえないな。
    読もう。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

カポーティ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

カポーティ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする