社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 19人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ルソー
制作 : 中山 元 
  • 光文社 (2008年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (277ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル カーネ...
サン=テグジュペ...
ヴィクトール・E...
ダニエル カーネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 欲望だけに動かされるのは奴隷の状態であり、みずから定めた法に服従するのが自由だからである。

    賢者たちが大衆に向かって、大衆の言葉ではなく、賢者の言葉で語ろうとしても、大衆は耳を傾けないだろう。しかし人民の言葉に翻訳できない観念は、数え切れないほど多いのである。

    富の平等とは、いかなる市民も他の市民を買えるほどに富裕にならないこと、いかなる市民も身売りせざるをえないほどに貧しくならないことを意味するものと理解すべきである。

    富める者たちは節制の徳を示すべきであり、貧しいものたちは[自分の暮らしに]満足するという徳を示すべきなのである。

    国事について、誰かが「それがわたしに何の関係があるのか」と言いだすようになったら、すでに国は滅んだと考えるべきなのである。

    わたしたちは自由よりも利益を重視する。そして奴隷になることよりも、貧しくなることを恐れているのだ。

  •  解説に、ルソーは「全体のためにただ一人の人間が死ぬことを許さない」とあった。また一般意思は法によって表現され個別的であってはならないともある。それに反する政体が現れないように常に監視しなければならないのだが…。
     今一度、主権は国民(人民)しか持ち得ないことを改めて確認したい。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫)はこんな電子書籍です

社会契約論/ジュネーヴ草稿 (光文社古典新訳文庫)の文庫

ツイートする