高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) [Kindle]

  • 68人登録
  • 4.32評価
    • (9)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 森本梢子
  • 集英社 (2013年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)の感想・レビュー・書評

  • 漫画喫茶で読んだのに・・・・!!!!
    漫画喫茶で読んだのに気づいたら自分の本棚にもはいってたよぉ・・・!!!

  • 妄想癖のあるヒロインと心が読めちゃうイケメンのラブコメ。どっから思いついてきた?!っていう妄想がおもしろすぎる!このコメディセンス、本当作者さん天才だわ…と思う。

  • 面白すぎる。
    何度も吹き出しながら読んで旦那に不審がられた。

  • 風呂用。1-3巻一気読み。
    人の心が読める超絶イケメン/美女一族と、その長男の会社の同僚で頭の中でいつも奇抜な妄想を繰り広げている、その結果はためにはぼーっとしているヒロインの話。
    おもしろかった・・・てっきり3巻で終ってるのかと勝手に思ってたので、まだ続いているとのことで先も読んでいこう。

  • そうだ、私、こういうのが読みたかった!心情を文字に書いていても、いいあんばいで絵に視線を促すおそるべきテク!設定、キャラが完璧な配分だからこそ完成するネタ。
    梢子先生は、研修医ななこ連載中大好きで、主婦探偵や子育てマンガをよく読んでいたけれど最近ご無沙汰してしまっていた。また読まなくては!

  • ランプの妖精の話(妄想)で吹いた・・。

  • 何度でも読める面白さ。

  • 妄想家のきえちゃんと、他人の頭の中が読めてしまう高台家の人々。その噛み合ってるんだか合ってないんだかよくわかんないテンポ感が絶妙。

    きえちゃんの妄想が明らかに有名映画の影響を受けているところが、普通のOLっぽさが出ていて、異常な設定ながらも感情移入しやすい。

    きえちゃんは全然言葉が足りてないのに、光正さんに全てを理解してもらえて、すっごく羨ましい!!!
    てゆーかこの二人、ほとんど会話が無いよね?

    うーーん、しかし実際に好きな人に心を読まれたとしたら、ものすごく恐ろしいな。全て筒抜けじゃ、確かに恋愛はできなさそう。
    でも伝わって欲しいことがスパッと通じるのは、漫画の展開としてはイライラしなくて好き。

    和正くんは、動物の心は読めないのかな?

全9件中 1 - 9件を表示

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)はこんな電子書籍です

高台家の人々 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)のコミック

ツイートする