種の起源(上) (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 32人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : ダーウィン
制作 : 渡辺 政隆 
  • 光文社 (2009年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (215ページ)

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

  • いわゆる『ダーウィンの進化論』の
    現代語翻訳本です。
     
    こういうものに評価をするのは横暴な気がしますが
    取り敢えず『☆4つ』をつけておきました。
     
    『論文』というよりは
    『エッセー』といった方がいいかもしれません。
     
    執筆時点ではわかっていないことが多く、
    『今後の研究に委ねますよ』的な部分が
    実は多かったりします。
     
    『生物』に興味ある人は
    Kindleで無料でゲットできるので
    一度読んでおくことをおすすめします。

  • 2階書架 / 467.5/DAR/1 / 3410160128

  • ダーウィンの進化論といえば一般によく知られており、誰でもその概要は説明できると思うが、実際に「種の起源」を読んだ人は少ないと思う。
    種の起源が書かれた時代には、植物や動物の品種改良は盛んにおこなわれており、ある特徴を持つ個体同士を人為的にかけ合わせればその特徴が固定され、次世代へと受け継がれることは経験的に知られていた。しかし、この経験則と進化論の間には、それが自然界で行われるのか?さらに今地球上にいる種は単純な遺伝の法則のみで作られてきたのか?など疑問の余地がある。この疑問にひとつずつ答えて行くのが本著。
    この時代には、進化や遺伝の概念などももちろんない。創造説が常識であった時代に、進化論という突飛な説わかりやすく伝えようとするというダーウィンの努力がうかがえた。

  • 世界の真理の一つと言える、ダーウィンの「進化論」
    異端とも思われたその考えを世間に表わしたのが、この「種の起源」

    あくまで限られた事例を紹介しながら、『簡略化された』形式で、自然淘汰の法則を説明します。
    当時の技術では発見できていなかった、遺伝の法則などの論述には弱点を含みつつも、そこでダーウィンの立てた予想の多くは現代では証明されています。
    難解、と言われ、敬遠してきたのですが、いざ読んでみると、難解は難解ですが、ある程度進化論について知識があれば読み解けると感じました。

  • 一度は読まねばならない本。ようやく読んだ。下巻を読中。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)はこんな電子書籍です

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)の文庫

ツイートする