ミザリー<特別編> [DVD]

  • 33人登録
  • 3.91評価
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ロブ・ライナー 
出演 : キャシー・ベイツ  ジェームズ・カーン  ローレン・バコール 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142977922

ミザリー<特別編> [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 【見どころ】
    都合良く現れる置き物

    【あらすじ】
    作家ポールは人気作ミザリーシリーズに終止符を打ち、雪深いロッジで新作を仕上げた→帰宅途中で事故り、ストークしていた自称ミザリーNo.1ファンである元看護婦アニーに助けられる。大雪のため道路も電話も使えず仕方なく看病を受け入れる。アニーはポールの新作を気に入らず、ミザリーが完結したことを知り激怒→ポールはアニーの狂気に気づくが…。

    【以下ネタばれあらすじ】
    アニーはミザリーの新作を書けと迫る→逆らえずイヤイヤ続編を書くも名作の予感。部屋を抜け出すも両足骨折のため逃げ出せず、それがバレて足を潰される。ポールの行方を追っていた保安官が訪れたがアニーが殺害→ポールに心中を迫るがミザリー新作を書き終えるまで待たせる→書き終えた!→しかし数々の謎が明かされる最終ページをアニーの目前で焼き捨て、憤怒のアニーを撲殺→ポールは社会復帰したがまだまだ自称ファンはいるのだった。

    原作を読んだので久しぶりに再視聴。原作のじわじわ狂気に比べるとテンポ良い展開ですが、保安官の人柄をクローズアップしたりで改めて名作だなーと感じました。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 超こわい。作家のほうも理解不能の怖さある。

  • 自分が正しいと思うことを受け入れられると有頂天になり、否定されるとキレるキャシー・ベイツの狂気じみた演技が秀逸。身近に潜んでいそうなキャラ設定でリアルに怖かったです。見境なく鼻をフガフガさせて豚の真似するシーンや、使用済みの尿瓶を持ちながら身振り手振りで熱く語るシーンにゾッとしました。
    ただ、暴力的なシーンでのカメラワークや凶器などの小物を使った視覚的な煽りがやや不十分な気がしました。

  • 身近に起こりそうな事件でナカナカ怖い。

  • キャシー・ベイツ最高。

    いたたたた…、と思いながら見ていました。痛みがとてもリアル。

    彼は、ラッキーだったのか、アンラッキーだったのか。


    私は、ラッキーだったんじゃないかと思うのだけど。

    助けてくれたのがもし、美しい女の人だったら、印象は変わるんだろうなぁ。激高する女に対する印象。

    「ヤれるか」「ヤれないか」って、男の人の判断として結構重要なんだなぁって、思う。

    でもおかしいのは、それだけじゃ不十分なんだ。
    「料理が出来る」とか、「きれい好き」とか、「世話好き」とか、そういった要素がないと、全く意味がなくて。

    アニーは、後者を確実に持っていたのに。

    まず、「ヤれる」「ヤれない」のに二者択一のふるいにかけられ、前者がさらに、内面の基準で選ばれてく。





     女もそうか。ただ、その「ヤれる」「ヤれない」が、
    生理的に受け付けるか否かというくらいの判断なので、男に比べてストライクゾーンが広いだけで。






    面倒くさいなぁ。
    でも、私も同じこと、してるんだろうなぁ。

    激高する男なんて、嫌だものなぁ。

    要はでも「多くの人とうまくやれるか」という基準なんじゃないかって、思う。

    多くの人と、余りうまくやれない人と、関係を結びたいと思う人間は少ない。




    そうか。だからわたしは一人なのか!…って気づくの遅いよ!


    いや、別に人とうまくやれない訳じゃないけれどさ。距離感の問題だね。


    とにかくです。

    なんか、男の人の怪我を見て、いたたたた!って思い、
    アニーを見て、心がいたたたた!ってなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミザリー<特別編> [DVD]はこんな映画です

ツイートする