エンダーのゲーム〔新訳版〕(下) [Kindle]

  • 48人登録
  • 3.95評価
    • (6)
    • (8)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 田中 一江 
  • 早川書房 (2013年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川一水
ジェイムズ・P・...
アンディ ウィア...
山田 宗樹
ジャレド ダイア...
ヒュー・ハウイー
ジョージ・オーウ...
ロバート A ハ...
米澤 穂信
野崎まど
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★★★★☆

    上巻を読み終わった時に思ったのは、きっと下巻ではエンダーは大人たちのゲームから逸脱していくに違いない、ということだった。

    結果としてそれは裏切られた。

    良い方に裏切られた、とは言い切れない部分もある。

    敵であるハガーとの大戦争によるスペクタクルを期待していた点においては肩透かしだったと思うが、少年エンダーの成長を描いた物語としては非常に深いものがあったし、満足した。

    よく考えてみたら上巻から一貫してこれは少年エンダーの個人的な成長を描く、こじんまりした物語だったのだ。

    下巻では、エンダーの反抗期から思春期、そして大人へという成長の過程をすごく丁寧に描いている。

    反抗期というのは大人への幻滅。

    思春期とは内なる自己への抗い。

    そして大人になるとは、自分も、かつて幻滅した自分以外の全ての大人たちと同じちっぽけな個人に過ぎないと気付くこと。

    広大な宇宙の前では人類も宿敵ハガーも大差ない、ちっぽけな存在でしかない。

    兄弟なのにわかり合えないこともあれば、別の星の生き物なのにわかり合えることもある。

    それは生者か死者かという壁さえも超越する。

  • 長いこと重版待ちで、新訳版が出てKindle化もされてやっと読むことができて満足です。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)はこんな電子書籍です

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下)のペーパーバック

ツイートする