読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版] [Kindle]

  • 35人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 奥野宣之
  • ダイヤモンド社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]の感想・レビュー・書評

  • 「おすすめの本は?」「どこが面白かった?」そんな問いに、とっさに答えられるだろうか。本を読んではいるけれど、身になっている気がしない…。読書の質を高めるための、読書ノートのススメ。
    -----
    このブクログをはじめ、ちょこちょこ読書記録を取っているのだけれど、他の人のやり方も知りたくて読んでみた。テクニックとして面白いことはあったのだけれど、大枠の主張は今実践していることと変わりなかったので、少し残念。「選ぶ」「記録する」はそれなりに意識してやっているようだ。

    気になったのは、必要以上にアナログを信奉しているように感じられたところ。手を動かすことで身になるというのは裏付けがあるのだろうけれど、紙至上主義、のように見受けられるところがいくつかあった。ノートに限らなくても、自分が続けられるようにカスタマイズしていけば良いと思うのだけど。

  • 本を読むことが多くなり、気になるところは付箋をはりまくっていていましたが、それらをまとめるということはしていなかったのでもったいないなと思っていたところ、本屋で見かけてちょっと読んだら、その解決法が載っていたので参考に読みました。

    本書の核は単純明快。読書中にどんどん気になるところを印し、読み終えてもなお気になるようならそれを1冊のノートにどんどん書き出し、可能ならコメントを簡単につけていくというもの。実はもっと重要なのが、そのノートには読書だけでなく、日々のあらゆるメモりたいことをどんどん書き加えなさいというもの。内容の分類はせず、時系列に、プライベートと仕事の区別なく。

    デジタル便利ツールがある今の時代でも、じゃあそれを使って過去の必要なデータを呼び出して役立てているかというと正直(私は)カレンダーくらいしか利用していません。仕事用のノートはありますが、私の働くことへの考え方は仕事と私事をいっしょくたにすること(どのシーンも自分へ還元するよう意識している)なので、本書の考え方に共感するものがあり、気にいりました。

    これは電子書籍で読みましたが、カラーでノートの記入例がみたかったのでシリーズの「情報は1冊の本にまとめなさい」買っちまいました(ほぼ同じ内容といってよい)。

    分類しないことによっていちいち考えることなくノートが活用できます。こりゃいい。

  • 書かれていること自体は王道の内容だけど、読書ノートにまとめるモチベーションアップにいい感じ。
    とりあえず、気軽に読書ノートをつけるの、初めてみよ。

  • やや矛盾する記載が。

    ・手書きは面倒だけど、だからこそ身につく。
    ・ストレスなく続けられる。

    面倒だと、ストレスだと思うのは、オレだけだろうか。


    索引は別に作る、欲しいものはアマゾンで、とも書いてあるので、ノート1冊で完結できることを期待する人には、すすめられない本。

    ノートだとバックアップを取れないのも、このご時世では心配だな。

全4件中 1 - 4件を表示

奥野宣之の作品一覧

奥野宣之の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]を本棚に「積読」で登録しているひと

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]はこんな電子書籍です

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]の単行本(ソフトカバー)

ツイートする